時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
いつもそこにあるほくろ
d0056067_14365891.jpg
先日、ふと長男の右まぶたの上にほくろを見つけた。
「あれれ?ほくろ??」っと口走ってしまったら、「生まれつきでしょう」と呆れ顔の長男。「面目ない。。。」っと小さくなった私 これでも一応母親。。。(笑
ボサーっとしている訳では無いが、色んな事が大河のごとく、、いや土石流のごとく私を押し流して行く。本人の気付かないところで、もしかしたら何かが起こっているかも知れないと、急に恐くなる。。
先日とあるブログで「最近のZOPFがおかしい」とあったのを見つけた。パンの袋の詰め方や声がかけが以前と変わったとの指摘だ。内容からスタッフに注意を促す必要を感じ今後の対策を取ったが、以来 頭のすみから その事が離れなかった。

どんな仕事も大変なもので、パン屋の仕事も同じだ。さらに接客となれば一層難しい。
店の仕事に不慣れな者が接客にあたってしまうことも避けられず、迷惑をかけられたお客様には、結局お詫びするしか無くなってしまう。むろん言訳は出来ない、いつなん時であれ それがZOPFであるのだから、店を開けている以上、パーフェクトで無ければいけないのである。至極当然で何の反論もない。
ブログは「こうやって1流の(普通のと言う意味合いの)パン屋へと変わっていくのか」と悲しい終わり方をしていたが、もちろん私はそんなつもりは微塵も無く、私達が託したZOPFへの夢は消えていない。

確かにZOPFは大きくなった。
スタッフが増え大所帯になった。
だから色々な事が、細やかなに伝わりにくくなってしまったのも否めない。スタッフの入れ替えがある度に、私が教えたもろもろが、店長が伝えたかったそこここが、1から出直しになってしまう事もいつものごとくだ。そんな繰り返しでは、質の向上が計れない、いや今にグンと味が落ちてしまうなんて恐ろしい事もあるやもしれない。
世の中が利己主義に傾きつつあるから、チームで仕事をする職種の足並みを揃えるのは難しい。年齢層もバラつけば、それぞれの育った環境も異なる。パン屋は肉体労働だから、体力的にへこたれる者も多く、女の子には特に過酷だ。すぐに弱音や不満を訴える者も少なくないし、同調を求めて騒ぐも者もいる。
「なんだって凸凹の奴らばかりなんだ!」さすがの店長も時折怒っているが、こんな凸凹のスタッフと共に、やって行るのが現実なんだ。
人が育つには時間がかかる、だから「そこを理解して大目に見て欲しい」そう言いたくもなる。自分も含め見れば見るほど未熟だから、許しを乞いたい時も正直ある。
口をすっぱくして、スタッフに注意を始終言って聞かせる。「こうしなさない」「ああしなさい」。。それでも育つまで時間がかかるから、ぐっと見守るけれども、、、、
でもね、、でもさ、、
やっぱり「仕事」である以上 未完成では許されないんだよね。
「未熟だから許して欲しい」と主張していけないのが、この仕事なんだ。
それに、もし凸凹をならして(平にして)「誰でも出来る」「誰でも作れる」に甘んじたら、まさにZOPFは終りだよね。秀(ひい)でていたからこそZOPFなのに。
未熟な者にそろえたら、そんなの恐ろしい。。。

私達はスタッフの未熟さなんか十分理解している。
でもみんないい子ばかりなのも知っている。
それとこれは話が別なんだよね。
いい子だから〜なんて『情』に流され、仕事に求めるものを我慢したら、その子の為にもならないし、当然仕事の質は上がらない。

ついて来れない者は落ちて行くしかない。去る者は追わない。
学びが遅い者は、人の何倍も努力して下さい。それを偉いとも思わない。
私達の志を低くして、ZOPFを変えてしまったら、本末転倒 もともこもないのだから。
私達が目差したZOPFを守り、ZOPFを貫くことで、本当のものが受け継がれて行くのだから。
そしてそれがお客様の真に望む事だと、もっと私達は知るべきなんだ。修行は辛いさ仕事も辛いさ、だからってそれがなんだって言うんだ?パンは自己満足で作るものではない、ましてや努力の量で誤摩化すものでもない。美味しく食して頂く為に作る、それがパン屋のパンなのだから。

私はこのブログに感謝する。
自分に気付かせてくれたからではない。人は結果で事を計る。そこにどんな理由があろうと、結果が全てを創造する。
だからこそ、もっと一瞬一瞬を大切にしていかなければならない。
いつでもパーフェクトであるのが、最低水準としなければ!

私のぶつくさも絵空ごとにならない様に、肝にすえた。
by zopf-rie | 2006-10-29 14:57