時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
清らかに誇り高い華に魅せられてみるのもいいものだ
じつはちょっと仕事を抜け出して、昨日夕方『京成バラ園』に出掛けてしまった。去年初夏もう華が終わってしまった頃訪れて、とても悲しかったのでリベンジしたかったのだ。「そんなところに行きたがるなんて、オバサンだな〜」って声も聞こえて来たけれど。ふん!オバサンでいいもーん(こんな時は調子よくオバサンになってやる)
たまには息抜き〜 とっても楽しかった!

d0056067_135976.jpg

これは、1番気に入った、元気がでそうな(笑)「オレンジのバラ」
d0056067_1403561.jpg

こんな風に、華が咲くにしたがって色を変えるバラもあった。
1本の苗で、何十通りにも楽しめる。
d0056067_1425582.jpg

『 Peace 』平和 と言う名のバラもあった。
大輪の澄んだ 薄いレモン色
なんだか、すーっと心に入って来る感じがした。

その他にも『プリンセスアイコ』と名づけられたバラなど、それはもう沢山のバラがとても美しく咲き誇っていました。

で、最後は
d0056067_1485940.jpg

『バラのソフトクリーム』
う〜ん セレブな味が致しました〜
by zopf-rie | 2005-05-28 14:15
カフェのキッチン
ZOPFにカフェが出来て1年半。
お陰さまで、とても順調! 昼頃は連日満員と大変なにぎわいを見せている。
時々 私はあまりの人いきれ、めまいを起こす(笑)。床が抜けたりしないか、妙な強迫観念にかられることも。。。心配性にも程がある(爆)

だけど、もともとを知っているから、私のドキドキは終わることはないのだろう。
だって本当に小さなパン屋から、この空間は 始まったんだもの。
こんな風に、カフェが出来ることも予想外だったし(笑)、こんな沢山のスタッフと毎日仕事を共にするとは思いもよらなかった。
プレートのお料理がどんどん作られるキッチンは、以前は子供部屋だった。

いまではそんな風景も、当たり前のように過ぎているけれど、同じようで同じじゃないんだ。錯覚しそうないつもの毎日の中に、未来がある。

どんな未来なのかな?
心配したら、心配はつきない。
でも、わくわくしていたら、わくわくして楽しいかも!?(笑)))

笑って わくわく暮らしていたら
そーしたら、わくわくの未来が来るかもしれないね

d0056067_825199.jpg

エンドレスに続くような、カフェの仕事
毎日毎日 慌ただしく作られるお料理。。。まるでベルトコンベアーの流れ仕事みたいに、手作りだって正確に作られて行く。。。
それがつまらないと思うか、そんな毎日の先に何かを見るかは、人それぞれだろう。。。

     私は、ZOPFの何を見ても、今 とても楽しい。
by zopf-rie | 2005-05-27 08:32
砂肝のコンフィ
今日は、突然 限定のサンドイッチが登場した。
メルマガを出して急きょお知らせにあがったが、なんと1時間も経たず完売をした。
素晴らしい。。。

もとは、昨日の市場での買い出しスタッフが、お肉屋さんに間違って大袋の砂肝を持たされてしまったと言うのが始まりだった。
帰って来てから気がついたものの、もうそろそろ店も忙しくなるから、また市場に行くのも困りもの。。どうしたらいいやら。。スタッフ達も困り顔、本人はもっとすまな顔になった。
私は「喰っちゃおーー」「コカ・コーラで煮るのも美味しのよね〜」っと笑ったが、
するとスタッフから「何か美味しいサンドにしたい」っと声があがりだした。。
(イイねぇ〜 いい感じ〜)

それで作ったのが、低温のオイルでゆっくり作られるコンフィ。フランスのビストロではお馴染みの一品という。
砂肝の下処理が大変だったものの、意外と簡単に作れるものなんだ。
(ってこれまた私は、口だけ挟んで、手伝ってはいないのだがぁぁぁ)
でもね、これまた面白いのが、砂肝の幅広い筋を1個1個そぎ落したら、今度は大量に筋の山が出来たでしょう?それを見てまたスタッフが「何かにする」って言い出した(笑)。
こっちはお醤油を漬け込んで、まかない空揚げになった。

あれこれ討議され、『砂肝のコンフィ』が出来上がった。すると、、
「何のパンにサンドする?」
次の討論が始まった。
サンドイッチにするには、そう合わせて美味しいパンを考えなきゃね!
私「明日はセレアルのパンが余りそうだから、それを使ったら?」っと口を挟む、すると、急いでセレアルパンを持って来てご試食タイムが始まった。
みんなむしゃむしゃとい食べる。。。
「ゴマの味が強くない?コンフィの味が消されないかな?」
「他に何かと合わせたらもっとよくならない?」
討論は続いた。。。
結局 「焼き立てのZバゲットにジャガイモと合わせます」っとなり、しっかり副菜のジャガイモも出来た。

このサンドを見て、私は嬉しかった。
私もこうやって、ひとつづつ 何から何までやって来たからね。
サンドイッチをひとつ完成させて、販売できるところまで持って来るのは、大変なんだ。スタッフにも分かったと思う。
そして何より、食材を無駄にしない、こう言うチャンスこそ多いに遊んで、新しい発想やアイデアで何か新しいものを生み出せる力を持って欲しい。
今やZOPFで有名な『人参と焼豚のサンド』だって、冷蔵庫の残り素材から生まれたんだってね(>_<)。
あっと、今はちゃんといい素材で作ってますよ=!!(笑)

まっ、厳しい事を言わせてもらうなら、店売り分のバゲットがサンドになってしまった事はダメだったね。もしかしたら、不足して買えなかったお客様がいらしたかも知れないでしょ?
製造量を増やして、サンドイッチ用として焼き出したパンで作ったらパーフェクト賞だ!


「完売したってー!」
スタッフが歓喜の声をあげる。
自分達で考えて頑張って作り上げたモノが売れた瞬間は、このうえなく嬉しいものだ。
良かった 良かった

だけど、全てのパン屋さんでこのサンドが売れると思ったらいけない。ZOPFだから売れる、、そう言う事も考えておくように。。。。小姑のような私は話していた。
おごりではない、ここまで確かな仕事をして来た実績があるから、認められたパンの味があったから、お客様が信頼してくれているから、突然の新作のパンが完売するんだよってね、可哀想だけど釘をさした。

『砂肝のコンフィ』
本当に美味しかった。
内臓肉は嫌われがちだけど、そこにまだ知らない美味しさが隠れている。
いいもの見つけた!(笑)
次回はいつ並ぶでしょうかっ?

d0056067_17125991.jpg
by zopf-rie | 2005-05-24 17:14
新しい事のスタート
ZOPFはただのパン屋だけれど、よーく見ると色々な『想い』があると思うの。
パンを焼いているZ店長の気持ちだったり、元気に働くスタッフの思いだったり。もちろん側でハラハラうろうろしている私の思いってのもある。そしてZOPFを愛して下さる沢山のお客様の思いもいっぱいいっぱい感じている。。。

ZOPFは「ただパンを焼き売る」ってだけの単純な空間ではないと、私は強く思うようになった。
「パンを通して楽しい毎日が送れたらとても幸せ!」こんな『想い』が、集まって渦巻いていると感じてならない。
美味しいはもちろん! ハッとする瞬間や心に染み込んで行く出来事。。
いい事ばかりではない、時には悲しい事もあるけれど、頑張り抜けたらそりゃ〜また嬉しいになって行く。
波乱万丈の毎日だからこそ、一層毎日が楽しいのかも?そんな悟りさえ感じる(笑)小さい事柄ひとつひとつが、心へのエッセンスになって、つまらなかった毎日が輝いたり、凹んだ気分を膨らませてくれたらめっけもんだ=
そんな徒然をもったいないから(笑)残して行こうと思う、自由奔放なパンダの独り言だけど、元気な毎日に向けて。


写真は、R'ZOPFの入り口に この春植えた新しいブドウの苗。
小さいクセにしっかり花芽がついたの!
去年 突然 枯れてしまった葡萄の樹と入れ代えようと用意されたのだけど、それを知ってか、前の樹が元気を取り戻し若芽を茂らせた。そうなっては、樹を取り除いてしまう事がどうしても出来なくて、結局 並んで植えられた。
頑張れ!
頑張れ!
どっちが大きく育つかしら? ふふふ 楽しみが増えました。



d0056067_16541281.jpg
by zopf-rie | 2005-05-23 16:56