時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
豚もおだてりゃ木にのぼる
d0056067_12502181.jpg
先日、ある方からこんな話を聞かされた。
ある有名なパン職人達が「なぜZOPFのパンはあんなに人気なんだろう?」と話し合っていたそうだ。もちろんお酒を飲みながらの会話のひつとだったらしいのだが、、。

「あんな場所で、なぜなんだろうね〜?」
「あのパンの販売スタイルがいいのかな〜?」
「店が狭いのがイイとか?」

などなど、色々協議はすすめられたらしい。

そこまで、その話を聞かされたZOPF店長は、
「なんだよ失礼だな〜パンが美味しいからって言ってくれなかったのかよ〜」
そんなヤジを笑いながら言っていたが、そのパン職人達の話を観望していたその方も、同じ様な事を思いつつも、きっとそこには他ならぬパン職人としての意地もあるのだろうからと大目にみつつ、ちょっと鉾先を変えて「あそこは奥さんが元気だから〜」と言ってみたそうだ。
すると、
「あ〜〜〜(納得するように)」
と、どなたも口を揃えたらしい。

今度は私が
「それもまた失礼だわ〜〜〜」
ヤジを飛ばした。
すると付け加えるかのごとく「だってですね、どの方の奥様も大人しいし〜エレガントだし奥ゆかしいんですよ。。」と言い、皆も納得した様子だったと言う。。
「もう、それ以上言わんでいいわ=」
私は完璧に頭に来た! こう言う考え方が、私は大嫌いだからだ。

まず私はこう言いたい!!
  諸君!=そのパン職人達に申し上げる〜
  自分の非力さを間違ってくれてはいかん
  ZOPF店長のパンは、旨いのだ
  私が居ようが居まいがだ
  ZOPFが元気なのは、ZOPF店長が元気だからだ
  すべてはZOPF店長を中心に回っているんだよ
  あなたの奥様を奥ゆかしいまま元気にする事だって
  きっとZOPF店長ならできるさっ
  解るか===その意味が==!!    ってね。

 
ZOPFを立ち上げる時のエピソードとして、PANDAYAにコラムを載せているけれど、私はあの有名な藤森氏の姿に触発されて、パン業界に飛び込んだと言っても過言でない。
しかしパン屋の基本は、店長の両親である先代とばーちゃんが教えてくれたと思っている。どんな日もひたすらに仕事をする懸命な姿だ。
仕事は辛い、でも辛い仕事も2人だと半分になるし、喜びは2倍になる。
ZOPF店長はよくこんな事を言う、「仕事を1人で頑張っても1人分しかできないけれど2人だと3人分も4人分も出来ちゃう事があるんだよ〜」
これは、仕事の量的な話だけを言っているのではない。
(ポジティブな私は褒め言葉と理解している)

元気なパン屋には共通点がある。
良く働く事、そして店主には良きパートナーが居ることだ。
もちろん、パートナーはご夫婦でない事もあるし、1人とも限らない、沢山のいいスタッフに囲まれている事もある。
でも誰もがのびのびと仕事をしているのだ。環境がいいとも言える!
店主の人望もまた、その人の実力であると私は思うのだ。

なぜなら、なによりZOPF店長は愚痴をこぼさない。
「パンが売れないのは、立地が悪いからだ〜」とか
「この地域の人達は、パンを食べないんだ〜」なんて、決して言った事がない。
私はこの頃、沢山のパン職人さん達にもお会いする機会が多くなったので、実感する事しきりなんだ。

  「イイ奥さんが欲しい」なんて事も、ZOPF店長は言わないのであ〜る。
  解ったかぁぁ〜〜〜!


たぶんだけどね(ぎゃははは〜
by zopf-rie | 2006-09-18 13:31
パン屋の世界
d0056067_9434546.jpg
夏を締めくくる様に、渋谷のヴィロンで関東と関西のパン屋さんが集まる『交流会』が開かれた。とても著明な方々が集結されて、お酒を楽しみながら歓談のひとときを過した。
「今日は無礼講〜」と声がかかり、始めは固い名刺交換の場面も、しだいに周囲は和やかな笑い声につつまれた。終盤にはバゲットを持って踊る人も現れてと、かなり(居酒屋的な笑)楽しいひとときとなった。
ミーハーな私は、もう〜落ち着く事は出来ず、どっちを見てもキャーキャーだ(>_<)))けれどもZ店長は、いつものごとく〜その落ち着きようと円満さで広い店内を渡り歩く〜やっぱりたいしたものだ☆すぐに誰ととも話を弾ませている。やっぱりこれは天性だわ〜〜笑

すると、後ろから見覚えのない若いパン職人が、ぎこちなく声をかけて下さった。
「つつつツオップさん、いつもお店に行かせて頂いていっいいいますぅ」紅潮して差し出した名刺が揺れていた。
「本当〜?それはありがとう〜」店長はすまなそうに笑う。
いつしか自分が、憧れの存在に変わっていた事を感じる瞬間だった。
不思議である。。。
その同じ空気の中に、私の憧れるパン屋さんも、もちろん笑っていた。
6年の時が流れていた、、
こうやってつながって行くんだな〜 素晴らしい事だと思った。
by zopf-rie | 2006-09-02 11:21