時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
笑い顔のパン
今日はまた新作のパンが登場した。
BBSで話題の「ブロア」である(笑)。
Z店長が好きそうな、大きなパンである。

お客様の希望を叶えてパンを作ると言う事は、容易いようで難しいモノだと思う。原物を食べた事が無いだけでなく、レシピなど情報も少なければなおの事だ。
基本があって、応用も出来る、どのくらいの引き出しがあるかにかかって来るのだろうが、そんな力が自分にあるのか無いのか、パン職人の世界も難しい。

d0056067_16455128.jpg


「あそこのパンが美味しかったの」なんて声は、考え様によっては失礼な話にも取られかねない。「じゃ〜そこで食べればいいじゃ無いか〜」って言う訳だ(>_<)。だけどZ店長は、そんな了見の狭い事を思わないだけで無く、一緒に楽しみたくってパンを作ってしまう。私は本当にたいした楽天家だと、いつも彼を見ている。

この大きなブロアからも、そんなのんびりした楽し気な雰囲気が漂ってくるから、面白いのである。
by zopf-rie | 2005-07-31 17:29
青いちじく
夏休みというのに、息子の学校に個人面談で出掛けて来た。
「どうして社会が嫌いなんでしょうね〜?」っと聞かれても、「そっか〜あいつは社会が苦手なのか〜」っと気がつくほど、親らしいことのしてない私で、ヤバイぞって冷汗が流れた。
先生の口から聞かされる息子は、私の前とは別人で、全てに一喜一憂してしまうだらしない母親に、先生も呆れてしまったようだった。。。

d0056067_172405.jpg

学校からの帰り道、まだ青いいちじくを見つけた。

今日は、この写真でも見ながらを「あそこの家のところでみつけたのよ〜」などと話をしてみようか。
「ママどうかしたの?無理してない?」
って聞かれそうだが。。。(笑))))
by zopf-rie | 2005-07-25 17:26
R'ZOPFのパン
先週末 有名なホテルの料理長をされている仏料理職人が、突然 カフェにお越しになった。来月末に銀座で大きなフランス料理店をオープンするご予定で、そこで使うパンをリサーチしに来たと言う。
カフェメニューをご注文下さり、恐れ多くも多数お召し上がり下さった。
(緊張し捲りだったわ〜)笑
料理に合わせ、それぞれのパンをサーブすると、バゲットやプチパンだけじゃないパンを、食事用のパンに取り入れているスタイルにいたく感動して下さった。

そしてスープ仕立ての料理には、ライ麦パンのようなしっかりしたパンが、ソースを生かしたいものには、Zバゲットが合うなど、共感して下さって、パンの盛り合わせを差して「このままやっても(パクっても)いいですか?」っと話かけて下さったのだ(笑)。あまりにもストレート直球で、とても正直な眼差しに、私も笑いながら「どうぞ」と答えていた(笑)。
失礼だけれどもご年配のシェフですから、すごく考え方が固いと予想していたの、苦虫つぶしたような顔して「こんなパン喰えるか〜」なんて言われちゃうかもって心配すらあった。
それだけに、これほどZOPFのパンを気に入った下さったことが意外でもあった。

料理と一緒に添えられるパンには、市民権の無いことが多い。
私達がパン屋だから、必要以上に考え過ぎてしまうのか、美味しくないパンが添えられてくると、一瞬にして料理全体に興醒めしてしまう事もある。
以前、まだZOPFにカフェがない頃、あるパン屋さんがカフェを併設していた、そこのリュスティックは絶品で、パン屋のくせに毎週毎週仕事が終わると足げく通ったのを思い出す。ワインもチーズも美味しくなって、二人で3本も開けてべろべろになったこともあった。それほど我を忘れるほど、美味しかったんだ。
「パンが美味しいと料理も美味しい」
私達はそれを確信してカフェを開くことにした、と言っても過言ではないだろう。

d0056067_14421182.jpg


次のパンブームは、「食事パン」と言われている。
『食パン』の売り上げも頭打ちされ、『食パン』に代わる食卓に入り込むパンを、模索している時期とも考えられている。
けれども今やパンは多種多様化して、どうにもこうにも絞り切れないのが、現状なのかも知れない。
一時はグルメブームで、高級感のある厳選され抜かれたパンに注目も集まったけれど、やっぱりパンは日常の食べ物!身近になければならなかったんだと思う。
より身近にしたいと言う思いは通販を盛んにしたり、コンビニでも焼き立てのパンが並ぶ時代になった。様々に変化していると思う。
今や健康や安全も外せない要因だし、誰が作ったパンであるかと言う、ブランド性も生まれた。好みも嗜好も様々であり、個人の生きざまの様に、パンにステータスを求める傾向すらあるんだ。

いったいこれから、パンの世界はどうなって行くのか?。。。。
どうでしょうね〜 んんん。。。
パン屋にも解らないや(笑))))))
だからこそ、美味しいお料理と共に、色々なパンを召し上がってもらえる機会が増えることは、それはそれは素晴らしいことだと思う。

ZOPFのパンは個性的だ。
それは何も味がコイとか、フルーツやナッツがたくさん入っている事ではない。食事の邪魔にならない、分をわきまえたパンもあるし(笑)、自己主張することで一層料理を引き立ててくれるものもある。十分食欲に応えてくれると思うの。

料理にはバゲッかプチパンだけと言う概念を捨てて、パンの世界に飛び込んでしまう時なのかも知れない(笑)。
もっと頭も舌も自由でいいでわないか====
そんな時代の到来かもしれない!
by zopf-rie | 2005-07-25 16:58
実は先週の連休は岐阜と名古屋に行っていた。
もちろんパン屋巡りをした(大笑)
ちょっと内緒の目的があってだ。。。ぎゃはは
あやや〜〜〜意味シーン

d0056067_131750100.jpg


これがその密談の風景!
パン屋の店主が、倉庫の中で何やら話している。。。
(なぜか粉の山のとなりである)
もう〜〜手を大きく広げたり、熱中しているでしょ〜〜(大笑)

この旅で、幾人ものパン職人に会った。
悩んでいる職人、困っている職人、自分の焼きたいパンを見失っている職人
、もちろん自分のパンに突き進んでいる職人も。
でも、みんな悩んでいた。
生みの苦しみだろうか?
いっつも笑っているZOPF店長だって、考えているから旅に出ていた。

帰り道
「行って良かった〜(先が)見えて来たよ〜。もう少しだ」って嬉しそうに笑った。
よかった〜
無理して出掛けた甲斐がある。
いい旅が出来てよかったと思った。
スタッフに感謝しなきゃ〜
by zopf-rie | 2005-07-25 13:34
お釈迦様が座るところ
ちょっとバタバタしてて、ブログをさぼってしまった(>_<)
Z店長が「ほれほれ」っと笑っているようで、悔しいけれど、、、落ち着かないと書けないものは書けないんだもん!(笑〜)

実は、カフェのスタッフの移動があったの。
ご存知の方もいらっしゃるかな?カウンターにいたジェイミー君が、キッチンに入り、今までキッチンで頑張ってきた坊主頭の「お兄ちゃん」(っと私は呼んでいるが)がカウンターに登場となった。
ふたりともカフェの立ち上げから2年、よく耐えてきてくれた(いや、言い間違った)頑張ってきてくれた!(笑)
4月に見習が入り一通りの仕事を教え終わったので、今度は自分達が次のステップへ昇格と言う訳だ。
でも「仕事」って、担当が変わると同じで無くなってしまう事が良くあるじゃない?良い方向ならいいが、特に飲食関係では味が落ちたりしたら、それは致命傷である。
だから、仕事の引き継ぎは、慎重になってしまう。。ドキドキだった。

私は仕事って慣れでもあるから、仕事が遅いのには文句は言わない。自分の手際が悪くて上手くいっていないのが自覚出来ていれさえすればいいんだ。
けれども1番不味いのは、自分が出来ているのか出来ていないのか判断さえつかない事。そして飲食関係だと「味音痴」は、これまた致命的である。
その判断さえ出来るところにもっていけられれば、あとはぐっと見守るだけである。。

ぐっと。。。ぐぐぐうっっとである。
「見守る」なんてカッコイイけれど、これが非常に難しい(>_<)
子供が靴を履く、ボタンをする、なんてことをじーっと待てたタイプ?
ついつい「あ〜〜今日はママがやってあげるわ〜」ってなって、さささっと身支度させてしまわなかった?(笑)

パン屋になってスタッフが増えていく、その度に私はお母さんになって見守り続ける。。。時には自分の部屋でPCに向いながら(仕事してるふりしながら)「ったくも===あのバカが〜」なんてぶつぶつ言っているけれどね(大笑)

d0056067_1214733.jpg


先日の定休日に上野の不忍池に蓮(ハス)の華を見に行った。
まだ満開ではなかったけれど、大きな葉っぱをくぐるように、大輪のピンクの華が池一面に咲いていた。
「全てが受け入れられるようになったなら、あの上に座れるんだろうか?」
そんな事を想像したが、顔がだらしなく笑っていた。
by zopf-rie | 2005-07-17 12:08
実をむすぶ
昨年のお誕生日に頂いた『ブラックベリー』が、今年はしっかり実をむすんだ。
ぷちぷちっとしていて、なんとも可愛らしい〜。
昔 木いちごを食べたのを思い出す。

d0056067_958593.jpg


自分じゃ〜たいした昔のつもりはないが、子供の頃の話をすると、きまって長男が「そんな昔の話〜分からね〜よ」ですって。失礼だわ。
とりあえず聞くだけ聞けって感じよね(笑)
自分も同じように言っていた時代があったのだから、こうやって知らず知らずに大人になっていくのでしょうね。。。
ぎゃはは
「お前だって同じになるんだ==」
そう言い返しながら、もっともっと子供時代のままで楽しんで欲しいと、ちょっと寂しい気がした。
by zopf-rie | 2005-07-06 09:59
カトラリー
カップの話 お皿の話 と来たので(笑) カトラリーの話を。

家具などアンティークにこだわっているけれど、カフェの道具や食器は機能性重視で、とくに耐久性と追加購入が容易である事を視野に入れて、量産された新しいものを選んだつもりだった。このカトラリーもごく近所の庶民的なお店のモノで「使いやすさ」をうたっている店と信用して 特に使用期間も持たず購入してしまったのだが、オープンしてすぐ、その不都合に気がつくこととなった。
d0056067_12501968.jpg


柄の部分がツルンとしていたことが、キズが付きやすく指紋などや水跡も残りやすかったのだ。1本1本丁寧に洗う事はもちろんだったけれど、洗い終わった後にゴシゴシと磨きをかけるように拭かなければならなかった。自然乾燥をさせてはダメだし、出し入れに触れても後が残ってしまう。その時 一般的なカトラリーには 柄の部分に模様や細工がある、これがなんの為にあるのか私はとても理解出来た。
「買い代えてしまおう。。」もったいないけれど、そう思いはじめた頃、お気に入りのスイス料理屋さんで、ある事に気が付いた。
何度もその店には伺っていたが、その時まで気が付かなかったのに、コップもお皿もカトラリーも、全てが良く見れば とてもキズだらけだったのだ。たまたま気が付かなかった訳ではないのだろう。それは不思議だった。
もちろん磨き抜かれていて、ファミレスで良く見かける(笑)自動洗浄機の水跡などは絶対にない。店全体が清潔で、絶対食器が不潔だなんて思えない店だったから、細かなキズに気が付く事もなかったんだと思えたけれど、なんと人間とは主観的動物なんだろうとも苦笑いした。
でわ、ZOPFのカフェのカトラリーのキズはどうなのか?っとなった。

日本人は自分のご飯じゃわんを持ち、お箸を区別する習慣があるから、使い回しの食器を嫌う傾向が高いと聞く。
もちろん、スプーンやフォークはその類いではないだろうが、やはり気持ちの問題が見えかくれしないだろうか?出来れば新しいものを使いたいと言う心理があると言うのだ。私は日本にあまりアンティークが流行らないのは、こんな国民性の違いがあるからと理解している。

結局、近くカトラリーは買い替えるつもりでいる。
不都合だから買い替える訳ではなく、新しいものにしようと思っている。
ご苦労様と言いながら処分したい。オープンから直に2年、一緒に頑張ったのだから。そしていつか永久的に使えるカトラリーを持ちたい。
「磨く事が仕事なのよ〜」っとスタッフに言いながら(笑)
by zopf-rie | 2005-07-04 12:51