時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2007年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
パン屋に成れる性分
d0056067_14183675.jpg
「私はパン屋に成れるでしょうか?」
そんな質問を受ける。
いったい私たちに、どこまでそれに答える資格があり、義務があり、義理があり、役目があるのだろうか。私は実はひっそりとそんな事を思ってしまう。
でもそんな時、ZOPF店長は良くこんな風に聞き返す。
「忙しくなって来た時、例えば急に店にドヤドヤッとお客さんがいっぱい来た時、どうなるタイプ?。やべ〜〜この忙しい時に〜参っちゃうな〜とか思ってげーーーってなっちゃう?。よっしゃ〜〜来た来た頑張るぜ〜〜とか嬉しくなっちゃう?(笑)色々思う所あるでしょ?内心どういうタイプだと自分を思う訳?」
大概の人が見繕って「もちろん、頑張らなきゃいけない場面でしょう」なんて答えてみせる。
ふふふ、そんな優等生な答えはいらないさ〜。ふたりそっと顔を見合わせて笑ってしまう。商売って理性じゃないんだよね。そもそも「しなきゃいけない」なんて言葉を使ってるところから大きく間違っていると私たちは思ってしまう(笑)
正解は?
そうだね、、簡単に表現するなら「嬉しくなっちゃうタイプ」すなわち盛り上がれるタイプかな?(意味分かるかな〜)))
まー何事にもポジティヴなタイプと言いますかね。でもね、「そうしなきゃいけないとか」「頑張ってそうする」とか頭で考えて納得するのではダメなのよ。無理して頑張っちゃうタイプも実は不向き。これは理性でないと思うの。
感情! カッコつければ感性だなっ。
忙しさに合わせてどんどんどんどん自分がハイになって行くっていうか〜、元気になっちゃう様な〜。私は一種「ランニングハイ」に近い現象じゃないかと、分析しているが(笑)。自然に笑っているタイプね。
「この仕事が心底好きかどうか」とか「どれくらい本気か」とか、『これ』を表現しようとすると、こんな言葉になって分かりにくくなっちゃうから、「嬉しくなっちゃうタイプ」=やっぱり「楽しいタイプ」じゃないかな?
これでいいと思う。
とにかく日々、すべてが楽しいだと思う。

だからね=「なぜパン屋になろうかと思ったかと言いますと、サラリーマンが嫌い嫌で=」とか、前の仕事や今までの環境に否定的な人や、始終愚痴をこぼすタイプの人は、向かないと思うし成れないと思う。たぶんこれからも何か上手く行かないとすぐに否定的になるし、ネガティヴでダメになってしまう可能性が強いから。だってね〜パン屋なんて大変な事が多いんだから〜〜〜ホントだよ!嘘つきません!!
早起きも辛いし(私はこれが1番)、仕事はきついし(店長がいじめる)、上手く行かない事ばっかりだし(順風満帆で来る訳ない)。
店を出したから/持ったからってそうそう儲からないし、上手く行く事なんてパン屋は本当に少ないんだよ。知らないのかな。。。
「ZOPFは有名ですごい店です!」なんて評価して、まるで私たちを成功者のように尊敬してくれるけれど、そんな偉いもんじゃないないって=つくづく思っているんですよね、これ本当に。
自分の事だから良く分かるって事で〜、私は馬鹿者だと思ってます(大笑)。
雑草を食べて暮していた時もあったし 笑)。小さな息子を保育園に預けて、看護婦してた時もあった。苦労して苦労して〜今がある訳で、本当にそんな辛い毎日を、あなたは腐らないでやって行けるか?ってこっちが聞きたい。
「どうなのさ?」ってね。
今、ふたりで振り返ってみて、そんな辛かった事もしんどかった事も、なんだか楽しかったのよ。いや=楽しいと言うか、別に<なんてことなかった>のね。いつでもゲタゲタ笑ってやってきた。確かにその時は苦労したけど、苦じゃなかったのかな、今はそうは感じないんだよね。アホなのかも(笑)。
そこにはいつも家族がいて、笑い飛ばしてくれたからなのかな。(←カッコ付け過ぎ)))

とにかく、夢がつかめるかどうかを、人に聞くのは変だよ。
保証された道しか進まないなんて、卑怯だし、気持ちがこもってないよ。パン屋なんて、一心不乱にやってみなきゃ出来ないよ。私達はそうだった。
そしてそれを目指すなら、がむしゃらにやってみようぜ。
アホになって。

今日もZOPF店長は暇を見つけては、拾って来たバイクを直したり、息子にバイクの乗り方を教えたりしている。。。何気ない日常の中で、楽しさを育む。
私は偉い人だな〜とつくづく思う。
そんな事が、今頃分かる馬鹿だから良かったんだと、私は自分を振り返る。。。
by zopf-rie | 2007-08-25 15:32