時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
新年度が始まります!
すごーく忙しかった3月が、やっと今日で終わります。
(>_<)
ちょいと、頑張り過ぎました!(爆)

d0056067_1355889.jpg


さて、明日からついに4月です!!
ZOPFの新人も出揃い、また家族が増えた気分です。

そしてついに無休化の始まりです〜
スタッフのローテェーションはすでに始まっているので、新体制で動き始めました。
あちこちで居ない顔があったりと、ちょっと慣れない感じですが、居ない者の代わりが出来るようにならなければ無休化は成り立ちませんから、それぞれの仕事の幅が広がりスキルアップにもってこいの状況になっています。まさにそれが目指すところで、今この瞬間にも、ZOPFをさらに飛躍させているでしょう。

スタッフ一同、本当に〜本気で〜頑張っています!!

店長も激を飛ばしながら〜調整にぬかりがありません。
でも。。。「ちょっとあおり過ぎじゃない?」
心配して声をかけました。
すると茶目っ気いっぱいの顔で、こっそり振り返って笑ってました。
。。。ホントに しょうもない人だわ(笑)
by zopf-rie | 2010-03-31 13:35
見送り
d0056067_18391855.jpg

一昨日の深夜、携帯の音が鳴り響いた。
飛び起きて電話に出ると、実家の母が倒れたと言う知らせだった。
慌てて病院へ駆けつける。幸いにも少し体調を崩した事でめまいを起こし、廊下に座り込んでしまったというもので、特に大きな病気やケガではなかった。3日ほどで退院しても良いという。
体調を崩すほど何をしていたのかと聞けば、趣味で始めたパッチワークを根を詰めてやってしまったんだとか、、
「毎日日曜日のくせに何も焦ってやる事はないでしょう?!」あきれたように怒ったけれど、笑っていられる事を本当に良かったと思った。

今日は夕方に、明日は退院と判っているけれど、やっぱり心配で顔を見に立ち寄った。
たわいもない会話をしてすぐに仕事に戻ったが、駐車場でふと見上げると病院の廊下の窓に母の姿をみつけた。目立たない様に立っている。
そうなんだ、
いつも母はああいう人だ。
必ず、姿が見えなくなるまで見送ってくれる人なんだ。

小さい頃はそれが嬉しくって、何度も後ろを振り返って手を振ったものだった。
でもそのうちにそれは干渉されているようで〜面倒になって、道の角に家が建って良かったと悪態をついたりもしたっけ。
最近は「寒いから外へ出てこなくていいよ」と、ぴしゃりと玄関のドアを閉めてしまう事も多くなっていた。。。

駐車場はみぞれまじりの雨だったけれど、車の窓を全開にして乗り出して大きく手を振った。
母も手をあげてくれた。
駐車場のゲートをくぐる所で、もう1度見上げる事が出来そうだったけれど、なんだか目が潤んでゲートから車を出すので精一杯になってしまった。
by zopf-rie | 2010-03-29 18:39
前世を心配しつつ
歓送迎会を兼ねた『北京ダックを食べるぜ〜』の会は、
盛大に
そして 実に美味しく 終わりました!
d0056067_2215997.jpg


赤坂の繁華街にあるその店は、地下深くにあって、200人も収容できるすごーく広い活気に満ちたお店でした。
なにより怪しげで〜(笑)妙なネオンがいっぱい!
年若いスタッフは、もうそれだけでもうケタケタ笑って大騒ぎでした。

d0056067_2245567.jpg


前世はヨーロッパ人と信じている私なのに、このところ中華にハマり込み、北京ダックをはじめ山椒の強く利かせた料理ばかりを要望しています。。。
「辛れーーーは、美味い!」
「。。。。。あ〜旨い」
認めたくないと心配しつつ、中華の旨さに目覚めてしまった今日この頃。
実に美味しい良い会でした!(笑)
by zopf-rie | 2010-03-26 22:19
明日は最後の定休日
今日はまた冬に逆戻りしたようですね。
それに雨降りで、お店も活気がでなくて〜淋しいです。
パンを焼き過ぎない注意報発令中です(笑)。

d0056067_1604750.jpg


4月からの無休化を前に、明日は最後の定休日になります。
全員で揃って何かを出来るのも最後かもしれないので、L'ZOPFの円庭でBBQの予定でした。
でも あいにくの雨模様の様、、残念★
急きょ「北京ダックを食べよう!」会に変えることになりました!(爆

こういう時の店長の切り替えの早さは素晴らしいです。
そして驚くばかりの段取りの良さで、総勢40名の行き先を決めました。
来週には、この春の新人も揃って入社して来るので、もうようよう追い込みです。
一丸となって頑張る時が、ついに来た感じです!
緊張しますぅーーーーーー!

しかし、未だ店長と私の休みは決まらず、、、
「一体いつ休んだらいいんだろう?」ぼそっとこぼすと
「いつ休んでもいいってことじゃない〜」っと店長
Σ( ̄□ ̄)!
やっぱ究極のお気楽人間だわ★ 
by zopf-rie | 2010-03-24 16:37
今日は
d0056067_213214.jpg



ZOPFの

卒業式でした。





家族同様にやって来た皆が、笑顔になれる今日は、とてもいい日でした。

「お疲れさまでした!」

彼はドイツへ行きます。


d0056067_21353391.jpg


口べたの甘ったれで〜不器用な性格の彼でした。
時々上手に気持ちが伝えられず、同僚とぶつかってしまう事もありましたが、お母様が倒れた時、心配で心配で仕事が手につかず、涙ぐんで部屋に入って来たあなたは、本当は真面目にいろな事に向かい合っているピュアな心の持ち主と分かりました。
仕事では、パンを焦がしてばかりの時期が長くありました。店長は寝言であなたの名前を呼んだほどで、(今だから言いますけどね)悩みの種って時もありました。苦労しました。笑
今はすっかり上達して、皆から慕われる兄貴分に成ってくれました。
皆からのこの笑顔こそが、あなたの力の証明ですよ。
これから大海へ出て進むには、あなた自身のその蓄えた力で切り開いて行くしかありません。
自信を持って頑張れ〜!!
by zopf-rie | 2010-03-20 22:15
ロマンチスト
d0056067_16431974.jpg

先日、10年来の常連の方々と飲み会をしておりました。
時に触れ折に触れあれこれと交流して来た方々でしたが、どうしても私が店長の言いなりになっているのかが解らないと言い出し、理由をぜひ聞きたいと言うのです。
私は驚いてしまいました。
ぎゃはは
だってこの私のどこが「言いなりなの?」って呆れて思うからです。
あまり驚き過ぎちゃって、とっさに気の利いた返答が出来ませんでした。まるで良妻賢母とでも言いたい様子だったからです。
「泳がしたらよく泳ぐパン職人(ZOPF店長)だから泳がせておくに限るじゃない?」っと言ってしまうと、「なぜ泳がすんですが?」と問いつめは止まりません。とにかく不思議で疑問でならない様なのですね。(まーこれで世のみなさんが店長の勝手ぶりをよくご存知という事が解りましたが〜笑)
「いっぱいパンを焼くじゃない」と、またとっさに答えてしまうと、「それは結局儲かるってことで、お金の為ってことですね」っと、結局 結論付けてしまいました。
「へっ?!」頭の悪い私は、そう言う事になっちゃうのか。。。。と消沈して家に戻ったのですが、5日経っても納得はいかず、今朝になり「そんな難しい事じゃないんだよな〜ただ楽しく暮らしているだけなんだけどな〜」って分り、かなり答えが遅かったですがやっと言葉に出来ました。
簡単な事だったんですが、言葉にするのが難しかったんでした。

「夢は?」こう聞くと、最近は子供でも「安定した老後が送れる幸せ」と答えるそうですが、夢っていうのは最終の結果だけではないと思います。私は「どうやって生きていくのか?」って過程でもあるんだと思うんです。
パン職人がパンを焼くを、収入の為とだけ言ったらそうなんでしょう。それは医者や看護婦のように聖職と言われる職業だって同じなのでしょう。ても気持ちの問題ってものが、そこにはあるんだと思うんですよ。
収入だけで選んでいる訳では無いって部分が、大切なんだと思います。

それに「これが幸せなの?」とか「これで幸せになれるのか?」とか、突き詰め過ぎたら〜ロマンや楽しさって無くならないかな〜って思いがします。
最近の人は、結果ばかりに気をもんでいるように思えます。
ほらさCMの「幸せ〜ってなんだけなんだっけ?」では無いですが、なんだかふっとした時に思い出したらいいぐらいの事のほうがいいんじゃないでしょうかね?笑

私を知っている人は、私ほどゴウツクでワガママな奴はいないと言います。その上、早起きの苦手なパン屋の嫁ですし、家事一切を放棄して仕事ばかりしているロクデナシの母です。息子達は最近では私がキッチンに立つと「無理するな」と言うほどです。かなり家族には我慢してもらっている部分が多くありますね。
でも家族もそして店長もほどほどのところで了解してくれているようですし、特に店長は、共に生きていくパートナーとして(選んじゃった訳ですし〜選ばれちゃった訳ですから〜)ふたりで楽しく生きていくのがいいのだと共感し、あきらめているんだと思います。笑
もしかしたら究極の楽天家なのかもしれません。ふたりとも。
「楽しく生きるだけ」なんて言うと、カッコ付けた事を言っちゃって〜って思うでしょうが、じゃあ「もっとパンを焼いてくれないと儲からないじゃないか!もっと焼け焼け」なんて言ったら、つまらないと解っているだけですよ。

そう先日、また違うとある友人ご夫婦と一緒に飲んでおりましたら〜お酒が回って来たのか奥様が、旦那様の愚痴をこぼしはじめ止まらなくなってしまう一幕がありました。
旦那さんは黙ってそれを聞いていたのですが、罵られるばかりで可哀想でならなくなりました。「家でもこうなの?」とそっと聞くと「毎日ね」とぼそっとこぼしたので、気の毒だな〜っと思いました。でも毎日こんなにストレスを貯めている奥様も気の毒に思いました。
「一緒に頑張ってみたらいいのに〜」私は奥様に提案してみました。ところが「男は女を幸せにするものでしょ〜」っと言って賛同は得られませんでした。
でもその時に、私の中には「誰かに何かをしてもらおう」という意識が無いことに気がつきました。依存心があまり無いといいますか〜よく言えば自立心に富む?悪く言えば〜可愛げが無いのでしょうね。そっちに近いですね。
友人は罵られても、そんな奥様が可愛いのだと言うのですから、これは人それぞれなのでしょう〜笑

なので、私は私なりにのびのび日々暮らしていますので、「言いなり」と見る方もいらっしゃるでしょうが〜結構これで楽しんです。私の生き方は、理解出来ないのかも知れないなーと思いしました。
でも今度聞かれたら、「私はロマンチストなんです」きっとこう言ってみせようと思っています。
by zopf-rie | 2010-03-20 16:50
 3/28 朝市
d0056067_14152133.jpg


また「スローコーヒー」さんから、朝市のお知らせを頂きました。

先月は残念ながら雨の為中止になってしまったそうですが、毎月最後の日曜日に開催していく事になったそうです〜!わーお!!

ご案内をZOPFにも貼っておきます。
(チラシもR'ZOPFカフェに用意して下さいましたので、ぜひどうぞ〜)

朝取り無農薬野菜
焼きたてマフィン
オーガニックコーヒーの試飲会 や無添加のドックフードの販売やワンちゃんと一緒に来店の方にはプレゼントなどもあるそうです。
by zopf-rie | 2010-03-20 14:15
忙しさに拍車がかかる〜ぅ
取材ラッシュです☆

どーしたんでしょうかーっ?!

どこかで、誰かが号令でもかけたのかなぁ〜??(笑)

d0056067_16192678.jpg


噂というのは、当事者が聞いて驚くものがありますね、「根も葉もない」だったり「火の無いところに煙は立たぬ」もあるでしょ。
もちろん、話には背びれ尾びれがついて、拡大して行くのが世の常だと思うので〜あまり怒ったりしませんが、今日はまた面白い噂を知りました。

L'ZOPFの事。
何て呼ばれているか? なんです。

何だと思います〜?
ちょっと考えてみてみて〜!!

ご近所のおばーちゃんたちが呼んでいるそうです。


答えは=
  『あんパン御殿』 だそーです。


きゃはははは

 
  **そのL'ZOPFからのお知らせ**(笑)

本日3/15(月)21時からは、
 4月分のL'ZOPF講習会の予約受付けです。
   宜しくお願いしまーす!

全国から本当に多数のお申し込みを頂き、店長共々心より感謝しております。
毎回システムがパンク寸前になるほどのご好評であり、システムエンジニアと震えながらその様子を見守っております。
お申し込み時に動きに不具合を感じる場合があるかもしれませんが、アクセスの集中によるもので、緩慢になってもどうにか頑張って受付をして行きますので、ひと呼吸おいてからお申し込み頂くなど、どうぞお付き合い頂けますと助かります。
ご理解とご協力をどうぞ宜しくお願いします。

また最近とてもキャンセルが増えています。
なので「キャンセル待ち」がとても有効です!!
お申し込みにはずれても、キャンセル待ちにお申し込み頂いていれば、キャンセルが出る度にチャンスが巡って来ます。
お申し込みを逃してしまった時は、ぜひ「キャンセル待ち」をお申し込み下さい!!
宜しくお願い致します。
by zopf-rie | 2010-03-15 16:19
準備着々*
今月のハードスケジュールに、へばり気味のふたりです。

d0056067_872626.jpg

息切れしはじめました〜〜
(笑)

ぎゃはは

さてこの春
ZOPFは無休化を導入し気分も一新されると思いますが、それに合わせZOPF改造を色々とすすめています♪

前回紹介したR'ZOPFカフェの食器類のチェンジもですが〜

カフェには、新しい机を入れました!!

「落ち着く」と人気も高っかった1番奥の壁向きの席ですが、少し大きめの机に変更したのです。
時々どうしてもお席が足らなくなってしまう事があるので、3席にも(無理すれば〜4席も?)出来るサイズに替えました。
OPEN当初から親しんで来た机を外してしまうのは、ちょっと淋しかったですが、机には新しい行き場をきっと探してあげようと心に誓い(笑)、この机にバトンタッチさせました。
また新しいお席で、楽しいひとときが過ごせますように願っています。

d0056067_8475075.jpg


性懲りも無く=今週の『花のボール』ですww

新芽の季節らしく〜緑を沢山含んだボールにしてみました!
(決して花をケチった訳ではありません)笑
なんと☆華道で使う枝ものの新芽の部分だけを分けとって、挿してみましたよ。初の試みでっす。
水を吸収してくれて、花を咲かせてくれるのか〜〜うひょードキドキ!
上手く行けば小さな白い花が咲くかもです。
by zopf-rie | 2010-03-13 08:59
浮かれ頭の春 到来近し!
なんだか冬に逆戻りの寒空ですが、もう春はそこまで来ていますよ=!!
さて、春と言えば「恋の季節」ですぅ〜

「愛」の次ぎは、「恋」の話しか? 年甲斐も無く〜っと、引かないで下さい!(笑)
なにも男女の仲だけの話しではありませんよ。何かに夢中になる憧れや熱中する「恋心」ですよ〜ん。
浮き浮きしてくるでしょ〜? 春って♪(笑)

d0056067_14563134.jpg

あの有名なディズニー映画『バンビ』の中で、春になると動物達が恋に落ちてしまうのを、面白おかしく描がいていましたね。
いわゆる「発情期」の表現ですが、子供向けの映画では意味が分からないでしょうから〜物知りのフクロウじいさんが「うかれ頭になったのじゃ」とか言って説明をしていたはずです。春になると、この病気にかかるような内容でした。
最近になって脳科学の分野が取りざたされてきて、どうもこの恋と言うものは本当に脳の機能を狂わせてしまう事が明らかになったそうですよ。脳が震えちゃってるとか言ってました。まさに「うかれた脳みそ」になっちゃうんだそうです。
ほら「あばたもえくぼ」というのがありますよね、そう言う現象を実際に起こすそうなんです。
そしてね、そうでないとダメなんだと説明していました。そう、恋しないとダメって意味なんですって。あまりシビアで冷静のままだと、なかなか恋に落ちないでしょ?それだと〜種の保存が難しくなっちゃうんですって。ぎゃははは、結局そこ?って話しなんですが、でも生き物は恋しやすく そして恋するように出来ているんですって。
そうして生きていくモノなんですって。
あ〜以前、「不倫は文化」なんて言った俳優がいましたが、、、。それはちょっと違うとしても。

「恋」は、不思議なパワーを生みだしますよね?勇気だったり、元気だったり。
これまた、それらは立証されていて、幸福感=達成感みたいなものが、恋によってもたらされるようですよ〜。
青春時代は懐かしいし〜いい思い出として残っているじゃないですか?色んな事に熱中した思い出ありますよね?「恋」するってことは、正常だという事だし、良い事だと言うのです!これって生態学的にもですね(笑)。

ところが最近は草食系に代表される、無気力型が多く、差し障り無く無難に生きるのが得策みたいな風潮があります。
そう言えば何かのCMで、老婆が「私が恋をしたらおかしい?」と問いかける場面がありましたね?
あれはとても考えさせられましたね。年齢や世間体みたいなもので、元気でいる事を否定されるのは、おかしな話しです。
それと、最近 気に触っているのが〜「生きる事はくすむこと」とか言う、美白の宣伝。
(あれって何ですかね〜ムカつきませんか?ホント最近のCMは、恐怖心を植え付けるような画像とか言葉を多く使い)インパクトを求めているのかも知れませんが、年老いた人は=くすんでいる=汚い みたいな印象だし、生きている事が前向きに感じられないじゃ無いですかね。嫌な感じです。
以前にも、皇后様が「年寄りを寿いで欲しい」とおっしゃられた事を書きましたが、年老いた者をお荷物のような捉え方は、いけないと思いますね。
美しい盛りの若者や元気な者以外は偉くないような〜生きている価値がないような、風潮はすごくおかしいな〜っと思います。今は働けなくても、若い頃は元気に自分たちを支えた人々なのにね。
また(少し話しがそれますが)家電の洗濯機で、点字の表示は付いているものの細かい温度の設定だったり具体的な数値の調整はデジタル表記で調節する様になっていて、結局 目の不自由な方には使えない仕組みなんだと訴えているニュースを観ました。
驚きました〜これだけ誰にでも優しい社会だの、エコだの騒いでいる、今=現代で、現実はまだまだこんなお粗末なもんなんですね。追いついていないのですよ。
これじゃ〜やっぱり健常者の社会だし、元気な者が中心の世界なんですよね。
そうなると、差別や格差は、当たり前の社会のままですよね。いやもっとひどく進むようにさえ思えますね。

で、何が言いたいかと言いますと♪
ナマ遼君を観たいから、ゴルフを習うでもいいでしょう。
痩せたいから、ハワイアンダンスを習うもいいでしょう。
もちろん、賢くなる為に英会話を習うもいいでしょう。

でもさほど大層な理由なんか無くてもいいから〜せっかくの春っ*うかれ頭になって、何かに熱中したいと思いませんか?!
熱中する事を、若者だけの特権にしておいてはいけないです!
あ〜〜〜↑この発言こそが、年寄りのひがみみたいだけど、、、、、、
ヽ(*`Д´)ノ  ちがわーい

人生の練れた大人として、優雅にしとやかに、もちろんやや密やかにでも〜
恋をして夢中になりましょうよ〜
そう、やりこなしてみせませんか。 ふふっふ

     ねえ、皆さん!!
  春ですから、恋をしましょうよ〜。

d0056067_1503378.jpg


今日 私は、新しい食器をどれにしようか〜考えていました!
カフェの食器を入れ変えようと思うの。
これらは、私の惚れんこんだドイツの食器なんです〜
どうです? 何だかワクワクしますよね〜♪♪
さ〜どれにしよう?!
by zopf-rie | 2010-03-09 15:25