時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
今日まで
何をどう言葉に表したら良いのか、考えれば考えるほど、言葉にならないです。混沌としているとは、こう言うことなのでしょうね。

パンをいつものように焼いて、店もいつものように開けています。
お客様も、いつものようにいらして下さいって居ますが、でもやっぱり いつも通りではない訳で。。
そこがね。辛いです。

d0056067_895078.jpg


良い話

被災してしまいZOPFへの入社が保留になっていた福島の女の子は、なんと 明日からZOPFに入社します!!
「来ちゃいなよ〜!」って呼び寄せちゃいました☆
ZOPFスタッフからの救援物資も山のように集まって、皆で一緒に頑張っていこうと思っています。

明日から4月
STEP UP の時ですね。
私も今日に終わりをみつけて、明日から元気に行こうーっと。

えっ?! ZOPF店長ですか?
あ〜あいつは、いつだってお元気ですよ=
なにがあろうと元気です。何であそこまで元気なのかな〜と思うぐらい元気です。
私の目の下のクマとシワを見て「あれあれあれ かなり〜傷んでますね〜」なんて平気で言って、ケタケタ笑えるんですから。
ヒトデナシのロクデナシですよ。。。

写真は、店長が「元気が出るカフェが飲みたーい!」とスタッフに言って 作ってもらったカプチーノ。
スタッフも良い師匠に育てられて、お元気で良かったわ〜。やれやれ(笑)
でも、心がほっこりしたのでした。
by zopf-rie | 2011-03-31 09:19
パン屋の思い
違う話しをっと思っても、気の利いた話しが浮かびません。
ZOPFに起こった話しですが、少し。。
d0056067_13563348.jpg

実は今回の災害で、この春からZOPFに入社するはずだった女の子1名が被災してしまいました。
家を津波に飲込まれてしまったのです。地元は壊滅状態と言っていました。
彼女からやっとメールが届いた時、とても取り乱した感じで「何をどうしていいか解らない」とありました。
もちろん就職は保留にし、考えられるようになったら考えましょうっと私は返信をしましたが、その後彼女はメールや電話を度々くれるようになりました。
きっと繋がっている感覚を探しているのだろうと思いました。

被災後3日目の彼女からは、なんと地元でパンを焼いている!とメールをもらいました。
断水の中でもパンを焼いているのだと。その生命力あふれるメールに、私は逆に励まされる思いがしました。
製パン材料がないからパンが焼けないとか、停電だから店が開けないとか言ってる場合じゃないんだと、つくづく思い知りました。
さらに彼女はこんなメールもくれました。
   *  *  *
家族がみんな無事だった私はまだ幸せな方です。
行方不明者も多く、断水など被災地では大変な状態が続いています。
それでも地元の方々や友達やいまの職場の方々からたくさんの励ましの言葉を頂き、なんとか笑顔で過ごしています。
パン屋が無事だったことも救いでした。
パンを求めにきたお客様がいるなら、焼きましょうと社長が言ったときはもう飛び上がるくらい嬉しかった。
物資も無くなってきて、家もなくなった私に一体何ができるか。
パンを焼くことと手伝いくらいしか出来ません。それでも微力ながらお仕事をさせてもらいました。
本当楽しかったんですよ!体を動かし、作ったパンを笑顔で「ありがとう」と買って頂けるとやはりどんな状況でも嬉しいものですね。
本当にパンの作り手として、これはどこにいても変わらないものでしょうね。
ただ原発問題で外出禁止令が出てしまったので、明日から仕事が休みになり再開の目処もついてません。
先が見えず不安は絶えませんが、周りの方々の声援を励みに、笑顔で頑張ってこうかと思います。
本当にありがとうございます。そちらでもお仕事頑張ってください。
いずれ一緒にお仕事させてくださいね
  *  *  *
復興は必ず出来る!信じてやみません。
そして熱いパン屋の思いを彼女といつの日か共にし、一緒に仕事をして行きたいと願っています。
by zopf-rie | 2011-03-20 15:16
今朝は、春1番のムスカリをみつけました。
固い頭を少し出していたのは気がついていましたが、首を伸ばし艶やかに色付いていました。
蒼い色が気分がすーっと澄み渡らせてくれました。

d0056067_1024419.jpg


ここ数日、忙しくしていました。
「いつも」が変りはじめ、いつも通りに行かないことで、あちこちで問題を起こしはじめたのです。
製パン材料が手に入らない、宅配便が届かない、電車が動かない、スタッフが来れない、ガソリンがない、、、
便利に満たされた我々には「ない」「ない」づくしが異様な危機感を生み不安を掻き立ててしまうのでしょうね、全てを失った被災地の人々に比べたら、どんなに潤っているかっと思うのに。。
言いようのないストレスを感じ、気分が明るくなり切れないのです。
スタッフにもネガティヴになってしまう者が出始めました。。。
何に付けても「出来ません」とか「解りません」とか発言し元気がなく暗い顔になっているのです。
店長が厳しく叱責しました。
「なんで出来ないんだよ〜出来るだろう〜?」
「工夫するんだよ。考えるんだよ。」
「暗い顔するなー!」「声出していけー!!」

これを、「こんな時にも商売をするなんて、あさましい」と思う者が居たかもしれません。
私も自粛と言う意味で、店を閉めるべきなのかとも考えた時がありました。
でも、今日は自転車に乗って、または歩いてとお客様が沢山来て下さっていて、こんなにZOPFの店の前に人通りがあったかしら〜と思うほどです(笑)。
背中に背負ってきたリュックにパンを詰めて、微笑んでお帰りになって下さいます。
カフェも賑わいを取り戻しつつありますね!恐かった地震の話しをしつつも、温かいカフェを楽しまれています。きっとお互いの存在を確かめ合う嬉しいひとときなんだと思えます。

どう救済の協力をしていくか?
これも人それぞれなんだと思います。
ただ批判したり怒っていても始まらない、協力こそ前進だな〜と思うのです。
求めて下さる需要がある限り 私達は応え行きます。これは私達のやるべき事だと思うから。
元気にねっ!
by zopf-rie | 2011-03-20 12:55
3/16 (水)
計画停電に向けて、ZOPF店長のひらめきが炸裂しています。
昨日は、車のバッテリーを店のスポットにつないでいたり、電球を全部LEDに交換したり、今朝は懐中電気とコップを使った卓上灯りを作ってみたり、寝ても覚めても頭の中がグルグルと動いている様であちこちと動き回っています。
d0056067_745301.jpg


今日は、12:10〜16:00 の時間帯が停電の予定で、営業のちょうど半分にかかる感じです。
辛いですね。
でも今日まで停電が行われていないので、今日実施の確立は高い様ですしね、受けていかなくっちゃいけませんねっと話しています。
カフェは水曜日でお休みです。パン屋はもちろん営業中。
停電をしても営業は続行するつもりでいます!

「停電までに!」
みんな焦りながら〜今ガンガンとパンを作っています!!
そう☆
例えパンが焼けなくなっても〜ZOPFには揚げたての『カレーパン』があります!
それにサンドイッチはつくれますよ〜!!

d0056067_753182.jpg

そして、これは店長の仮眠セット。

合間を見つけては椅子で寝てしまうので、事務室の床だけどゆっくり寝られるよう、キャンプ用マットの他に今日はしっかり布団を持ち込んでみましたw。

乗り越えていきますよ〜
がんばれ店長! がんばるZOPF
by zopf-rie | 2011-03-16 08:42
3/15 (火)
昨日は、ZOPFのある地区では計画停電は行われませんでした。
身構えていたので肩透かしにあった感じではありましたが、準備も万全だった訳ではなかったので、ホッとしたのが本当の所です。しかし その代わりなのか夕方実施された停電に、被災された地区が含まれていたと聞き、なんとも惨い事になったと重い気持ちになりました。。
また、この『輪番』というのは、停電の時間帯もその日ごとに移動すると言う事なのですね?!
今朝になり解りました。
よって今日もし停電が行われるとすると、昨日予想していた時間ではなく、15:10〜19:00の時間帯になるらしく、昨日ZOPF店長が立てた作戦は見事に打ち砕かれてしまいました。。
今日も真夜中からパンを焼いていた店長は、がっくり、、珍しく疲労の色をにじませていました。
文句は言ってはいけませんがね、、頑張るから〜きちんとした情報をもらいたい。それだけです。

昨日は、大変 店が混み合いました。
食料品とガソリンそして非常用品を求めて、どこも大変だったようです。
「パンがあって良かった〜」と沢山の声を頂きましたが、まだまだ余震が続き気持ちも落ち着きませんし、そこにハッキリしない停電の発表もあったり疲れとストレスは大きくなるばかりなので、せめて物流が早く復活し物資は満たされれば、不安の解消に繋がるのになっと思います。

d0056067_8453864.jpg


停電に備えカフェではロウソクを揃えています。
まだ余震があるので不安もありますが、もう懐中電灯やランタンのような灯りを確保するものが手に入らず、頼らざるおえません。

d0056067_8505880.jpg

そしてこれは、たった今のフロアの様子です。

いつも通りでしょ!

出来るだけいつも通りにやっています。


それが安心ですから!!
by zopf-rie | 2011-03-15 09:21
今日、3/14(月)
悲惨な光景がTVで絶え間なく流れ、日を増して悲しみが深くなるばかりです。
こんなにも昨日と今日が一変してしまう日は無かったと思います。
ZOPFのある松戸は、ほとんど被害はなく、ZOPFも食器やワインが落ちた程度で無事でした。
しかし、落ち着いて良く見渡してみたら2tもあるようなパン焼きの窯が10数センチもずれている事に気がつき、スタッフ全員で血の気が引く思いをしました。恐ろしい威力です。
本当に恐い。

そして今日からは、ZOPFのある地域も輪番の計画停電に入ることになりました。
まだハッキリしないのですが、第1地区に属する様で
 AM6:20〜10:00
 PM4:50〜 8:30  が停電時間になるようです。

1度動き出してしまったパン屋には、途中停電は非常に痛手ですが、なんとか出来る限りパンを焼き、店を閉めずにやって行こうと思っています!


昨日「営業なんか出来ないよ。無理だよ」って私は店長に言っていました。十分な事ができない中で営業をするのが、私は絶対に嫌だったからです。いつだって120%でやって来たからです。
そしたら店長が「こんな状況の中で、100%出来なくっちゃダメだなんて言う人はいないだろ?でも不十分でもいいからって思ってくれて来てくれるお客様は居るかもしれない。何か1つでもパンがあるかもってさ。だったら何が何でもやる。やらなきゃダメでしょう?ZOPFなんだから。俺はやりたいんだよ、協力してくれよ」って言われました。
非常にネガティヴになっていた自分に気がつきましたし、きっとどこかTVの中の光景をまだ現実と受け止めきれていない自分が居たのだと思いました。
復興していく事、協力して立ち向かっていく事は、パン屋はパンを焼く事。
これは使命なんだと思いました。

間もなく停電の時間です。
昨晩からほとんど寝る事無くパンを焼き続けています。
どこまで出来るか解りませんが、頑張ってみます。

そして、これがたった今の店長達です!
それってガッツポーズじゃなくってシェーだよね。。。
d0056067_675544.jpg

by zopf-rie | 2011-03-14 06:10
クレープの中に喜びが一杯
出張も多く留守ばかりしています。
昨日は店長だけが出張だったので、私は1人で家に帰りました。すると、淋しいだろうと気を使うのか、息子達が夕飯を待っていてくれました。
でも、こう言う時は、父親には言えない泣き言を聞かされたり〜こことばかりにお小遣いをねだられたりもするので〜気が抜けねぇっと内心気構えても居たのですが、、、、
d0056067_9134369.jpg

夕飯が終わると、さっさと立ち上がった次男坊が、デザートに「クレープ」の準備をしていてくれました。
「今から彼女が巻くから♪」っとそれも長男分と2つ、ちゃんと好みも分けてデコレーションまでしてくれました。
私が苺でお兄ちゃんはチョコです!なんともボリューミー。食後すぐこんなに食べられるかよ〜っ(汗)))と思いながらも、絶対残したらアカンいと覚悟を決めました(笑)。

実はいつもヤンチャな次男坊、先日バイクで転んで鼻の骨を折ってしまいましてね、2週間苦しんで居たのです。打撲で腫れ上がった顔も痛々しかったのですが、鼻の形がすっかり悪くなってしまった為、しかたなく全身麻酔下での整形手術を受けるハメになってしまったのです。
看護婦だった私は、形を直す手術と言えど、さぞかし痛いだろうと予想し、男の子だし栄誉の負傷みたいに〜曲がった鼻もいいんじゃないの?なんて言ってみましたが、近頃の若者は男の子でも美容整形をするほどですから、やっぱり不細工になった鼻の形が気に入らないらしく、手術を受けるときかないので私は黙って付き合うことにしました。
当日「入院だ〜」なんて修学旅行にでも行くみたいに揚々と行ったものの、手術後はすっかり凹んで、ふさぎ込んだ1週間を送りました。やはり相当痛かったようです。
さらに両鼻にガーゼをぎゅうぎゅうに詰め込まれ、我慢の1週間を送ったのでした。。

それがついに終わり、やっと抜糸〜
見事手術は成功し、ちょっと前より鼻筋が通った気もするほどでした!(嘘うそ〜w)。
スッキリ顔になった次男坊、嬉しくって嬉しくってたまらないのでしょうね。クレープの中には、はち切れんばかりにクリームが入っていて、とてもとても甘かったです*
by zopf-rie | 2011-03-10 10:27
今日は一新元気に働いています!!
昨日、また雪が降って〜驚きました。
でももっと驚いたのは、L'ZOPFのある柏東山地区が、なんだか他の所に比べ雪深い事です☆笑
本当なんですって〜雪かきしたほどで、朝までしっかり雪が残っていました。
でも 春は確実にやって来ていてますね!
雪が降る前日よりさらに芽を伸ばしてたスイセンに、今朝は「偉い!頑張れ〜〜〜っ」って声をかけました。
少しずつですね。
d0056067_1316272.jpg

さて、昨日はそんな雪の中、実家に帰って来ました。
正月に顔を出したもののゆっくり会うのは久しぶりで、母に「買い物がしたい」「お風呂に行きたい」「美味しいものが食べたい」と、いつも以上にねだられ三昧されてしましました。(爆))
まーこれも親孝行でしょうかね。。。

ところが色々な話しをしていたら、妙な話しが飛び出て来たのです。
なんでも良く出入りしていた若い大工が、先日ふらりと現れて「お金がなくて食べ物も買えない」と言ったのだとか、母は可哀想になってお金を貸したんだけど、それきり約束の期限が来ても返しに来ないんだ〜っと言うのです。
驚きました〜。親戚でもなんでもないし、それほど親しいって訳でもないはずなのです。
とにかく、たいした額でなかったとしても年寄りからお金を取ったら「オレオレ詐欺」と大差ない!私はそう思い、久々に激怒ってしまいました〜☆
確かに年寄りは、若い人よりお金を持っているものです。でもそれはコツコツと若いときから貯金して来たからで、それを「年寄りは無駄に金持ち」なんて言う若者も居ますが、そんなの勝手な言い分に他ならないともいますし、それこそ人が貯めたお金どう使おうと、使わないで溜め込んでいようと大きなお世話。人の勝手ですよね〜。人の金をあてにするなどもってのほかと思いました。
「お金を持っている振りをしたら、狙われるからダメだよ」と母を叱ってしまいました。
もちろん母はそんな事はしていないと悔しそうにしていました。きっと朗らかでいつも優しい母ですから、つけ込んだのでしょうね。。
こういう人達は、なんと恐ろしいと思いました。

割としっかりしている母ですが、やはり今どきの悪者のあの手この手には太刀打ち出来ません。
それにその若い大工を「もう食事がとれるようになったかしら?」なんて、今だに心配しているのですから、お人好しにもほどがあります。。。まあそれが母のいい所な訳ですから、怒る私も気が引けて可哀想になってしまったのですが。
私も忙しさにかまけてあまり実家には帰らずいたので、淋しかったのか?っと思い、私が反省しなければと思いました。そして人のお金を羨まず、コツコツ働ける仕事があって何より幸せなんだと思いました。
お金が欲しかったら、働くのみですよね!
by zopf-rie | 2011-03-08 16:02
世界1のパン職人の贈り物
先日突然パンがやって来た。
本当に、ひょっこり現れたんです。
d0056067_7472362.jpg

なんと☆『世界1のパン』☆
フランスパリで開かれている世界1のパン職人を決める「マスター・ド・ラ・ブーランジェリー」で優勝された台湾のパン職人:呉宝春さんのパンなのでした〜!!
なんでも台湾の特産である小米酒とライチを使い、表面には薔薇の華をあしらったと言います。
昨年の3月に受賞されて以来、パンは4ヶ月待ちとも言われている、大変貴重なものでした〜

d0056067_7542789.jpg

内層は
こんな感じ

割と強めの酸味があって、私は塩分がすごく少ないな〜っと思ったいのが1番の印象でした。
(店長に聞くと、台湾のパンは、全体的に塩分が少ないのが特徴だそうです。)

フルーティーでとても素材の味が生きています。
1センチぐらいの少し厚切りを、軽くトーストして無塩のカルピスバターを塗り、溶け出した時にほんの少しだけ塩を振って食べたら美味しいと思います。

さてこのパン、来日中の呉宝春さんがZOPF店長に食べて欲しいと、わざわざ日本の工房を借りてパンを作って下さったものと言います。
何度かZOPFにもお越し頂いた事があったけれど、彼のパンを食べた事がかったので、超〜感激!!
そしてそのお心遣いにも感激しました。
嬉しくって嬉しくって〜スタッフ一同 有頂天*(爆)*
大切に頂きました。

いつの日か、ZOPFスタッフからも「日本1」「世界1」と言われる職人が出て、世界に飛び立ってくれるかしら?
キラキラ輝くスタッフの顔を眺めながら、ちょっと不敵に笑ってみたりしました。内緒だけどね。
by zopf-rie | 2011-03-07 08:31
美味しい試食は罪です。
「忙しい忙しい」と言いながら、昨日は幕張で開かれていたフーデックスに行ってしまいました。やっぱりゆっくりしていられない性分の2人ですw。
会場は最終日だからなのか〜試食が大盤振る舞いで、歩いているだけでチーズやらハムだのが目の前に差し出されます。それらをすすめられるままにつまんでいたら〜どうも全てが中途半端で、イタリアンががっつり食べたくなってしまいました〜(笑)
早速、ワインも美味しい近所のイタリアンへ。

そこで、面白いチーズに出会いました。

d0056067_20222689.jpg


食べ慣れていたはずのゴーダチーズとパルメジャーノレッジャーのなのに、味がいつもと違うのです。ゴーダは蒸し栗のようにホクホクしていて、匂いはお味噌のよう。パルメはしっとりまろやかなんです。驚きました〜
良く話を聞くと、ゴーダーは3年熟成の「ゴールドスター」と呼ばれるもので、パルメは大きな樽のような型で作られるのを切ったばかりの中央部分なんだそうです。切り立てです。
共に珍しいものらしく、味が普段 口にするものと違うからとわざわざすすてくれたのでした。

へーーーーへーーへーーーへーーーー
チーズって面白い〜 こんなに違うの〜?!って初めての実感です!

さてこうなると〜
あれこれ探求したくなっちゃうのが〜私の悪い癖です。
調べてみないと気がすまない、食べてみないと許せないのです。笑

d0056067_20191464.jpg

で、
丁度 本当に偶然なのですが、先日MOBACでお世話になったチーズソムリエの結城さんが、あの後フランスへ行き、私にチーズを山のように送ってくれていたものと、これまた偶然にドイツのチーズの頂き物にと、なんとま〜我が家にはチーズが山のようにあるので〜食べ比べが出来そうだと解ったのです!
あれこれ探してみました。すると熟成が異なる同じチーズが3種類見つかったり、産地が違う同じチーズがあったりと、ざーっと10種類が食べ比べ出来ることが解りました〜
それらを適当に切り分けていたら、その匂いに誘われて〜長男が食卓に現れたり、もう大盛り上がりです。
やーチーズって美味しいですね!!

知れば知るほど、また面白いんですね!
食べ過ぎちゃって=また体重がupしそうだけれど〜もっと知りたいなーって思いました。

今度L'ZOPFにチーズのソムリエをお呼びして試食会☆なんてのも〜いいですね!
増々チーズの勉強会したいな〜っと思いました。
by zopf-rie | 2011-03-05 22:11