時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ラジオ生出演
実は失敗したら恥ずかしくって言えなかったのだが、ラジオに出たんだわ(笑)。
それも『夫婦漫才(めおとまんざい)』で!(なんちゃって〜嘘)
でも、ラジオに出たのはホントでして、NHKの千葉FM「まるごと千葉60」と言う番組です。
千葉県域だけのローカルな番組でしたが、千葉に関わる話題や人物を紹介している「今日のこの人」というコーナーで、「人気投票日本1のパン屋が千葉にあった!」と紹介して頂きました。
なんと大半の30分近くもお話させてもらえる、なんとも光栄極まりない次第でした。

d0056067_12143055.jpg


スタジオ風景
放送を終えた一瞬に取らせて頂いたショットです。(まだ番組は終っていないの)
相変わらずいつも通りのZOPF店長〜(笑)
綺麗なアナウンサーのお姉さんに囲まれて、ご満悦でした。

話好きで話だしたら止まらない二人なので、聞いていたZOPFスタッフは「ちょっと物足りなかった〜」と贅沢な感想を言ってましたが、放送禁止用語が飛び出してしまわないか、ぎゃははは〜と笑い過ぎて毒をはいてしまわないと、私はかなり高まるテンションをセーブしておりましたよ〜(大変でした=!<<笑〜

放送の中で、ZOPF開店前日に先代が家出をしたエピソードを、ぽろっと話してしまったので、話題的には面白かった様ですが、テープに収録して頂いたものの家族には聴かせられなくなりました。
もちろん封印されました。ぎゃはは〜
先代ごめんなさーい
by zopf-rie | 2006-04-15 12:33
濃くて悪いか私の愛
たくさんの出合いがあったな〜っとしみじみと思う。
名刺の数にも圧倒されが、預かった履歴書もかなりの数になる。熱いラブコールの手紙やパン屋志望の思いを綴ったメールなども含め、本当にたくさんの人と会った。

ZOPFでは、就職希望者には全員『1日体験』と呼ぶ予備日を持ってから、面接をする様に決めていて、実際に現場でスタッフと働いてから、もう1度考える時間を作っている。実に9割がこの体験で去って行くのが現状で、思いつきの様にパン屋を目差している者も少なくない。
私といえば、ここに来たからには、パン屋になりたい熱き思いがあって、その上 数あるパン屋の中からZOPFを選んで来てくれているものと信じてお会いするが、面接してみると「サラリーマンを辞めたくて〜、じゃあラーメン屋かパン屋かと思って」などと平気で話されてしまう事もあったり、結構〜驚愕である。
涙をこぼしながら「大学までは出たものの、一体何がしたいのか自分でも解らないのです」と私の前で途方にくれ大きく肩をうなだれる青年。子供が3人もいるのに、いきなり会社を辞めて「自分をパン屋にして下さい!」と、いきなり駆け込んで来る中年。「結婚出来そうにないので、とりあえず何かにならないと」と自分をどうにかして欲しいと迫る女性。「学校に全部落ちてしまったのでパン屋ならどうでしょう?」と息子を押し売りする母親。。。。
ここは人生相談室ではないのに。
「細木さんじゃないのよ=!」
私は時々そう叫ぶけれど(笑)、まさに人生模様。
様々な『人生』を見せつられ、その判断を迫られても、どうしていいものか、とても困ってしまうんだ。

d0056067_7413079.jpg
先日はドイツから1通のハガキが届いた。
1年の留学を経て間もなく帰国すると言う。そうしたらZOPFで働きたいと書かれていた。あわてて返事のエアーメールを送る。
「本場ドイツのプンパニッケルをお土産に顔を見せに来て頂けたらと思います」と。
この写真はそのプンパ(笑)
「1番美味しいと言われるお店で買って来ましたー」
まだ外は寒かっただろうに、シャツ1枚現れた青年は、汗ばんだ顔が印象的だった。

人生は長いようで短い、本当にこの頃自分を持ってそう思う。今が明日に、明日は未来につながっていて、本当の意味で取り返しなんて出来ない。
ZOPFに就職した事が、その人の人生を大きく変える事は間違いないと私は思う。最近ZOPF内でもカップルが出来たからね〜もしかしたら将来のパートナーと出会うかも知れないからこれは大変な事だ!

私達も責任に一端を担うと思えばこそ、いつも慎重にそして全てを誠実にと思っているが、「何年で自分はパン屋に成れますか?」と聞くのは間違っていると伝えたい。
人生に保証なんてないと思う。
「全てを投げ出してここに来たんです、お願いします!」と迫られても、投げ出して下さいとお願いした覚えもないし、人生を預けられるは、冷たい事を言うが正直重すぎる。
パン屋に成れるかは、努力かも知れないけれど、成功するかは運かも知れない。
「大丈夫〜私に任せないさい。あなたを立派なパン屋にしてみせましょう〜」もし
こんな事を言えるパン屋がいたら、それは恐いよ=。
夢は見て善いけど、自分の将来は現実だからね、夢のような幻想ではすまされないのをしっかり見極めて、自分の人生は自分で歩んで欲しい。

これは秘密の話だが、時々Z店長がパソコンの前で、スタッフの名前をつぶやきながら唸っている事がある。どう言う事か分かる?
覚えの悪いスタッフを見て、将来を案じている訳なんだ。
「しょうがないわよ〜」と慰めたつもりが、逆に「何言っているんだ!もっともっとどん欲に今ガツガツやらなくてどうなるって言うんだ!」なんて私が怒られてしまう事も
しばしばだが、根っから真面目な人だな〜っと笑ってしまう。

一瞬の『出合い』であっても、スタッフとなって数年でも一緒に働く事があっても、私はその時間を大切にしていかなければと、彼のつぶやきから学ぶ。
そして、私達の言葉はすでに「老婆心」や「念仏」かもしれないが、いつまでも唱え続けたいと思う。信念を持って(笑)。

 例え今日もまた「りえさんの愛は濃すぎます〜〜」とスタッフが叫んでも。
by zopf-rie | 2006-04-10 10:40