時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
プレゼント
d0056067_1773999.jpg

「プレゼントをもらったの」と書いたら、きっと先日の『つけまつげ事件の代償』と思うかな?
ぎゃはははは〜〜〜
いいえ、これは自分へのプレゼントです!

私は何か大きな仕事が達成したら、自分にプレゼントをするのを習慣にしている。
1番はパンのリースが100個も売れた年、ただの主婦の私が自分の力で収入を得たご褒美に何か形が残る物をと、指輪を買ったのが始まり。
以来、貴金属ハマってしまって〜(笑)、B'ZOPFを立ち上げた時。そしてR'ZOPFを立ち上げた時と続く。
私はブスなんで〜あまりネックレスとかピアスとか、顔周りを飾る気になれないのだけれど、唯一 指だけは長く奇麗だと(自慢できると)思えるので、指輪ばかりを集めて来たのw。
そして今回は、先日の催事成功のご褒美と、昨年のL'ZOPF立ち上げのご褒美がまだだったので(笑)合体させて、初のネックレスを購入してみた!!

記念として自分の努力が、形になってここに残っているようで嬉しい。


あ!「つけまつげ」は、店長の だそうです。
嘘こけ〜〜〜〜っ
by zopf-rie | 2008-05-30 17:07
じっじっ事件です☆
d0056067_2001451.jpg

店長の荷物から。。。こんなものが。。。。

これって
これって〜

事件でねェ〜?!
by zopf-rie | 2008-05-25 20:00
Bakery book
d0056067_9294831.jpg


かなり時間がかかりましたが、ついに『Bakery book』が発売されました!
すごい取材量で、見応えもある1冊になっていますよ〜w。

スタッフがすぐに見つけられるようにと、ZOPFの記事が載っている部分に付箋をつけるのが私の日課ですが、8カ所も載ってました!(大笑)
特にL'ZOPFのパン教室の様子が、とても沢山の写真で紹介されていて嬉しかったです〜

宜しかったらぜひどうぞ!
柴田書店MOOKから発行です。
by zopf-rie | 2008-05-24 09:29
でんでん虫は食べないですよ=w
d0056067_133008.jpg


投稿文を書き込んでいる途中に、仕事がどんどんと舞い込み〜投稿を中断してしまっていたら、読者の方から「この画像は何なのか?気になって仕方がない!」との問い合わせが入っちゃいました〜(笑)
ごめんなさーーい!
かたつむりではないです☆

これはスペイン料理で、マッシュルームがガーリックオイルで揚げられ?ているところです。厚手の熱々の容器のまま机に運ばれて来ました。
すっごく=熱々で、ひゃ〜ひゃ〜言いながら食べました。
オイルに味がきいているのでしょうね、キノコにも味がしみ込んでいて、激ウマでした!
しばらく熱いまま楽しめるし、鍋を突っつき合うみたいに皆でワイワイと楽しめました。
その他、オリーブの実のフライとか、なかなか面白いメニューがあり、最近他国籍メニューに興味が湧いています。
私、保守的なもので〜(笑)
by zopf-rie | 2008-05-23 13:29
手塩にかけた花は、一層私を魅了する
d0056067_1333128.jpg

バラの花が咲いた。
昨年秋 もうバラの花が終わりそうな頃、仕事の合間を縫ってバラ園に駆け込み、なんとかまだ花をつけている苗を探して購入したバラの花。
L'ZOPFで初めての花を咲かせた。
無機質なブロック塀が見える部分に、わざと作った花壇。ここが四季折々の草花が楽しめる様にと、壁前にはうように年に2回咲くつる性のバラを選んでみた。
ここがいつも楽しいスポットになればいいな〜と思っているw。

実際は単色ではなくて、ややオレンジかかってもいて、花びらの縁にかすかに色を残す。つぼみの時の方が色が濃いめて、時間が経つに連れて、クリアーなレモン色に変わっていく。
もう嬉しくって、毎日首を長ーくして、この1番先の花が開くの待ち望んでいた。
花壇の前で独りニタニタと笑う私、、近所の方はきっと「かなり変だ」と思っているに違いない。。。。
かなりヤバいです(笑)
by zopf-rie | 2008-05-19 13:03
その根底にあるのは熱意!
d0056067_7313554.jpg

パン教室の風景
この日は、庭に出て講習(笑)。
陽気がだいぶ暖かになってきたので、発酵を促すのに発酵ケースごと日光の下に置いても大丈夫なんだよ〜っと見せている。
目から鱗の生徒さん達。
難しい発酵のメカニズムや微妙な温度管理の説明を受けてきた生徒さん達には、こんな展開は拍子抜けで「あり得ない〜」と驚き顔の方もいる。
そんな表情を見て増々ZOPF店長は、茶目っ気を発揮して「ほらね〜うまく膨らむじゃない〜?」と、いとも簡単そうにやってのける。

パン作りはとても頭を使わないと出来ない作業。頭が良くないと出来ないと私は思っている(だから私は作らない〜作れないと思うからw)
かと言って、ガチガチに頭を固くしてしまうと、応用が利かなくて上手く作れない、そこがパン作りのが難しいところだと私は見ている。
絶対に守らなきゃいけない条件があり〜でも色々な条件下で巧みにその調整をしていく。その駆け引きのような、バランスがとても大切!と言う訳。

そしてそのバランスを見つけるのが、パン作りの面白さ&楽しさで、これが楽しいと思えないとパン作りは上手くならないと店長は伝えているのだった。
次第に生徒さん達の顔が、屋外の気持ち良さに釣られるように〜にこやかになっていく。
あははは〜ZOPF店長の魔法にかかってしまったようだ〜〜〜

講習会で楽しさや喜びまでも感じられるようになるなんて〜すっごい素敵だ☆
店長の熱意を感じた一場面でした。
by zopf-rie | 2008-05-18 07:31
私に似合う人生を進むしかないのか2008
d0056067_1455393.jpg

『最近私がハマっているパン』と、ねじりパンをこのブログにあげたら反響があって(喜)、「他には?」って質問を頂いた(大笑)。
なので、パンをご紹介。
だけど、残念な事に〜ZOPFのパンではないのでした〜
だっははははは〜ごめんなさい!
L'ZOPFのパン講習会にいらしている生徒さんのパンなのですが、黒糖が練り込まれた天然酵母パンで無花果も入っているしっかりしたパンで、噛むほどに味わいが広がるすごく素朴な味わいのするパンなんです。

珍しげなパンではないかもしれないけれど、私はこのパンがとても美味しくって好きでーす。きっと作ってくれている方の、一生懸命な姿が思い浮かぶからじゃないかと思いますが、とてもその方らしい愛らしいパンに、すっかりハマっています。
先日もつい甘えて(リクエストして)作ってもらっちゃいました。

それにはつい、このところなんだか体調も優れないばかりか、「いい事」がない不運続きの自分をつい甘えさせてしまったのでした。
ホントに、どうも不運続きなのです私。。。
まーー小さな出来事ばかりなんですけどね、だけどぱーっと冴えない訳。

昨日なんかさ、珍しく都内に出掛けて、根津のハンバーガーを食べに行ったらやってないし(怒)〜気を取り直して駒込まで足を伸ばしたら上海チキンの店は移転していたり(怒)〜じゃあ地元で和食と思い都内から戻ってくれば、店は改装で1週間の休みだし。
(T_T)=夕飯を決めるだけでもこの調子。
その上、巣鴨の横を通ったので、あの有名な「とげ抜き地蔵」に立ち寄ってみたのに、夜やっーっと辿り着いた居酒屋で出されたおとうしのサンマの骨が喉に刺さってしまう有り様。。
信じられない☆
とげ抜き地蔵に寄った帰りなのに==
((((>_<))))
もしや祟りなんだろうか。。。。

きっとさほど用事もないのに、立ち寄ったりした信じ深くない参拝者(私の事)に、その上地蔵の頭をこすりながら「次男坊の心のとげも取ってね〜*」なんてお馬鹿な願い事をしたもので、罰が当ったのだろうか〜
(T_T)痛いわ〜
「ジョークが通じなかったんですかね?」
スタッフが親身になって励ましてくれるが、心の痛みも喉の痛みも抜けない。。。しかたなく仕事中に耳鼻科を受診。待ち時間2時間の後、ほんの数秒(3秒ぐらいだよ本当に!)で、サンマの骨は取れ去った。
あははは〜いとも簡単で ¥2300〜の高い現実も知る。

『七転び八起き』倒れても倒れても起き上がるが私の人生なのか?
平穏無事な私などあり得ないのかも知れない。。
パン屋のくせに「パンが食べたい」などと人に甘えてはならない。
「もう今年の仕事は終わった」などと言ってはいけない。

「ストイックに生きる」が私のスタイルなんだ!

2008年後半に向け、やっぱり私頑張るわ。
ZOPFりえ
by zopf-rie | 2008-05-16 16:07
仏様のお姿に心洗われる
無事に2泊3日の日程を終えて、修学旅行から次男坊が帰ってきた。
こんな話題は、どこにでもある話でさほど珍しいものではないだろうが、、この3日間、私はなんと緊張して(携帯を肌身離さず持って待機して)過ごした事だろう、、、。
そう、、それほどヤンチャな我が息子なのであーる(あ〜血は争えないって事で、、笑)。
出掛けに「ママを京都まで迎えに行かす様な事はないように」念押しは言うまでもないが、それでも遠くの地で、見知らぬ人様ご迷惑をかける様な事がないように、私の心配もピリッピリだった。。
しかし、意外にもその防止策は容易なものだった。
出先に「いい子だったら〜帰ってきてからBBQをしような〜」、実はそんなお気楽な一言を店長が話しかけた事で始まった。
普段でさえ3日も悪さをしないで過ごさない不良グループなのに、この3日礼儀正しく耐えて過ごしたんだと言う、「BBQ〜」を合い言葉に*。
まったくおかしな話である。
でも〜可愛いらしいね〜〜やっぱり子供なんだよね〜吹き出してしまった。

d0056067_14221467.jpg
しかし、もちろん有言実行!
男に二言はない☆
とーーーーばかりに
なんと店長は、私に内緒で20人用のBBQセットを購入していたのだった。
それが旅行中に届いた。
でっかい、その上「ZOPF」と名前入り(←普通そこまでやるか〜?)
Σ( ̄□ ̄)!
おーーーいおい!!!
そんなに不良を集めてどうするって言うんだ〜?!(爆)
店長の愛は深いと表現するべきか〜激しいと言うべきか、、、、いや〜やっぱりアホなんじゃないかと私は思ってしまた、、、黙ってたけどさっ(笑)。

無事に帰宅した次男坊は、店長のDNAがそれでも残っていたようで(店長は神社寺院巡りが好きで仏像も好きだから)、「三十三間堂に感動した!」と目を輝かせながら語り、不良少年達とろうそくを供え、手を合わせてきたのだという。

店長が嬉しそうに笑った。
その横で「でかし息子!店長のDNAの証明が出来て、私はほっとしたぜ、、、」そんな独り言を飲込んだ。。(笑)
by zopf-rie | 2008-05-16 14:47
贈り物に込められる気持ちを受け止めて
d0056067_13293436.jpg
母の日、机にカーネーションの花が届いていた。
よく見ると「いつもありがとうございます」のメッセージ。。。。。
スタッフの女の子からだった。
「え〜?!私に????」
40も過ぎたおばさんだし実際子供も居る母親ですから、花をもらっても全然おかしくないのだろうけれど、、まさかZOPFりえとしてお花をもらうとは思ってもみなくって、、
驚いて*か〜るくショック(笑)も受けながら(どんなショックだよってー若いスタッフといつまで向こうを張っる気なんだよお前は〜?っと自問自答のひとり突っ込みをしつつ)嬉しく花を生けた。

母親になってしまうと、普段から何が消えるのかというと、自分だけに何かするという個人的な行動のように思う。例えば、自分の好き勝手に遊びに行くとか〜そう夕食の時間になっても帰宅もせず1人だけ外食する〜なんて事はあり得なくなる。それに伴い何かをもらうなどの機会もグンと減るようになる。
だからこそ、母の日に子供たちから、ほんの些細な言葉や物であっても、受け取れば感動しきりなんだな〜と実感する訳だ。

しかし、今回の場合は、その位置をちょっと通り越えて、また違った自分の存在を確信したような贈り物になったと思う。
ZOPFりえという存在が確かな存在になりつつあるのかな〜と胸が熱くなった。

本当にありがとう。
お花の美しさをいつも心に持った人で居て下さいね*
by zopf-rie | 2008-05-16 13:49
ねじりパン
このところすっかり体調を崩してしまって(>_<)
あまり長引くので、無理しないどころか〜サボる&怠けるを実行して寝て暮しましたw。
やっといつもの元気が戻って来ました〜*

さて〜先日出会ったオーストリアのパン職人さんから教わった「ねじりパン」、このところZOPFの店頭に並んでいるのをご存知でしょうか?
d0056067_12275239.jpg

ZOPFらしく、給水の高いモッチリした生地にアレンジしていますが、パンは本当に面白いですね〜、形を変えるとすっかり味わいが変わります。なんだかふにゃっとしゃっきりしない食感を出しますが、ねじった部分がしわになって(通常のバゲットのクラストにない)食感と味を生み出しています。
実は今、家族でハマっているパンです(笑)
クリーミーな味わいでとろけた様なチーズに合わせて食べていますが、グー☆です!!

ホワイトサワーを使った白生地で、少々焼き上がり時間が遅く15時頃になります。
休日限定です。


青梅の森の工房のHPが出来上がったようです〜
よかったら覗いて下さいね〜
http://www.konohapan.com/
by zopf-rie | 2008-05-14 12:27