時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2009年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
デリカシーそれは繊細さ
d0056067_1351328.jpg


先日、洗濯屋に行き服を数枚出したところ、急に受付のおばさんが笑い出し「この服全く同じのを、さっきも受けたわ〜〜同じ、同じ、ホントに全く同じよ〜」っとしつこく繰り返し、笑われてしまったのだった。
なんともデリカシーのない話しである。
私は顔が赤くなってしまったし、気の利いた返答も出来なかった。。
それにも全く気がつかず、おばさんは笑うのだった。
ヽ(*`Д´)ノ うっさいーーーーー

デリカシーとは持って生まれたものだろうか?
私はその後ずーっと考えた。
確かに、こういうたぐいのデリカシーの持ち合わせていない人には時折出会うものだ。でもはじめっから、持ってなかった訳ではないだろう。。。おばさんも昔は若かったはずだ★

看護婦をしていた頃、入院生活が長いお年寄りが、身なりに気を使わなくなり、ふせりがちになってしまう事が多々あった。発言も無作法になって、処置を受けようともしなくなったり精神的にもどうもすべてが悪い方に進みがちになって行くのだ。そんな時に、看護婦が髪や身なりを奇麗に整え、薄化粧を手伝ったり、がさがさになっていた手にクリームを付けるなんて些細な事を毎日きちんと手伝うだけで、また以前の様に鏡を覗き込み、恥じらいを持ったり、そして楽しそうにする様になったりする事があるのだ。
生きる元気が出たっていうのか、やっぱり刺激って必要だってことなんだと思うのね〜*

デリカシーとはちょっと違うかもしれないけれど、心を奇麗にしておくとか、いつも元気で居る為には、いつも自分を刺激的に生かす事が必要じゃないかと思った。

人への配慮を忘れない人間でいたいと、気をつける事。
優しい人間でいたいと思う事。
それだけで、かなり違って来る様に思う。

私は忘れないでいたいと強く思った日になった。
by zopf-rie | 2009-04-29 13:51
スイーツは私の原動力なり
d0056067_10562539.jpg


なんだか今日は、温かいのか寒いのか?解らなくって、寒がりの私は足下の50センチ四方ホットカーペットをつけて、仕事をしていました。
店長に「水虫になるぞっ★」って笑われながら。。。

いい天気ですね〜、でも部屋でひとり
今日も執筆活動に励んでいます!

そうしたら先日「もう出来上がりましたか?」との問い合わせあったようです。。
(T_T)ぎょおおお〜〜〜っと青くなった私でした〜
ごめんなさい、まだです(>_<)
あははは〜頑張ってますが、まだぁ無理ですぅぅぅ。
それでも〜パンのメニューのページは、なんとか終わったんですよ=300種類を書き込んだです!
いや〜〜長かった。
多かったよ〜。。
残すは、余談や雑談の部分なんですが、今回は「美味しいパンの見極め方」なんて特集も組んでみました。
それと「ライ麦パンの本」出版した事もあって、かなりライ麦の話しも充実出来るので、そんな話しも組み込んでいます。
なんで〜
かなりのボリュームになっています!

それにしても、執筆活動と言うのは地味でありますね。
ずーーーと ずううううううううううっっっーーと部屋にこもりきりです。
暗くなりそうです。。。(嘘)

でも〜
実はZOPFって良く差し入れが届くので〜(笑)私はそれで楽しくやっています〜
大好きな紅茶をちびちび飲みながらだと〜、よーーく作業が進むんですよ〜w
結構〜松戸の外れに居ながらにして、全国の話題の品を頂いているんですよ!!
もちろん「買って来て〜〜〜」っとお願いする事もありますが、それでも列んで購入して下さるなんて、私は愛以外の何ものでもないと、とても感謝しています。
「堂島ロール」「チョコかりんとう」「生キャラメル」「宮崎マンゴー」「バームクーヘン」「マフィン」etc.笑〜
ホントに世の中は魅力的ですよね〜〜*

写真はあの有名なリリエンベルグの「日向夏のクグロフ」です。
これも、頂き物です(笑)。とても美味しかったです。
生クリームを添えたら、もうもういくらでも食べちゃいそうでした〜自分を止めるのに苦労しましたよ〜
ぎゃははは

もう太ってもいいや〜〜頑張りますよ〜〜〜こうなったら頑張り切ってみせますよおお!
わお〜〜〜っ
(((ひとり机の上で雄叫ぶ)))
by zopf-rie | 2009-04-28 10:56
華やかに
d0056067_23213398.jpg


今日は晴れた!
朝、庭に出て、深呼吸をしながら、花を摘んだら〜花束が出来たの!

ZOPFの店先に飾った。

もう、気温が高くなって来てしまったので、特に西日の良く当たるZOPFの店先には、お花のボールは作れなくなっちゃったの。
秋までお預け〜、ちょっと寂しい。
by zopf-rie | 2009-04-26 23:21
繰り返す歴史を温かく見守りたい
お酒は怖いですね。。。。
身を滅ぼす、魔物がいますね。
身を律して生きる事は、人が社会で生きる為に必要なのでしょうね。

とは言え、若い頃は、飲んで失敗するものです。
私も若い頃は、よく大騒ぎをしては宴会部長と言われたものでした。ある時、店長がパン職人の修行中で湘南で一人暮らしをしていた頃、学生だった私は、休みが多いのでよくお泊まりに行っていました。ちょうど何かの打ち上げと重なり、お酒を飲んでから向かった事があり、電車に乗ったところ途中で酔いが激しく回ってきて、電車を飛び降りるはめになってしまったのです。夜も遅かったこともあり、その後電車がなかなかなく、長い時間ホームで待たされてしまい、たぶんうとうとと〜だらしなく無防備に寝ていたのでしょう、ベンチの隣の席のおじさんが、とんとんと叩き私にメモを渡してきたのです。そこには、、、「一寸一緒に遊ぼうか?」の文字が★!?  >まさしくナンパです!!  
とっところがお馬鹿な私は、この「一寸」の文字が読めず、「いっすん?」「いっすんって何???」となってしまい、「一寸法師か〜?」っとホームで叫びウダを巻いてしまったのでした。(遠い記憶しか残っていませんがっ、叫び巻くって他の誰かに「なんて読むの?」って聞いた様な記憶もあります)。もちろんおじさんは退散。
そこからどうやって辿り着いたのか、全く覚えはないのですが、気がつくと翌日で店長のアパートにおりました。
で★仕事から戻った店長に、そのメモを静かに出され、「これは何だ?!」っと、怒られたのを覚えています。。。。。
さらに そこで、「そう!これなんて読むの?」っと聞いて、さらに逆上させてしまったっけ(うひ笑
今思い出しても〜三行半ものですよね〜〜〜

社会人になってからはさすがに深酒は出来なくなりました。まあ加減もつかめて来ますしね。
あ〜こうやって、本当の大人になるんだな〜なんて感じがしたものです。(笑〜

昨日の歓送迎会でもつぶれた者は新人ばかりでしたね〜(笑)。翌日の昼過ぎになって「申し訳ありません」ってメールがやってきていましたが、大人になる勉強だな〜としみじみ思いました。
きっと良い大人のパン職人になってくれるでしょう!!
  私は楽しみにしたいと思いました。

d0056067_13493479.jpg


写真は昨晩、稚鮎のフライについてきた『アラカルトお塩』。可愛いピンクは、桜のお塩でした。
お寿司屋さんのカウンターは、女性には人気が低いのでしょうかね、板長さんがとても親切に説明して下さいました。気遣いが嬉しい一品と思いました。
by zopf-rie | 2009-04-24 13:49
d0056067_235351100.jpg

今日は歓送迎会!

ベロベロに飲みましたぁ~
by zopf-rie | 2009-04-22 23:53
店長、修行中なり
d0056067_17384645.jpg


年齢と言うものは恐ろしい。
以前と変わらない生活をしているのに、すぐに太る。
俗に言う「中年太り」でなのである。
昔はこんな事なかったのにな〜、特にいつも制限もせず酒飲みの店長は、その傾向が顕著だ。
私は第3次成長期などと名付けているけれど、あれが昔 ジャニーズ系だったとは、誰も信じてくれないだろう。。。。笑

いつからか朝起きると店長のベットの中央が沈み、シーツが中央に寄れている様になった。
重みからそんな現象が起こるのだろうと、見過ごしていたが、全く私のベットでは見られない現象で(私だって相当重いのに)とても不思議に思った。
違いについて良く考えると〜とにかく私は寝相が悪く、この年でベットから落ちるぐらいなんだ(笑)。それに比べ店長はまず動かない。いつも静かに寝ている。布団が落ちる事もない。
でも〜それも変だ!
正常な人間が動かない訳がない。私は気になって仕方なくなった。。すると店長の変な寝返りのし方に気がついたのだった!
なんと☆同じ位置で、器用に寝返りをうつの!!
身体をくっくってその場で回転させて、ベットの中央から位置をずらす事なく、店長は横向きになったり〜上を向いたりして動ごいていたんだ。
だから一見、動いていない様に見えるんだよね。
おおおお!
そうか〜だからシーツが中央で寄れるんだ。
 わかった〜!!!!  もう分かった瞬間に爆笑〜だった。
たぶん、身体の大きくなった店長は、ベットから落ちない為に、そんな技を体得したのであろう。
そう〜つくづく器用な人なのだ〜〜!
もうもう腹を抱えて笑ってしまうぅ(夜中に笑っていた私))))

しかし、優しい私は、今度は気の毒に思えてならなくなってしまった。。
不憫に思えて来てしまったのだ。。。。(笑っているけど)
仕方なく、、翌朝 「ベット買おうか?」って言ってしまった。

そして、先日ついに大きなベットを買いました。
もう部屋中ベットです(笑)。

 現在は寝返りをトレーニング中の店長。
ただ寝転んで横を向けばいいだけなのに「上手く出来ないんだよな〜」と悩んで、日々ベットの上で練習中。
なんでも器用な店長にも出来ない事があった!!
無性に愉快でならない私なのであ〜る〜〜〜笑
by zopf-rie | 2009-04-21 17:38
本能に打ち勝て
d0056067_155401.jpg


ストイックに生きたい私は、4日前から睡眠時間を毎日2時間ずつ削って、仕事を就寝前にもする様にした。
ところが2日過ぎたところで、疲労感が沸き この2日は早寝をしてしまった。。。

って〜〜〜ことは、
結局=もともこもないって〜事で☆今朝は店長に怒られた。
「いつも通りで居て下さい」と。
ふん! まったく〜私と言う人間が分かってない、っと〜口答えをしてみせたが、図星だけに余計腹が立っていた。

先日知り合いと、昼に懐石料理で楽しい時間を過ごした。
実に楽しく、好い時間を過ごしたのに、人間と言うのは欲の尽きない動物である。
とても美味しい和食だったのに、食べて数時間で無性にこってりしたものが食べたくなるのである。
あ〜悲しい。お腹が空いている訳でもないのに。。
我慢しようと思ったけれど、我慢すべきだと思ったけれど、やっぱり止められず。。。
R-Sバーガーを食べてしまった!(笑)
キャピ*
やっぱり「旨っ」なのであーる。

ストイックに生きたいけれど、やっぱり欲望には勝てない。。。
しかし、ストイックに生きると言う事は、煩悩すべてに勝たなければいけないんだ〜
まじまじと体重計が私に現実を告げる。
げーっ
by zopf-rie | 2009-04-21 15:54
ぼやぼやしていられない
d0056067_22415148.jpg


速報ですぅ〜〜〜

催事の話が決まりそうです〜〜

具体的にいつになるかは、「ZOPFの予定次第で〜」ですって?!

えええええ==???
そんな事許されるんでしょうか〜?! 焦りまくりです。
東京です!

でもまだ、未定ですから〜〜〜
by zopf-rie | 2009-04-18 22:41
黙々と続ける、いつか終わる日が来るさと
d0056067_15574490.jpg

これがさ〜
結構〜地味ぃーーーに、頑張っているのさっ☆

再び執筆活動に火が付いた私は、珍しく地道に作業を続けている訳だ。
=ZOPFのメニューを作っているところよ、この写真は!

あ〜昔からドリルは2日で飽きてしまうタイプだったのに、人間って代われるもんなんだな〜〜〜
ははははは〜〜偉そうに春日風に笑ってみよう〜

なーんて、かなり 自分を叱咤激励して頑張っていたりするけどねっ
(T_T)あ〜〜お尻が痛い、ペンだこが痛い、、、、へたれた独り言を連発中。。。
連休中は温泉宿でも書いていたんだよ〜(笑)

*面白い話しをひとつ!
今、スタッフが「草食系男子」の話しをしていた。
ZOPFのスタッフのM君がそうだとか、ちがうとか、、、
それを聞いた店長が「え!?Mはベジタリアンだったのか〜?!」って。
あ〜あ、店長ったら遅れてますね〜〜〜オヤジだな〜〜〜(笑)
by zopf-rie | 2009-04-18 15:57
穏やかに流れる時間に憧れ続けているのか
d0056067_20174965.jpg

2月の終わりぐらいから、取り組んでいたホームページのリニューアルが、暗礁に乗り上げた。

ま〜私の人生は、いつだって順調にいかないのが常だから、これもお約束なのかもしれないが、、、それにしても、4月に入り「これなら夏前に出来上がる!」って 手応えを感じていただけに、落胆は大きい。
今日は1日、その修正に明け暮れた。。。

この連休で、3キロも太った私だった、、が今日は食べ物が喉を通らず、前日まで「ホントに人間の細胞ってこんなに緩む事が出来るのか?!」って仰天していただけに、一転、今日1日 頭が痛み手先は震え、不整脈ばかり起こした。
しみじみ
人間の身体と言うのは、本当に『心』で成り立っているんだな〜と思った。
もちろん、打開策を考え、夜にはめどが立って、やっとホッとしたが、私にとって仕事がどれほど重大であるのかを思い知った1日にもなったと思う。

なんでそんなに動揺する事があるんだ?!ってたぶん人は思う事だろう。
きっと真横で仕事をしていた店長も、私の動揺は知らないだろう。
私にとってZOPFに起こる事すべての事は、1つにまとまって大きくうごめいているのを感じるから、些細な事も、全てがその動きを変えてしまい兼ねない恐怖にかられるのかも知れない。
いつもその調整に常に頭がぐるぐると働いていて、修正に動き回っていると言っても過言ではない。
例えば、取材を受けるパンをどれにしようか?とか、新商品がいつから店頭に並ぶのかとか、今日の釜番のスタッフが誰なのか、スタッフの体調は全員良いのか、今日の天気は、そしてそれこそ 店長がご機嫌でパンを作っているかって事までも、全てがぐるぐるに1つになって、今日のZOPFはどう動いているのか、またどう動いたらいいのか、どこに何をするべきかを、考えている。
 もしかしたら完璧主義者なのか!?って思うほど、バッカみたいに考えちゃうんだよね。
完全主義だなんて聞こえはいいけれど、本当はそこまでする必要なんて無いのかもしれない。店長が聞けば笑い飛ばされてしまうのだろうけれど、自分でさえ笑っちゃうほど全ての仕事に妥協とか出来なくて、予定通り順調に動かないと、ダメなんだよね。。。
ダメだ。
全く持ってダメな人間だ。。。
そんな不甲斐なさにも、本気で反省をした1日になった。


写真は、ほんの数日しか飾る事の出来なかった、100年前の貴重なお皿です。
実はもう落ちて粉々に割れてしまい、捨ててしまいました。。。。
形有るものはいつか壊れると言いますが、私はどうしてもアンティークが好きで、あっさりとは忘れられないでいます。心が残ってしかたないのです。
目に止まるような、派手やかさや細工の素晴らしさはありませんでしたが、ただただ眺めているだけで、なぜか心が満たされる不思議が私にはあったんですよね。
高価だからとか、誰が使っていた いつの時代の物だなんてうんちくはいらないんです、自分の年よりも古い時代から、大切にされて来た物が今ここにあるって事実に、私は敬意に似た思いを感じるんですよね。
こんな世の中だからかな〜笑
もう写真しか姿はありませんが、せめて眺めて愛でてあげて頂ければと思います。
by zopf-rie | 2009-04-17 20:17