時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2010年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
マニアックな楽しみ方入門
d0056067_912169.jpg

ごちゃ
ごちゃ〜っとしたカウンターの正面。

店長に「もっと奇麗にしたら〜?」って言われそうだけど、賑やかで何か舞台のように感じない?!
ドラマが生まれそうな感じが、私は好き♪

ここに立つと女優にでも成ったつもりになれるぅ〜それもまた好きです。
激しい思い込みですけど=(爆)。
優雅に、しとやかに、踊るように、この雰囲気に流れていたいと思うの。

d0056067_9141450.jpg

 カウンター
しっかりした丈夫な角材を並べて造った。

この6年で、やや反って 手前に下がって来ましたね〜
 うふふっ
それもまた味があるかな〜っと思って見ています。

コップが滑り落ちてしまうようになるのと、私がカフェに立てなくなる日のどちらが早いか?そんな風に考えて笑うんです。



d0056067_9211446.jpg

フロアにある長い机とこの四角い机は、フロアに見合った大きさの机がアンティークでは探し出せなくて、仕方なくイギリスで作ってもらったもの。
細工が容易で安価なパイン材で造った机だけれど、当時 日本ではこのテーブルトップの厚みと足の重厚さを出せるところが見つからなかった。
船賃と搬入費用の方がお高くなってしまった笑い話し付きのテーブル。

6年経っても全く問題が無いその見事な出来上がりっぷりは、今更ながらこの机にして良かった!と思います。惚れ込んでるん♪

d0056067_1449558.jpg

初公開のカウンターの中。
これまた店長に怒られそうにごちゃごちゃしている。
やばっ(笑)
でもさ〜男性陣には分からない小道具がカフェには必要なんだって!☆

ここのポイントは、梁(はり)に隠れたスポットライト。
カウンターにお座りのお客様には、まぶしくないように〜それでいて作業をするスタッフの手元はきちんと光が届くように設計したの。
いい感じでしょ〜w
で、この梁。良い樹を見繕ってもらい はわせたんだけどね、こちらも樹が動いていて少しずつ軸がずれて来ているの!! 回転しているのだ=
ぎゃはははー 面白い!! 時々見ては笑っている。
もちろんちゃんと危険が無いか大工さんには見てもらっているからご安心を〜

d0056067_153785.jpg

梁と言えば、階段にも2本の梁がある。

下から見上げた時は、ワクワクするように。
上から見た時は、その梁の厚みと木肌が見事に見えるように、はめ込んだもの。
でもね〜 はりぼてじゃー無いの!
組み込む時、しっかり母体のZOPFに取り付けたので、店長が乗っても大丈夫でっす!
ときどきハシゴをかけて、電球を取り替えたりしてるけれど〜自己満足の梁なのです。

d0056067_1561078.jpg

で、この階段の1番下には、菱形の窓付きドアがある。
閉まっている事はあまり無いので、良くご覧になった事、無いかと思いますが。
このガラスは「ブルズアイ」と呼ばれる希少なものなのだ。

溶けたガラスを風船のように膨らませる技法をご存知と思いますが、それで造ったガラスをはめ込んである。最後にガラスをボッキと落としてた様子が、ど真ん中にうかがえる、なんとも切りっぱなしなの!
粗雑な造りな訳ですが〜そこが魅力のガラスと言う訳。
逆に言えば、こんな製法で窓ガラスは作らないですよね。適さないじゃない? 
それをあえてはめ込んでいるところが味噌って訳なんですって。(笑)
だから、もしこのガラスが割れてしまったら〜このドアには一文の価値も無いとまで言われている。今も元気で健在を喜んでいるドアです。

このように、カフェには色々な思い込みとこだわりを入れて造りました。
それらを見渡しながら、ひとりニヤニヤ〜っとしている、かなり病気チックな私ですが、宜しかったら、ご一緒にカウンターが反ってコップが滑り落ちるのを楽しみましょう〜!
  なんちゃって〜♪
by zopf-rie | 2010-05-30 16:06
出ない声は何を意味するのか
d0056067_11203021.jpg

このところ
声が出ないで
困っている。


昔、友人が「言いたい事を我慢していると、声がかれたりするのよ」っと教えてくれたが、これ以上 毒吐きの私が我慢している話などないだろうにと思う。。。

先日も偶然お会いしたパン屋のご主人に「暗い」などと毒ついてしまったばかり、、いやはや申し訳ない限りでした。。

でも、私の毒は愛があると信じている!
元気を出して欲しい時、
何かに気がついて欲しかったりする時、はっきりと伝えなきゃって思うから、つい強い言葉になってしまうのね、
 あ。。自分ではそう思っているってだけなんですけどね。(笑)

そんなものだから〜ZOPFのスタッフは、始終毒を吐き捲くられている。毎日のようにね。
でも誰も煙い顔ひとつしないのよ!
どんだけドMなんでしょ?!って〜(大笑))))

でもさ、社会人になって親元も離れ社会にぽつんと立った時、本当に親身になって注意を促してくれたり、怒ってくれる人って数少ないもの。
そりゃ〜言われたら腹だたしい事もあるかもしれないけれど、「顔色が悪い」「身なりが乱れてきている」だけの声がけでも、役に立つ時も多い。
特に卒業間近のスタッフになれば、一言一言が骨身に染みるらしく、調子良くも「言いたいだけ言って欲しい」などとせがむ有様。(笑)

偉そうに言っても良いのかな〜と内心は思いつつ、「ここから有料〜」っと更に毒を吐いてみたりする。

もしやこれは、自分の毒に当たったのかしら?
  たまには反省したりしてみようか。
by zopf-rie | 2010-05-29 11:20
ドアについて語り出すと止まらないのよ=
ドアと言えば〜カフェには他にも色々ドアがあって、全部にすごい思い入れがある(笑)

d0056067_8542143.jpg

たぶん、ご利用頂いた方には
「なんじゃこりゃ?」っと思われているであろう
トイレのドア

なんと言っても〜


鍵が鍵で回す鍵のところ。(笑)



たぶん初めてご利用の時は、どうやって鍵を閉めていいやら迷われてしまったでしょうね。
もし急いでいた時なら「分んないじゃないかー」とか「めんどくさいよー」とか、不評だったかも知れません(笑)。
でもご利用後
「面白かった!」感想を頂く事が、とても多いドアです!
Z店長もこの鍵が大好きで〜ノリノリ*
「カッチャンって回した時の響きがいいー」のだそうです。
開店以来ずーっとこのスタイルでやって来ています。

1度、この鍵が行方不明になってしまう出来事がありました。
大騒ぎになりました。急きょ市販の鍵を付けて営業を続けましたが、昨日そう言えば何度もトイレを出入りしていた男の子がいた事を思い出し、もしやと目星をつけたのでした。そして待つ事数ヶ月、またお越しになった時お父様に声をかけてみたのです。そうしたら家から見つけ出してくれて無事返して頂いたと言う〜なんとも奇跡的なエピソードがあります。
今思い出しても、本当に奇跡です! いや〜それだけ私の執着が強かったのか、、、、こわ〜い話かも知れませんが。。(笑)

d0056067_952830.jpg

他にこのドアには、裏と表で表情が全く違う不思議さがあります。

木肌がよく見えるよう〜フラッシュ写真にしてみましたが、ベルベットの様な触り心地と光沢すらあるのです。

ぜひ触ってみて頂きたい!

外側は、まるで毛皮のように滑らかで温かい木肌をしていて〜内側(トイレ中側)は、普通につるつる。
どうしたらこんな造りにつくれるのか、未だ解明していません。


d0056067_9153170.jpg

そしてこのドアは、フロア隅にある隠し部屋へのドア。
トイレドアと間違えて、開けてしまった事も多いかもしれません。

このドアと共通なのは、上部をくり抜いてガラスをはめ込んだ事なのですが、これはドアを日本に持ち込んでから、日本の職人さんに加工してもらいました。
くすんだ深緑いろがなんとも美しくって、衝動買いしてしまったガラスがありましてね。。ガラス1枚、私はあてもなく買ってしまったんです(笑)、なのでそれが丁度いいと埋め込んでもらいました。
惚れ込んだ100年前のビクトリアガラスなんです。
表面の凹凸に汚れがあります。これが落としたくても落とせない100年分の味でして〜
(手抜きの汚れではなのです!)

鍵を回す手間とか、年月で染み込んだくすみとか、一見すれば不便で汚いだけと思われそうですがね、こんなとこが アンティークを楽しむところでしてね。。汚れを見て微笑むんです。
カフェは、こんな楽しみをひっそりと持たせて、楽しんでいる空間です。
by zopf-rie | 2010-05-27 09:55
カフェのドア
重厚な造りと面白いデザインのステンドガラス
そして、なぜかしっかりした木枠まであしらってある。(ちょっと珍しいでしょ?)
 そこに惚れたドア。
d0056067_1529417.jpg


イギリスからのネットを使い、探し当てた。
便利な世の中だな〜と思った。

ところが「これー!」っと叫んで、ZOPFのカフェの扉になるまでに約半年もかかった。
船はのんびりしたものだから。
このギャップもまた、面白かった。
そして、その間 ずーっとここにはドアが無くって、ベニヤ板で過ごしたの。(笑)それも今ではいい思い出になっている。

カフェの始まりは、このドアからでした。
by zopf-rie | 2010-05-26 15:40
見逃すべきか〜見過ごすべきか
4月は無休化の導入に新人の入社。
5月はゴールデンウィークに上海出張。
 と、忙し続きを見越して〜 
外からやってくる仕事をセーブしていたので、そろそろ色んなお仕事が待ってましたと動き始めました。

d0056067_2129517.jpg


同じ様にZOPF店長も、なんだか もりもり元気を出して来て〜
昨日は急に「展示会に行く」と言い出し〜スタッフを集め、東京タワーの足下まで繰り出したり。
今日は夏から続く外部講習会の詳細をガシガシと取り決めたり〜 パワフルー!
くっついている私は(@_@)ぐるぐるしちゃいましたぁ。。。

さらに〜店長ったら、今日は公言夜遊びだとかで=
なんと堂々ホテルまで取って「お・と・ま・り」よ=!!!!!

    うわ〜お!?
もしや、、、銀座のママかしらーーーー?!?!

 展開やいかにーーーーぎゃははは(爆)))
by zopf-rie | 2010-05-25 21:49
カミングアウト?!
急にカフェのスタッフが
「お客様がお呼びでーす」と言うので、慌ててフロアへ出て行くと、かなり以前に良く通って下さっていたお客様が懐かしそうにお見えでした。
と・ ところが、、、
開口1番
「りえさん〜どうしたんですか〜?女っぷり下がってますよ〜」っと言うではないですか=
ヽ(*`Д´)ノ おんどりゃ〜〜〜ぁ ーーーーーーー!!!!!
「ひっ久しぶりに会って、1発目がそれかよー!」
思いっきり昔に戻って言い返していました。(爆)

d0056067_104401.jpg
ひどい話しです。

凹みますよ。

でも、もうすぐ10年ですから〜
そりゃ〜
女っぷりだってそろそろガタつきますよね。。
無理があるんです(爆)

d0056067_10471415.jpg

でもね、内心 
「あ〜やっぱりバレちゃうもんだな〜」っと思いました。



というのも、実は、、、
最近、、、、、、、
「つまんないなー」 (T^T)と
 思う事が増えたのですよ、 私。

もちろん、暇でもないし〜逆に燃え尽きちゃった訳でもないっと思うんですよ。
仕事は変らず楽しいですし〜、一層色んな事を抱え込んでやっています。

でもでもーなんだかーーー 
タレントの「マツコデラックス」さんに、すごく憧れている自分が居るのーー☆

すごく好きなの♪ 目が離せないの♪
  あの ふくよかさ〜〜
  あの のびのび生きている様〜〜 好きだわ〜

そんな自分を分析すると、ストイックに生きるのに疲れて来たのかな〜私?って
だってねぇ、よりにもよってオカマだし?!・・・ Σ( ̄□ ̄)!  

真剣に今後を考えてみなければいけないと思います。。

追記:女っぷり改善の為に、高級化粧品の購入に走りましたーーー!
  「女の顔は領収書」そう言ったもんね〜店長っ!(≧∀≦)(うひっ)
by zopf-rie | 2010-05-24 11:56
にぎやかにL'
バラが咲いた〜♪
  バラが咲いた〜〜♪

d0056067_922693.jpg


やっと、1番のお気に入りの薔薇が咲きました。

d0056067_9233543.jpg

去年は1番咲きを虫にやられ、泣く泣く花芽を全部切り落としましたが、今年はその悔しさから虫除けの薬をかけ過ぎてしまって、花芽が萎縮。
開花が1番最後になってしまいました。
(T_T)ショック

過保護は良くないですね。。

あ〜本当に難しい。


でもでも〜
L'ZOPFが出来て3回目の春、年々 花付きも多くなって〜
今年もまた咲いてくれて嬉しいでーす♪


d0056067_10381886.jpg

毎朝 相手が大変だったクレマチスも咲き始めました。

寒い日が多かったからか、なかなか花びらを広げてくれず、☆みたいな型の刺々しい咲き方だったんでが、やっと大きく開き 安心しました。
(写真の奥にまだ花びらが開いてないままに咲いているのが小さく見えると思います。ずーっとそうやって咲いていたんです)。

そして
小道の脇にはすでにひまわりが開花、、、
☆(>_<)はやっ

ちょっと早く咲き過ぎました〜(笑)

で、
このひまわり、よく見るとみんなしてそっぽ向いているんですよね。。。。。

d0056067_10464135.jpg

ほら

外見ているでしょ?



どうやら、隣家の左側からこぼれて来る朝日に向かっているようです(笑)

面白いな〜
生き物ってって思いますね。

あー
もちろん!麦もまだ元気に育っていますよ〜〜
こうなったら収穫して、絶対パンを作ってみせますね! キャピ♪

d0056067_1052378.jpg

by zopf-rie | 2010-05-23 11:01
やっぱり疲れて帰宅
しばらくぶりになりました。
別居してました。
   なーんちゃって☆(笑)

店長の出張疲れを癒す名目で(全然疲れちゃ〜ないと思うけれど。。)
連休を頂きまして〜
今回はゆっく〜り 温泉に行ってきました!

d0056067_18551961.jpg

誘い文句は
「つつじを見に行こう!」
です。
(本気で調子のいい店長です。。)笑





色鮮やかな野生のつつじが山中に咲いていて、それは見事でした!
(私はこれで大満足でした。本当にぃーー))


しかし〜〜
やっぱりZ店長です、、、、
ただすみませんでした。。。


翌日、早起きをして早々に宿を出発すると、車でギューンギューン山道を登ったかと思ったら
(冷や汗が流れるほど、車酔いさせられましたヨン)大泣

なんだか開けた山の頂きに到着、(いやな予感。。)
山を登ると言い出して。。。

d0056067_18572443.jpg

火山の噴火口を観に
連れて行かれました。。。

ご機嫌で携帯で写真を撮る店長。

手元の左に広がるのが「湯釜」と呼ばれる噴火口で、ペパーミントグリーンの湖面です。
そして周囲には、まだ雪が残っていました。
(寒いのーーーー☆)

かなりぜーぜーしながら店長も登っていましたが、
(「登ろう!」と言う割りにすぐにくじけていて、情けないの 笑)
わずか40〜50分の登山でも達成感がありました!

世界で最も最も強い酸性湖だそーです。
 へーへーへーへーーーーーー
硫黄でいっぱいなんですって☆
(どーりで臭い訳ですぅーー)

すごくいい天気で、すっかり日焼けしてしまいました。
昨日のエステが全くの無駄に終わった私なのでした。。。。
 ちゃんちゃん

  上信越高原国立公園/草津白根山火口
by zopf-rie | 2010-05-21 20:25
負けるものか
今年もZOPFの守り神?の葡萄が元気に育っています。
そろそろ、花が咲きます。
 今年も大収穫が望めそうかな〜 (笑)

d0056067_1191991.jpg


店長が上海出張から戻って来ました。
ベーカリーチャイナも兼ねて技術指導の出張だったのですが、ちゃっかり上海万博も行ったようで〜珍しいお土産を色々と買って来てくれました。
まっ私の気苦労など取るにたらないご様子です。。

あれこれ留守の間の報告をすると「日本に帰って来たとたんうるさい」とか言いやがりました★
 ヽ(*`Д´)ノ 別居ダーーッ 
 
by zopf-rie | 2010-05-16 11:25
先が見越せないのが人生っすよ
d0056067_11354792.jpg

先日、お笑い番組を見ていたら、陶芸家に弟子入りを申し込む場面というネタを、面白おかしくやっていました。




1番笑いを誘ったのが、この言葉。

「先生の作品を見て、これなら自分でも出来ると思ったんです!」

思わずぷーっと笑っちゃいました。
でも
「どこかで聞いたみたい?」 とハッとしたのでした。

そうなんです、最近就職の面接をしていると、似たようなフレーズをよく聞くようになったのです。

私 :「どうしてZOPFを希望したの?」
若者:「ZOPFくらいのパン屋なら、自分にも出来そうだと思ったんです!」
私 :  ・・・ Σ( ̄□ ̄);

ビックリしちゃうかも知れませんがね〜これ実際のお話しです。
あっ別に悪気ないのです、、本人すごーく正直に語っているだけで、馬鹿にしているつもりも全く無いのです。
天真爛漫ですよね。
私は、怒りませんよ。
それより返って採用したい気持ちで一杯になります。(←ちょっと恐い?!)w
現に5年前こう言って採用された者が居ます。
今も元気に働いていますので、そのスタッフには「どうよ?」って聞いてみます、すると「もうその話しは忘れて下さい」って苦笑いしますがね。(笑)

就職前に、その職業を正しく判断するのは、難しいと思います。
特に若い子であれば、自立して社会で生きて行く事すらよく分ってないでしょうから〜ナメタ事を言うものでしょう。私はぜんぜん許せるのです。(私も若い頃〜相当ナメテましたから〜(笑)
でもね
文句が言いたいのはそこじゃないんです。「自分に出来そうだから」って部分なんですよ!
目標が低いのです。
無理はしない世代と言うか〜、先を見越した事、先が見越せる事しかチャレンジしないっていうか〜
夢がないの? 憧れってないの?って思っちゃうんです。
だからね、これって始めっから自分は出来ると踏んで来るんですよ。例えば3年でパン職人になって開業したら成功する。なんて予定を立ている者が非常に多いんです。
ある意味これも夢だけれど、、でも予定通りいかないと、直に文句を言い出す。ちょっとつまづくと、すぐにめげる。中には「この仕事は向かない」と辞めて転職をしてしまう者も多い。
やっぱり、これじゃ〜どこか違っているって思うんですよ。

「勉強をしなさい」っていっぱい言われ育ってきましたよ、それは賢く生きる為って教えられる訳だけれど、あまりにも賢く生きよう〜効率良く暮らそう〜無駄にしないで生きよう〜って気持ちばかりが 先走りしちゃっていないかしら? 私は心配になるのです。

そう先日も「りえさんは、店長が成功しそうな男だから結婚したんですよね?」って聞いた女性がおりました。
私は「そんな事、考えた事もしなかったな〜」と当時を振返り率直に答えたら、「うっそー」って笑われてしまいました。
ヽ(*`Д´)ノ 本当だもーん! 
「馬鹿なぐらいが、生きて行くのに丁度いいんだよーっ」たまには言い返してみたくなりました。
by zopf-rie | 2010-05-15 14:28