時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2008年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
おひさまで映るパンはより美味しく見えるカモw
今日は取材がありまして、L'ZOPFでお仕事でした。
米国ポテト協会さんから、乾燥ポテトを使った新しいパンを依頼されました。
でも〜もうかなりのパン屋さんが、形も組み合わせも面白いパンを色々作って来ているので非常に難度の高い課題で、店長も苦戦しました(笑)。
それでもZOPFらしいパンが出来ましたよ!
あ〜良かった。
影ながら私はかなり心配していましたから〜
(>_<)だははははは
ですからね、今日はそのお披露目も兼ねた試食会でもありますし、もちろんバリバリにカッコ良く撮影して頂かねばなりません〜
おもいっきり美味しく見えるようにね(笑)
腕が鳴ります!
d0056067_19353024.jpg
ところが、いつもなら三脚や大きなシーツほどもある様なスクリーンを立てたりして、ものものしい中で写真は撮られるのですが、今日はとてもいい陽気*
さらに、これまたほどよい春の日差しがそそぐので、庭に出て自然光の中で撮影する事になりました!
うひゃ〜〜気持ちイイ
なんだか気持ちも和むお仕事になりました。

「他には何もいらないね」カメラだけ担いだカメラマンさんが、嬉しそうにレンズを覗き込んでいました。良い写真が撮れたかな?
楽しみ〜
そして、今日紹介された新しいパンは、ポテト協会さんのオッケーがでたら、なんとZOPFで期間限定で販売される事になっています。
ご期待下さいね〜〜
by zopf-rie | 2008-04-28 21:38
誰だって夢は叶うと言うくさい話
先日、最近の私を良く知る人から「りえさんは昔、ヤンキーだったんですか?!」と大変驚いたように尋ねられた。「かなり昔なので当時は積み木崩しでしょうかね〜」と笑って答えると、とても信じられないと言う顔をして、それどころか首を横に振って、あり得ないって言う様な顔さえして見せた。
「え〜〜〜?それってどういう事?」
驚いたのは私だよ〜!!
私はすごい真面目で努力家で、何に対しても熱心な、品行方正な人間だと思ったの?
ゲロゲロ〜
これはまあ〜*とんだお門違いもいいところだから。
でも、そんな私じゃ〜夢も希望も消えちゃうと言うのかしら?と心配になった。

d0056067_22173414.jpg
ごく普通の人間ですよ。
それどころが、どちらかと言えば落ちこぼれ組だな〜w。
勉強は出来る方じゃなかったし〜、何をやらせても三日坊主〜
努力や継続なんて言葉は無縁の出来損ないでしたよ〜
両親はどんなにか私の行く末を心配していたか。
若きし頃を知る同級生は、いまだにクラス会の度に「あれまだ伊原の姓を名乗っているの?」と聞くぐらい1番に離婚すると決め込んでいたらしいし(笑)。それほどケンカぱやいしこらえ性のないダメ子でしたから〜。

しかし客観視すれば、今の私はそれほど「人が変わった」のかもしれない。
自分は内面的には全く変わらないつもりですけど。
確かにそうなのかもしれない。
今は辛苦の日々を送り、ひたすらに精進する毎日。。。。
そんなの無縁の人間だった訳だからね、どうした事だろうと言う訳だ。

たぶんそれは、「粒々」の日々が、本当に「辛苦」かと言えば、いいや☆本当は楽しいことが解ったからだと思う。
商売が楽しいと言うと、なんだかえげつない印象を感じるけれど(笑)、だけれどもパン屋って本当に楽しいから、自分達の努力や頑張りが、きちんと形になって実り、その成果が感じられる今この毎日が、本当になんと有意義であり充実しているものかと思うからなんだと思う。
暴走族では得られなかった、満足感があるんだよね〜〜(こりゃこりゃ〜)
ぎゃははは〜〜〜

でもね*そのきっかけって何?って聞かれたら、最初のきっかけは、やっぱり家族の存在かな?って思うな。(くさいけどw)
子供が生まれ、個人でなくなった時、私は母性と言うより母であり 妻であり 嫁であると言う責任みたいなものを非常に感じたのを覚えている。それは同時に、自分の存在価値みたいなものがみつかったように思えたんだよね。
これが、すごく私を変えたと思わざるおえないかな。
そして、ZOPFが誕生して、そこの中のZOPFりえと言う存在もまた、大きく自分を動かして行ったように思う。

今思えば、何かを探してヤンチャしていたのかもしれないな〜
う〜〜ん、そう言うとカッコいいだろうから〜そう言っておこうかなっ(爆)。
でもこれだけは言えるな、色んな経験が今の私をしっかり形成させてくれたってね。全てが無駄じゃなかったってね!
不良だった自分も良かったと思う。
どんな人間でも、幸せになれるって言いたい。
by zopf-rie | 2008-04-27 22:44
青梅の森へ
今日は定休日だったので、青梅の森までいってきてしまいました〜
Zopfからは100キロ以上も離れた山の中、ちょっと遠かったけれど、新緑が美しく映えご機嫌なドライブになりました。

d0056067_181308.jpg


やっぱり、パン作りには国境なんてありませんね、再会したら即☆上着を脱がされ〜エプロンに帽子を渡され〜残念な事にラーメン屋のオヤジ風のZOPF店長でしたが、一緒にパンを作りを始めました(笑)!

写真は生地をうすーく引き延ばし、具材をのり巻き状に包み込む、オーストリアの代表的なリンゴの焼き菓子を作っているところです。
みるみる薄く引き伸されるの〜〜〜言葉は通じなくても、アイコンタクト〜呼吸を合わせて、新聞の文字が読めるぐらい=薄く薄くしていく共同作業。
いいね〜こう言うの!
いいわ〜〜〜側で見ていても、身体に力が入ったり抜けたりw、共通する世界で楽しめるのは喜びだね。
今度はオーストリアでの再会を約束して、帰路につきました〜(笑)
by zopf-rie | 2008-04-24 18:01
信じるものは救われる〜?(笑)
d0056067_11134480.jpg
「本は財産」と、私たちは本をとても大切にするのだが、中でも特別に思い入れている本がある。それがこれ*
『魔法の杖』!(笑)
ご存知の方もいらっしゃるかな〜?
4〜5年前にちょっとブームになった、卓上占い本だ。

13センチほどの小さい本で、何か困ったときや悩んでいる時に、深呼吸をして好きなページを開けば、そこにお導きの言葉が書かれているというもの。
もちろんそんな無作為な本だから、その言葉が自分の問いかけに当てはまらない事もあるけれど〜、不思議に胸に響く言葉が現れるから、これまた不思議なのである。

最近では、とある食品会社さんにその食材を使ったパンを創作する宿題を頂戴したZOPF店長、煮詰まってしまって「断っちゃダメかな〜?」と珍しく私の横で弱音を吐いて見せた。あまりおかしいのでw放ったらかしておくと、思いを振り切ったように急に立ち上がって『魔法の杖』を開くではないか!
(おいおい、神頼みかい?)と、ますます私は笑いをこらえていると、本を読んだ店長は、頭をがくっと下げてうなだれてしまった☆
えええーーーー????
そう〜本には「そんな態度ではダメです」と書かれていたのだ〜
もう爆笑は言うまでもない。

こんな風に、この本は本当に面白い。

昨日は、このところ反抗期の真っただ中の次男坊に、上手くコミュニケーションを取る方法は無いものかとあれこれ策を練っていた。そこで『魔法の杖』の登場〜!
すると「新しい切り口で」の文字。
今までに無い斬新なメールを送ればいいんだな〜?と、単純な私はごく簡単に「今日の夕飯何食べたい?」と送ってみる事に(笑)。
10分後「クリームコロッケ」の返事。
おおおおおお!!!!
かくして、毎日「帰ってきなさい」と怒らないと帰ってこなかった次男坊が、門限1分前に帰宅、家族団らんの夕食になったのであ〜る。
効果てきめん☆☆☆(>_<)きゃっ凄い!

私はこの本を「家宝」にするつもりだ。
by zopf-rie | 2008-04-22 11:34
オーストリアのパン職人

d0056067_21384297.jpg

昨年ウィーンでお世話になった舟田先生が、オーストリアのパン職人を連れてZOPFにお越しになった。青梅の森で本場の釜(薪で焼く石釜)でパンを焼くために、オーストリアから招いたのだという。ご夫婦でパン店を経営していて、ご主人は街で有名な腕の立つパン職人、そして奥さまは利発なマダム(=パン店の店先で店を仕切っている販売員の事、大抵がオーナーシェフの奥さまなので、そのまま直訳だけどねw「マダム」と呼ばれる)だと言う。店をスタッフに任せ、子供置いて1ヶ月日本に滞在して、薪釜の使い方と本場のパンを伝授するのだと言う。
お土産に今朝焼いたパンを持って来てくれたと言うので、ZOPFのスタッフを呼び集めて、みんなで頂く事になった。

先生は「とてもこの二人は、ZOPFさんに(私たちの事)に似てるのよ〜」と説明する。そんな側で、パンを切り分けていた店長がパンを変な方向で切ろうとしたら、それをつかさず見ていたマダムからぴしっと一言か飛んだ。「向きが違うわよ=」(←ドイツ語だったけどたぶんこう言った ハズ)。「層状になっているパンだから、層が綺麗に見えるようにスライスしなきゃダメでしょ〜(独)」と。
みんなで大笑いになった。
私もつかさず「ほらね〜どこのマダムもこうよ〜分かった〜?」と偉そうに言ってみせると、スタッフは大きくうなずいて、国境なんて無いパンの世界=共通するパン屋の在り方を実感した様だった(大笑)。
by zopf-rie | 2008-04-21 21:38
ゆっくり休日を楽しむ
催事を終えて、「今年の仕事はもう終わった」が口癖の私。(笑)
気が気で無かった心配事の数々が消え去り、久々の休日を楽しむ余裕もできたので、この連休を利用して、名古屋と大阪に行って来ました〜
実は仕事半分の出張だったんだけど〜半分ですむなら〜このチャンスを利用しない手は無いと、『いい訳があって良かった〜』が本心だったりしつつ、強行で出掛けました。

d0056067_18122924.jpg
東京駅で駅弁を買うと、逃げ込むように新幹線に飛び乗る。
「よーーーし、ここまでくればもう大丈夫だ〜〜」
って、誰から私は逃げてるの?!
っと、ひとり突っ込み(爆)。でもね、本当に何かから逃げているように、新幹線に乗ったとたんほっとした。
これは、ZOPFを始めてからと言うもの、いつも私を追いかける感覚。
何かに急かせれている様な、分身をどこかに忘れて来ている様な、、妙な感覚が身体から離れないんだよね。
変だよね?
病気かしら?(大笑))))

そんな後ろ髪を引かれる思いをチョッキンチョッキン断ち切りながら、名古屋と大阪では、常々行きたかったパン店を襲撃したり〜遠くてなかなか会えない友人を尋ねたり〜
アポ無し突撃訪問をして、沢山の人を驚かせて来ました!!☆
ぎゃははは〜
みんなきょとんっとしてた*
ちょっとつまらないぐらいw、鳩さんみたいな顔になって、何の言葉も発してくれないんだよ〜〜
ホントに人の悪い私たちだな〜と思いました。
ごめんなさーい(笑)
でも、お会い出来て心から嬉しかったでーす。

d0056067_18242352.jpg


夜は関西の街を一望出来る、高層ホテルに泊まった。
ちょっとリッチな部屋にも泊まることも出来るようになった自分に、ちょっぴり酔いながら〜買い込んだパンを頂く。
どこも皆 頑張っていて美味しい。
もーーーー止まらないぜ
まさに「くいだおれだ〜〜〜☆」

催事痩せはすっかり元に戻り、いいいやそれ以上に〜心もお腹も一杯いっぱいに満たされた、いい旅になりました〜



あ!もちろん
観光スポットも押さえて来ましたよ=
ほら〜(笑

d0056067_20285647.jpg
by zopf-rie | 2008-04-17 19:02
たまにはハメをはずしましょう〜
昨日は催事の打ち上げと新人歓迎会を兼ねて、フランス料理店を貸し切って、パ〜〜っとやっちいましたぁ〜〜*
ホントにまあ〜つぶれる者続出で、ぎゃーぎゃーと動物園並みの大騒ぎになってしまいました〜。
中には有名なファッション雑誌を参考に、びしっと決めて来た者も居たり〜(大笑)、みんなお洒落をしてどこか照れくさそうでもあり、いつもユニホーム姿の時には見られない表情が見られ、とても楽しく過ごしました。

私も数日前、近所のクリーニング店のおばちゃんに、「疲れた手をしている」と言われたのがショックだったので、今回は手のエステコースもプラスして、セレブな手を目指してみました!!(爆)。爪もピカピカ〜、超〜気持ちいい〜

d0056067_18382877.jpg
どうどう?
シャンパンが似合わない?(笑)

ぎゃはははは〜〜〜


それにしても、フレンチのコースと飲み放題で、会費が¥3000ってあり得ませんよね〜。
会費制とは名ばかりで、まったく店長を当てにし過ぎです。

ところが、最後に「催事お疲れさまでした〜」とスタッフ全員から、なんと!ドンペリをプレゼントされて。。。。
d0056067_18384517.jpg
見て〜この店長の笑顔☆
もうめろめろよね〜
あははははは

本当にいい打ち上げになりました。

やっほー!
ドンペリだぁ==!!
by zopf-rie | 2008-04-11 21:30
粒々辛苦
皆さんこの言葉知っています?
「つぶつぶからく」ではありませんよ(笑)

d0056067_9375765.jpg

年頭に次男坊の学校の先生が、4文字熟語で目標を立てなさいと言ったらしいのだが、馬鹿な我が息子は「天下統一」なんて全く的を得ない目標を立てた中で、この「粒々辛苦」と書いた生徒が居たのだとか。
全ての生徒はその意味も読みすらも解らず、口々に「つぶつぶ辛く〜」と笑い出してしまい、結局誰が書いた物かわからないまま(誰も名乗らず)過ぎてしまったらしいのだった。
昨日、それがなんとなく心に引っかかっていた次男坊が、家庭教師の先生にこの言葉を紙に書いて見せたところ、なんと!「りゅうりゅうしんく」と読み、米を作る農民の1粒1粒にかける苦労の一通りでない事。転じて、ある仕事の成就にコツコツと苦労を重ねて努力することを意味することがわかった。「粒々辛苦の末、成功する」と言った使い方をするそうだ。
驚いたのは言うまでもない。
「学校に行ったら黒板にこれを書いて、みんなに説明してあげなきゃ〜そして、これを書いた奴は、本当はすげー立派だよ〜」って馬鹿にしたことを謝らなきゃいけないわね」と私が付け足すと、次男坊は珍しく素直にうなずいてみせた。

昨日また悪さをして、ついに携帯を(パパに=店長に)止められたしまった次男坊。どうやら大ケンカになったようだ。
ふてくされながらも今日は早めに起きて登校して行った。
「どうしたら携帯つながる?」
「粒々辛苦の日々を送って、パパが解ってくれたらじゃないの?」
つかさず言うと、
「つぶつぶね〜つぶつぶ。つぶつぶ。。。ぶつぶつぶつ。。。」
呪文のように唱えていた。
by zopf-rie | 2008-04-10 09:37
職人の良き相棒のオーブン
昨日はドイツから、ウエルカーオーブン社のフックス社長さんが来日されたので、数人のスタッフも連れてご挨拶に伺った。
なんともさびれた〜居酒屋で、ほっけをつまみながら、日本酒と焼酎で楽しい宴となった。

d0056067_1939373.jpg


ウエルカーは、ドイツで1番古いパン釜会社であり、今も昔通り堅実で強固なパンオーブンを作っていると有名である。3世代で使えるオーブン!まさに100年使えるオーブンなんだとか*。
もっともドイツパンを焼くのに適している上に、その頑丈さが、ZOPF店長のように焼き捲りたい職人向きのなので、ZOPF店長がすっかり気に入ったオーブンだった。

今、第3のZOPF=L'ZOPFで店長の良き相棒になっているオーブンです。
by zopf-rie | 2008-04-09 19:39
朝の格闘
d0056067_17592351.jpg
今日は「はっけんたいけん だいすき!しまじろう」の放映日だった。
昨日寝るまで覚えていたのに、今日から新学期の次男坊を起こすのに手間取っているうちに、すっかり見過ごしてしまった。
「すごく綺麗な映像だったよ〜」
「しまじろうがホントにパン作ってるのね〜」
等々感想も寄せられた。
ああああああ===見逃してしまって、むっちゃ〜悔しい
(>_<)くぅ==

我が家の次男坊の寝起きの悪さは天下一品で、もうーーーー参ってしまう。
先日はあまりヤンチャの過ぎる次男坊に、真面目な顔をして説教を始めたら、中程で「ママの頃とどっちが悪い?」と聞いてきた。
あ〜もちろん度合いでは私の方がヤンキーだったので(w)、とっさに私は言葉を詰まらせてしまった。つかさず、ほらねって顔をした次男が、不敵の笑みを浮かべてやりと笑った。
くっそーーーーーー不覚にもやられたり☆

出来の悪い子ほど可愛いとは良く言うが、まるで若い頃の自分を見ているみたいで、確かに怒るに怒れない自分が居る。きっと(悪い事をしていても善悪の区別とか、どこまでなら許されるとか)核心の部分は判っているだろうと、信じている自分も居るから質が悪いのだろう。
それでも「俺はホストに成ろうかな〜」なんて言って、家族を驚かせた事もある。
ホントに奇想天外、何をしでかすかわからないところが、また自分を見ている様なんだよね。。。
それでも、どうやらフレンチの料理人に成りたいと思っている事がわかった。
おおおお!私が、大好きなフレンチに連れて回ったのが功を奏したのだろうか?

「美味しいバゲットはパパが焼くから任せろ〜〜」
店長が、いつも以上に笑った。


*次回のしまじろうの放映日は、変更されて
 4月21日(月) 午前7:30〜8:00
              になりました。
 お見逃しなくw!
 
by zopf-rie | 2008-04-07 18:32