時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
とあるパン店開業例 1
d0056067_1558588.jpg

先週 関西から、来春にパン店を開業を予定してる方が、研修に入っていた。
とあるケーキ店でオーナーにその力量が認められ、抜擢されたシンデレラガールだった。
なぜ、ケーキ店でパン職人?と思うだろうが、元々はその彼女はパンを作るのが好きだったそうで、時折パンを作ってはみんなに食べてもらっていたそうで、それがオーナーの目に止まったのだという。
実際に彼女に会うと物腰はしとやかでどちらかというとおとなしげ、血気盛んに来春目指してギラギラ自信に満ちあふれているかと思いきや、まるで正反対。とても謙虚に「私に(店がやれる)能力があるでしょうか?」とそれを見て欲しいと現れたのだった。
驚いた。
もう店をオープンすると決まっているのに、今になってそんな振り出しに戻る様な事を聞くものなのか?
かなり肩すかしの思いに、私達はとても戸惑った。
けれども、とりあえず素性も何も解らない彼女の、何をどう判断していいのかも分からないから、1日研修に入ってもらい、パンを作りながら、その手際だったり技術だったりを判断したいと試みた。そして出来るだけ話し合って彼女を知ろうと努力したのだった。
夕方になり、ZOPF店長は総合的に厳しく彼女を採点した。

店長は決して彼女をくじけさせようと思っては居ないし、それこそ底意地悪く、パン店を開業させるのを阻止しようとしている訳ではない。また逆に何でもかんでも受けいれて、研修費用だのと儲けようと言うのでもない。
(ZOPFったら副業でパン教室だの研修だのを始めた〜などと思っている方がいらっしゃったなら、これほど分の悪い商売は無いと申し上げたい!大変なんですよ〜(笑))
結果を聞く以前に、彼女は自分の力の無さにショックを受けて涙していた。そして「経験も実力も無く 自分の能力も自分で判断できないくせに、パン店をやろうなんて、なんと大それた事を引き受けてしまったんだろうとそのプレッシャーに押しつぶされそうにもなっています。でも夢だったのであきらめたくないんです。」と言って肩をがくっと落としていた。

オーナーからは「パン店を開店できるように彼女を訓練して欲しい」との依頼が来ている。

さ〜って、出来るものなのか?

        <つづく>
by zopf-rie | 2008-11-25 15:58
質問色々〜
d0056067_1549618.jpg


さっそくZOPFのカフェ開業塾へご意見頂きました。

『カフェ開業塾で知りたいことは、業務用オーブンを購入する場合の選び方です。
現在家庭用の小さなオーブンで毎日パンを焼いていますが、やはりパワーが弱く、焼けムラが多くて、業務用のオーブンを購入したいと考えていますが、高価なものですから、パンフレットだけで購入をする決断ができないでおります。』
と言うもの。

う〜ん切実! すごく、すごーく分かります。
オーブンはとても高価なのに、まるで一か八かで買うみたいなのってあり得なえませんよね。
もちろん、テストベーキングさせてくれる施設や設備を兼ね備えている会社もありますが、テストしたって選び抜けるものなのか?自分に自信がないと言うか、、、、判断基準や指標が全く分からないんですよね。(>_<)

私はプロのパン屋に居る素人ですが(笑)、その業務用と一般家庭用との違いは、大きいなんてもんじゃないです。その上実際の使い勝手なんて〜使った事なきゃ分かりませんから〜、それこそ見た事も触った事もない人が選ぶというのは、いくらカタログを集め説明を聞いても難しくて判断できかねてしまうと言うのはもっともだと思います。

このご意見についてZOPF店長に意見を求めてみました。
そうしたら「あまりにも質問の幅が大きすぎる」。「これでは話す事が沢山あり過ぎてしまうよ」と言いました。

そうですよね、、、例えば、どのくらいのパンを焼こうと計画しているのか?とか、どんなパンを焼こうと思っているのか?とか、どんなスタイルでやって行こうと思っているのか?とかとか、、もう諸事情で選択は全く違ってくるでしょうからね。。。
そう!
最近こんな事がありました。本当のお話です。
奥様が小さなパン屋を開業しようとして居た方が居まして、自宅の改築もしていました。さてオーブンを買うぞとなったのですが〜ところが女は器械に弱いじゃないですか〜、そんなんで旦那さんがオーブンを買いに行ってくれたそうなんですね。そして とっても苦労されて予算よりぐっと安いオーブンを探して来てくれたんだそうです。もう大喜びでした〜。
ところが、いざ手続きした後で、なんと★蒸気が出ないオーブンだった事が発覚、彼女が作りたかったハード系のパン作りには致命的だったのです、、、、もう離婚問題にまで発展しそうなほど事態は険悪、、とても悩んでしまったのでした。
店長は「(契約前に)一言相談してくれれば良かったのに〜」って一緒になって後悔し、マネージャーに買い取らせて、なんとか彼女に合うオーブンと交換する案を考え出したのですが、結局 今どき蒸気が出ないオーブンなんて買い取ったところで、売れる宛てもないとかで〜買い取り価格も二束三文。でもね、よーするにとても安く買ったはずでしたが、市場的にはかなり高い買い物だったんですって。
怖い話しですよね、、、。
相手はオーブン屋のプロですから、きっと蒸気がでない事がパン作りにどういう事なのか分かっていたと思うんですよね。でも不利益な事は黙っていた=聞かれないから黙っていた=嘘は言っていない、って事なのかもしれません。
こんな話しを聞くと、増々二の足を踏みますよね。。。
 ああああ、、、脅かしてすみません。

でも、現実につい最近の話しなんですから、あり得ない事じゃないって事なんですよね。
であるなら、なんとしても相談できる人の存在は欲しいですね!!
これは切実だと思います。

もちろん、ZOPF店長は相談に乗ります。
正義の味方ではないですが〜、こんな結果を耳にするのが本当に1番腹立たしいからでしょう。
しかし、いきなり来て、いきなり相談するのも、出来ないでしょうね。
あはは〜いくら店長がフレンドリーとは言え、仕事だってありますから〜(笑)。

では、どうしたら、いいのでしょうね? 

このあたり、考えてみないとと思います。 (つづく〜)
by zopf-rie | 2008-11-24 15:49
ZOPFのカフェ開業塾
d0056067_17165617.jpg


ZOPFのマネージャーは製パンの器械を多く扱っている器械屋なので、よく新規開業者の相手をするようで、特に春と秋はそんな方々を連れて、なぜだかZOPFによく現れるものだった。
「この店は見ておくといいですよ!」っと偉そうに紹介するのが、いつもの事だった(笑)。
しかし、今年の秋はめっきりそれが減り、なんだか明るい良い話題が届かない。。。。

やっぱり、不景気なのか、、、淋しく思う。

ところがだ!
パン教室に通う生徒さんからは、ちらほらと明るい話題を耳にするようになったのだ。
小さなカフェやパン教室の開業の話しが、ラッシュ??って思うぐらい=ホントに〜そのくらい多く耳にするようになった。
自宅をちょっと改造してとか、親しい女友達数人でとか、子供の手が離れたからとか、休日だけとか、、その仕様も形態も様々だけれども、共通するのは1人あるいは ほんの数名でのスタイルでと、こじんまり 身の長けに合うサイズを目指していると言う点のようだ。
そして〜
みんなとっても元気だという点も、大きい!

夢に突き進む姿は、美しいし 喜ばしい。
もちろんZOPF店長も嬉しそうで、色々な相談に乗る事が非常に多くなった。
小さなオーブンの調達についてや、キッチン器具の事細かな使い勝手まで、ただ器具の性能だけでないメンテの善し悪しまで教えるから、もう話しは多種多様〜〜
例え小さかろうと開業すればプロの世界の仲間入りだから、やっぱりプロのアドバイスは違うのだろう。
もうもう〜話しは止まらないと言った感じだ。

すると突然、店長から「こんなにカフェを開業したい人が居て、みんな同じように困っているようだから、お前〜何とかしてやれよ=」っと言うのである。
でええええ?! わたしっすか????
いや〜観望していた訳じゃないけれど〜。。。矢が飛んで来るとは思わなかった。
その上 どうやら『カフェ開業塾』なんて言う、きちんとしたものを計画しろと言うのである。

ぎょぎょぎょ(>_<)
これはまた、すごい店長依頼の仕事が来たものだ。。
催事だ〜イベントだ〜と色々やって来たけれど、また新たな課題がやってきた。
本当にこの人は私をただ置いてくれない。

かくして、私の悩める日々がまた始まった。。。。


みなさーん!!
どう思いますか〜
ご意見をお願いしますぅ
そして、こんなこと あんなこと 知りたい事 聞きたい事 などなど 
ありましたら、それもメール下さーい。
ZOPFりえ:lehrstube@zopf.jp

かなり本気です!(笑
by zopf-rie | 2008-11-23 17:16
1122=いい夫婦の日 
今日は「いい夫婦」の日だそうですね〜

「いかがですか〜?」

なかなか愚問ですよね?! ぎゃははは〜〜〜(大笑〜)

それにちなんでTVでは、有名著名な芸能人夫婦がインタビューされている場面を観ましたが、なんとか相手を誉め合う中高年のご夫婦には、なぜだか共感出来ず、それどころか熟年夫婦の野村監督&サッチーご夫妻の「もう十分尽くさせて頂きましたから、あちらの世界では、見て見ぬふりして過ごさせて頂きます。」と言うのが、私達にはピッタリ☆だと言う事で話しが落ち着きました。

そう言えば、最近のZOPF店長の口癖は「俺は本当にいい嫁をもらったよ」でした。
もちろんあきれかえった口調で、言い放たれるのであります。
ふん★お互い様であ〜〜る

しかしながら、2人でパン屋をやり、2人でこう毎日毎日顔を突き合わせて仕事をしていると(外部の方々は「本当に仲が良い」などと思うようだが)、もうこうなったら運命共同体、なんとかやり抜くしか無いと、ある意味使命感に似た境地になるものなんだと思う訳で、だから先日近くのケーキ店のご夫婦が離婚されたと聞いた時、私は「そんな卑怯な」などと、置いてけぼりを食らった様な妙な感情を抱いてしまったのでしょう。。相手を叱咤激励するのとはやや意味合いが違い、相手が怠けないように見張っている様な、嫌な関係にもなりつつありますが(笑)、お互いが刺激になりつつ何かをなし得て行くなら、それはそれで一応いい関係なんではないかと思う事にしています。
ともあれ今日は「いい夫婦の日」、どこかいい所を探し出して、誉めてみたいと思います。

d0056067_9111170.jpg

ちなみに、この写真は、先日出掛けた温泉地の湯本(源泉)を散策しているもの。
粉雪が舞う気温0度の中です。あまりの寒さにタオルでホッカぶりをしている店長(>_<)、その上「ここに入りたい」とダダをこねています。

これを拒否った私は悪い嫁だったのでしょうか。。。
by zopf-rie | 2008-11-22 09:32
気分を替えて〜
d0056067_1318477.jpg

ぐっと寒さも増し冬らしくなりましたね。

年内最後の連休は(12月は木曜日以外は休みません)、宇都宮でリテイルベーカリーの勉強会へ出張がありましたので、それに便乗して温泉地へ出掛けてしまいました〜。
千葉から2時間ほどの栃木県ですが、紅葉ももう終わりの頃雪が降りはじめてました。
寒かった〜。
でもゆっくり休んで、久しぶりに元気が蘇ったようです〜*

さてさて〜
今日からZOPFも店を X'mas飾りに替え、すっかり気分は12月です(笑)。


値上げや製品の品切れに苦しんだ08年で、景気も悪くなる一報とTVからは「消費の低迷」だの気分の重くなる事ばかりが流れて来ますね。
クリスマスも、なんだか今では年末商戦の切り札的な扱いばかりが目立って、興ざめしてしまう事もありますね。。。
でも、そもそも日本でのクリスマスは、もともと夢物語〜*
別に決まった流儀がある訳じゃないでしょうから〜夢らしく気楽に自由に楽しめばいいのではないかと、私の様ないい加減な人間は思ってしまいますぅ(笑〜)。
立派なプレゼントは無くても、今年1年の自分へのご褒美に、大きなケーキをオーダーするぐらい、いいかな?!なーんて思っちゃってみたりします。
もう大きくなった息子達に、久しぶりにクリスマス会を催してみるのも面白いかもとか?!
スタッフ全員へ小ちゃなプレゼントを用意して、サンタさんみたいな袋に入れて、休憩室に届けてみようかなとか?!
うひひひ〜悪のりしそうです★

こんな時こそ、楽しくやろう〜*そう思います。
by zopf-rie | 2008-11-21 13:52
シュトレン(受付)始まる*
「毎年恒例」と言いますか〜
クリスマスと言ったら、「これ!」
の始まりです!!

ハイ!
ドイツの代表的なクリスマス菓子の『シュトレン』です。

昨日より予約が開始され、とても良い滑り出しを見せています〜(笑)
早くから〜ご注文ありがとうございます〜〜*
嬉しいです!!

d0056067_11592488.jpg

ZOPFのシュトレンでは、これまた恒例になりました陶器の玩具の『フェーブ』が、今年のシュトレンにも1個に1個入っています。
フェーブに当たった人には、来年幸運が訪れる、おまじない付きと言う訳です(笑)。
取り分ける際に、「これは〜誰の分」と言いながら〜切り分けて行くと楽しいと思います。ぜひどうぞ〜*

さて 今年の受付について少し説明させて頂くと、ホームページのB'ZOPF:MENUから、注文できるように専用画面を作りました。
いつも宅配は混み合ってしまっていて、指定日だけにしか通販をお受けできないのですが、シュトレンだけの単品配送でしたら、11/21〜12/25までの期間 頑張って「いつでも配送」致します!!
ぜひ発送の希望日を記入の上、お申し込み下さいませ。
この時に
発送日とは:ZOPFを出発する日なので、到着日ではないんですね。(とても紛らわしいので、ご注意下さい)。北海道/九州/一部離島のみ輸送に2日かかってしまいますが、大概の地域には翌日の到着になりますので、ここだけ間違わないようご記入下さい。
他のパンとの同梱を希望される場合は、通常の通販の手順に準じます。ここもご注意下さい!

シュトレンは大変日持ちのするお菓子です。私などはこっそりベランダに隠し持ち(涼しいところに保管)、翌年の梅の花が咲く頃楽しみます。ゆっくり楽しめるので、ちょっと大きめかな〜と躊躇された方もご安心下さい、食べちゃいますから〜(笑)。
箱の中には、デコレーション用の粉砂糖を小袋で入れてありますので、スライスしお皿に盛り合わせてから、茶こしなどで軽く粉雪のように振りかけ演出して下さい。ぐっといい感じになりま〜す*
生クリームを添えてもいいでしょう。カフェにもとても合います。

最近では、色々なシュトレンが登場し、クリスマスのお楽しみになりましたね。
私も昨年騒がれた和三盆のシュトレンを、今年はぜひ食べてみたいと思っています(笑)。
でもまずは、ZOPFのシュトレンの自慢をさせて頂くなら〜
材料すべてを大変贅沢に選び、とくに練り込むドライフルーツ類は、多種の香辛料と一緒に長く漬込まれていますから、とても調和した味わいを持っています。(即席シュトレンは、フルーツや香辛料の刺激が尖って喧嘩し合いがちなんですよ〜)
それと、食べ比べて頂けたら分かるのかな〜生地部分が、ZOPFのシュトレンはしゃぱしゃぱしているんです(笑)。あああっ バサついている訳じゃないですよ(>_<)☆
これはアーモンドスライスを生地に練り込み、独特な食感を生み出しているんです〜。
もちろん焼き上がってからも、何度も溶かしバター塗り込み、シナモンシュガーそして粉糖を何度も振りかけて仕上げます。
ごく正統派のシュトレンではあり、丁寧にその製法を守り続けています。

シュトレンは、1年の収穫のすべてを総決算して自然の恵みに感謝した、1年のいわばお祭りに食べられるべくして作られた「豊かさの象徴」とでも言いましょうか、贅沢がぎゅっと凝縮させている、本当に1年のこの時期に味わうのに似合う食べ物だと思いますね〜。
ぜひ、今年1年のご自身のご褒美に!w
そして、感謝を込めたプレゼント(ご進物)用としてもご活用下さいませ。

追伸:今年はシュトレンだけのお申し込みは、私が担当しています!
   良かったら備考欄にメッセージ下さい、お待ちしています(笑)
  
by zopf-rie | 2008-11-12 15:56
いつもと違うパンの世界の講演会
d0056067_1322084.jpg

7日の夜、新宿で舟田先生の講演会が行われ、なんとか仕事を片付けて私達も参加して来た。
何度かこのブログでもご紹介して来たけれど、先生は古い絵画の中に描かれたひと切れのパンや変な形をしたパンを見つけては、それが何であるのかを追求し、そこに隠されたその意味やルーツ探しをする研究家で、パンからその時代やその土地の文化を研究するパン文化研究家なのだ。(書籍もいくつも出版されている。)
そうした中で、心に留まった1節であったり、何百年ものパンを、機会ある度にこのように講演会でとても分かりやすく私達にご紹介下さるのだけれど、その武勇伝とも言うべき研究中の冒険の数々が、毎回 何度聞いても面白いのである。まるで自分が歴史的な世界に飛び出したかのように、私は聞き入ってしまう。
話しの内容も去る事なんだ。=もちろん内容も面白のよ
されど私がいたく感動しているのは、先生のものの考え方捉え方なんだと思う。
上手く語れないけれど〜(申し訳ないけれど):ぶっちゃけた〜言い方で表現させてもらうなら、「頭のいい人は考える事も違うよな〜」と自分の愚かさを反省できるところにくすぐられるのかもしれない。
ん〜例えば:ネズミを池のほとりに追い込んで、飲込む事に成功した蛇がにやりと笑ったのもつかの間、自分は見晴らしの良い池のほとりに出たばかりに鷹に食べられてしまった様な。もっと世界には、ウワテがいるみたいな、気がつきが得られるところに、わくわくするんだと思う。

私は学も無いし教養も深くない。学生の頃は歴史も文化史も大嫌いだった。
だから先生の話しは全てが新鮮で、知った喜びを感じるのだとも思う(笑)。けれどもなんだろう、教養があるからこそ考えつくものの考え方というのかな?(上手く表現できないけれど)、もっと深く確かなものの上にいる実感が素晴らしい。
今更ながら学問の大切さを身にしみて感じるのである。
このままではいけないんじゃないか?って気が起こるんだよね。勉強したくなるって言うのかな〜(大笑)。あ〜学生の頃に先生に遇っていたらと思う事しきりだね。
とは言え、今頃 暴走族になる事も出来ないのだろうから(大笑)、順番はこれで良かったのかもしれない。
「学のあるパン屋を目指す!」と言って久しいが、日々コツコツ学ぶ、そして「またちょびっとお利口になったかも?!」と自慢してみる。w
by zopf-rie | 2008-11-09 14:46
発展して行く
d0056067_10263692.jpg
昨日はお仕事で、R-Sさんにお邪魔をしました。

R-Sさんのバーガーには、特別にポテトを配合しているのだけれども、その原材料のポテト屋さんとでも言うべき『米国ポテト協会』さんが、噂を聞きつけ〜視察にお見えになったのでした。
ナイスミドルな紳士と、このどでかいバーガーを対面席で食べるのは緊張するなぁと、やや気落ちしていたけれど、そんな雑念はすぐに一掃してくれるほどのその魅力的なお姿に〜顔はすぐにほころんで〜容赦なく一気にかぶりついていました〜
だっははは〜

最近このポテトを配合してもっちり感を増させた「お味」に注目が集まって来ているのだとか*、同じようにラーメンの麺を改良して人気が出ているお話などを聞かせて頂き、メディアにも取り上げられブレイクの予感なのかもですって〜(笑)。
ほっほーーー*
麺☆ラーメン☆ どんな味なのかしら? 興味津々になった。食べてみたい!

d0056067_1182131.jpg
<サンドイッチの写真は、以前ポテト入りの食パンを試作した時のもの。あ〜映像では伝えられないのが悔しいが、実にサンドイッチに向く食パンが出来たの!>

そんな色んな成果を試しているZOPF店長は、ただもっちり感を増させたかっただけじゃない事を珍しく力説しました。
弾力の良さがありながら、歯切れの良いサックリ感がハンバーガーの食べやすさも助けるし、ボリューム感も失わない、トータルした美味しさを生み出すんだ〜っと熱く語りました〜
きゃー素敵!(たまにはやるじゃないか?店長〜!!! )笑
実際にその違いを味わいながら、ナイスミドルは大きくうなずいて、大満足でお帰りになりました。

しかしながら、私は実際のところの『ポテト協会』さんはよく分かってなかったので、お話しを聞くにつれ『ポテト協会』さんのマーケットは超でかいようなので(有名なスナックポテトのほとんどを扱っているご様子だったし、扱っている商品の数量だって、何トン いや〜何百トンかもしれない)、それなのになぜ今リテイルに?その意味とは?=そんな困惑と疑心を感じてました。
たぶん(これはお仕事ですから、儲けや売れる商品の開発と言った使命があるのでしょうが)しっかり本質を突いた利用方法であったり、使用価値を見いだせた商品を見つけているのだと思いました。そう生活にしっかり根づくようなね。
そして、もしかしたら、いつの日か世の中のハンバーガーが全てポテト入りが主流になる日が来るのかもしれないし、高騰する小麦に変わりポテトが味と価格を助けてくれる日が来るのかもしれない。
な〜んて得意の妄想を膨らませ、その足がけになったなら面白いものだな〜っと思ったりしました。
by zopf-rie | 2008-11-08 12:59
元気色の花に魅せられて、自分も元気になって行こう〜
d0056067_9475146.jpg

しばらくぶりになってしまいました〜。

ちょっと旅に行ってました(嘘)。

本当はちょっと寝込んでました(笑)。

あ〜
情けない 

でも、もう元気になりました!

いろいろ報告やら〜話題やら〜
機会を逃してしまったですね。。
(>_<)く〜〜〜
ちょっと時期はずれもありますが、アップしちゃおうかな〜?
ご勘弁。

まずは★
久しぶりに お花のボールを作りました!

毎年ハロウィーンが終わって、クリスマス飾りを始めるまでのちょっとの期間、パン屋の裏ではクリスマスの準備に大忙しですが、そんな様子をおくびにも出さず(笑)、すましたような店先に似合う=すっきりスカットしたレモンイエローのフラワーボールです。

うひひひ

でも〜久しぶりで、腕が鈍ってました。
ちょいといびつダ〜ン(爆)
 
この道もまた精進なり。。。
by zopf-rie | 2008-11-08 10:16