時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
グズグズしているのは天気だけでない。。
今日の雨は台風によるものらしいですが、、、どうも降り方は梅雨そのものって感じ。
じめーーーっと(>_<)やな感じーです。

そんな気分を一掃してくれているのが、ZOPFスタッフ休憩室で、ひっそりと開催されているコーヒーのティスティング会!!
常連であり〜ZOPFスタッフとお友達である とある方が、自発的に行って下さっています。
平ったく言えばー 「勝手に来て勝手にやっている」のです。w 
(もちろん〜ZOPF店長は、welcome ♪)
さっきから入り浸って、コーヒーを語り合っています。

高級そうなコーヒー豆も一たくさん持ち込んで下さっていて、私は申し訳ないばかり。。。
(実は私はコーヒーが飲めないので、「美味しい」っと感動する事も出来ないので、役立たずなわけです。。(T_T)悲しい

d0056067_12132029.jpg

(写真がイマイチですみません)

最近、とても歳をとったな〜っと感じ、私って仕事が出来ないな〜っと思う事しきりで、徹夜しても元気だった20代を恨めしく思い出すの。身体が元気だっただけでなく、気力も長続きした気がするんですよ。
ところが、最近はすっかり丸くなっちゃって、返ってそれがダメ!
今だって「この仕事」「あの仕事」 やろうと思っているのに、なかなか取りかかれない自分が居る。
「今日は忙しかったから、もう寝ましょう〜」ってなっちゃうのよね。。
ああああああ、、、こんな自分がとっても嫌なの☆
そう、日産の社長のカルロス・ゴーン氏は、絶対に仕事を机に積み上げたりしないんですって!
決断力がある方なんでしょうね〜。そもそもグズグズしていたら、仕事にならないほど忙しいし、やっぱり優秀なのでしょう。
そう考えるとさ、私が忙しいのは決断力がないグズだから。
ZOPF店長が余裕なのは、何でも早いから。 なのかな〜っと思ってきちゃうんだけど、時間がかかりそうな仕事は、私の机に置いて行くのだから〜奴はタチが悪く、きっと意味が違う気がするが、さら〜っとやってのけるし、私も「ハイ」って受け取ってしまう馬鹿だからダメなんだろうなぁ。。

あああ、もっと賢く生きたいよー (かなり愚痴っぽいブログでごめんなさい)
とりあえず、いま抱えている仕事をスッキリ終わらせてしまいたいけれど、メニューやプライスカードの書き換えや新人教育だの、、抱えている仕事はどれも1日2日で終わりそうもないものばかり。
また「千里の道も1歩から」って唱えないと出来そうもない。。

「お前ってさ〜、そう言う仕事好きだよね〜」また悪魔が横でささやいて笑うわけだ。。
く〜〜〜〜〜っ
by zopf-rie | 2011-05-29 13:02
毎日駆け回ってまーす!w
こんにちわ! 久しぶりになってしまいました〜
このところ、パンブーム再来(?!)らしく、TVはじめ雑誌等々の取材ラッシュです。
今朝も早朝フジTV「めざニュー」でご紹介頂きました。(笑)
震災の影響で予定が全て白紙になったZ店長の仕事も、あれよあれよと10月の末まで埋まり、止まっていた時間が動き始めた感じです!!

d0056067_837060.jpg


庭のジューンベリーが色付き始めました。
今年は梅雨が早くやって来る様子ですが、って事は夏が長いのかしら?と心配しつつも、、
元気に行くぞー!って、気合いが入っています。

 *今後の予定*
 6/4:テレビ朝日/食彩の王国
 6/8頃???(日にちが不明) /テレビ東京/「だいすけ君が行く」 
他 BS番組など〜

また、名古屋/熊本/京都/東京/岐阜 等々でパン講習会の開催を予定しています。
多くの皆様とお会いできる日を楽しみにしています〜
by zopf-rie | 2011-05-27 09:25
雷雲も吹き飛ばし
昨晩はL'ZOPFの庭で、スタッフの歓送迎会でした。
なんと 総勢66名
ZOPFのOBも多数駆けつけ〜大盛り上がりになりました。

d0056067_13504697.jpg


 9年間勤めてくれたスタッフが卒業を迎えました。

ZOPFが出来て10年ですから〜ほとんどの時間を共に過ごした事になります。その間に、彼も結婚をし(嫁もZOPFのスタッフw)子どもも2人生まれました。
私にとっては初孫のようで本当に愛おしく、その成長と楽しく暮らす家族の様子は、おババの楽しみでもありました。
ですから、別れはとても寂しいです。
でも故郷に戻りパン屋を開業する夢がありますからね、それは輝かしい門出です。
元気に送り出したいと思います。

今回送別会の全てを私ひとりで準備をしました。
スタッフも皆忙しいので〜誰かに頼むのも大変だろうと思ったこともありますが、やはり9年間の思い出や感謝の気持ちがあったので、その気持を噛みしめながら自分でやり遂げたいなって思いが強く起こったからでした(これは、かなり珍しい事ですw)。

そしたら
あれもこれも で、結局食べ切れないほど買い込んでしまうし〜
さすがに60人分を1人で運ぶのが大変で、いったい何回買い出しに行ったんやら〜
肩は痛くなるし、あまりに準備が大変で、実はマジ泣けました。。
そんなへたれな自分のダメっぷりを感じるにつれ、きっとこの9年 ろくな感謝の気持ちも返せてやしないんだろうなぁと実感でき、非常に後悔の念が沸き上がりました。
感謝の気持というのは、常日頃からきちんと伝えておかなければいけないものなんだなぁと、この年になってしみじみと思い経った訳です。
だから何が出来たのか分りませんでした。見つかりませんでした。
でもZOPFに居た9年間が、この先の彼の人生で「良かったな〜」っと、ただ思ってもらえたら、それでいいな〜っと思います。

 お疲れさま。
 お元気でね。
 今度は同じパン屋同士としてお会いしましょう。
 心から楽しみにしています。
by zopf-rie | 2011-05-18 17:47
息抜きばかりですが。。
1ヶ月休みを取らず働いて、まとめて3日旅行に出ると言うのが〜定番化しつつあります。。
大雨降る中、島根へ出掛けて来ました w
今回は、まったくお題がありません。 だっはは〜

しかし=さすがに最強の雨女です!
雨はひどいなんてもんじゃなくって〜観光もなにもあったもんじゃない旅でした。
店長もあきれ顔。
しかたなく急きょ室内観光地を探したのですが、これが★運命的な出会いじゃないかと思うほど〜素敵な所に辿り着いたんですよ!!

d0056067_8382435.jpg


 「楽園じゃ〜ぁ」
すっかり夢見る乙女になっちゃいました♪

d0056067_847379.jpg

店長だって
「愛をつかんでやる!」
とか言ってましたし〜
   
ぎゃははははー


d0056067_8485174.jpg

思わぬ癒しのスポットでした〜

ブサイクな顔のフクロウと戯れたり〜も出来ましたヨン

フクロウって、とぼけた感じで可愛かったです。w



d0056067_8512931.jpg

あっ
これはー
途中で出合った
「カッパ猫」です。

珍獣ではありませんが、ずーっと私を見つめてくれて居たので〜思わずパチり。
すましているのが、返っておかしくって 笑っちゃいました〜


そして最後に

d0056067_8573855.jpg


 『地蔵マニュア』になろうかな〜

ちょっと考えてます。。(爆)
by zopf-rie | 2011-05-14 09:02
タイムのジュウタン
L'ZOPFの庭は、タイムのピンクの花で、すっかり埋め尽くされました〜

d0056067_18442617.jpg


いい季節です!
by zopf-rie | 2011-05-08 18:45
待つは待つけど急ごうか?これも愛だから
今朝はデスクに「カヌレ」が置いてありました。
ここ何週間 製造のスタッフが作っていたもので、でも型から上手く取り出せず四苦八苦していたのは、残骸を見ては気がついていました。それがどうやら上手く取り出せたようで〜コツもつかめたと誇らしげにメモしてありました。
ところが、そしたら〜肝心の焼きが甘くって生焼け。
ぎゃはははは
店長は「まだまだだな〜」っと厳しく評価していましたが、嬉しそうにそのメモに目を通していました。

d0056067_1194575.jpg


ずーっと昔、私が中学生の時です。
思春期で反抗期の私は、あれこれこうるさい担任の先生が大嫌いで、何かに付けては反発する日々を過ごしていました。
ある日、毎日の1時間以上/ノートなら2ページ以上の家庭学習を細かく決められていたのですが、読書ならそのあらすじや感想を書けば数行ですむので「読書もいいな!」っと思いつき、読書をする事にしました。
でも読書好きでなかったので、急に読もうと思っても家に適当な本がないのです。親にお金をもらい本屋へ、ところが、急に読書家になろうと思っても何を買っていいのかも分からないかったのです。w
サボりたい気持ちは多少ありました。されど本を選ぶのにも一大事とわかりあれこれ探しまわり、やっと関心のわいた本を手にして読み始めたのを覚えています。
ところが翌日「そんなくだらない本ではなく夏目漱石とかを読みなさい。家庭学習に認めません」っと書かれて学習ノートは返却されたのです。
ショックでしたね〜。確かに少し見透かされた部分もあったけれど、完全否定はひどすぎました。ブチ切れたのは言うまでもなく、、、それから2度とその本も読まなかったし、「一生読書をしない」っと学習帳に書いたように思います。ww
しかし、こういう思い出と言うのは、歳を重ねると〜ほろ苦い思い出に変わり〜あの時の先生の気持ちが悟れるようになるようなものですよね。けれども今になっても、あの時の事が忘れられず、今だにしこりを残しているのですから、あの先生の言葉は、教育者として適していなかったと今もっても思えてなりません。残念ですがね。

 なんでブームも去ったカヌレを今頃作っているのか?
 なんでパン屋なのに、菓子を作っているのか?
そんな疑問もなきにしもあらずな訳ですがー(笑)。
勉強は関心がある事からだと思うし、人は成長する動物ですから、くだらない事だって積み重ねたら、どんどん大きくなって広がって行きますよ。だから本当にくだらない事ってないかもしれないとさえ思います。
私は教育者ではないですが、時に人生の先輩としてスタッフに声をかける時、人間として 一生忘れられない言葉を残すような事はしたくないと願っています。そして見守る大切さを噛みしめていますが、この頃やっとそれが楽しいな〜っとゆとりを持って思えるようになりました。

とは言え、
「次のカヌレはいつ来るのかな?」
「あまりゆっくり過ぎても、一生が終わっちゃい兼ねませんよー」っと、チクリと言うのは忘れませんがね(爆)
by zopf-rie | 2011-05-05 12:34
素直に喜ぶ
昨日は韓国からパン屋さんが来訪されて、周辺パン屋巡りとお食事に出掛けました。
ぜひ美味しいパンで食事をってことで、東京VIRONをご紹介させてもらいました。(笑
いやーーーー本当に美味しくって 美味しくって
美味しいと楽しい夜になりますね〜
なんと言っても、やっぱりバゲットが美味しい!
たぶん1名で1本分以上は食べてましたね★
ついついパン屋だからなのか感動が収まらず、パンばかり食べ続けてしまいました〜
そしたら途中で「ぜひお食事も〜」っとウエイターさんに促され(笑)もちろんお料理もワインもガッチリ頂きました!!w

d0056067_12253224.jpg


年齢は店長と同じ47歳のパン屋さん。
若い頃日本で4年新聞配達の仕事をしながら学校へ行き、パン屋で修行されたそうです。
今では韓国で有名なお店を数軒持っていて、小さくても元気なお店と言うところで、ZOPFと似ているだそうです。とても元気なそして勉強熱心なパン屋さんでした。
今回は自店で勤務の長いスタッフを、ご褒美旅行として1名連れてのお越しで、あちこちと観光もされていたようですが、色々と見聞を広められるように指導されていて、人間的にも素晴らしく感銘させられる方でした。

で、お連れの若いスタッフさんが、長身でスリムズボンにお洒落な帽子をかぶって、まるで韓流スターのようでした〜
オバちゃんの私は、さっそく「東方神起じゃ〜」っ大喜びしてしまいました!
あ.....
TVの韓流スターのように「アニハセヨ。ニホンノミサン愛シテマス」とは言ってくれませんでしたけどね★爆
それでも、オバちゃんには、楽しい夜でした。
by zopf-rie | 2011-05-03 13:26
小心者
先日、長いこと悩んでいた事を解決したんです。
まー本当に長いこと悩み続けていたのに、霧は一瞬にして晴れわたり〜まるで嘘のように快適な日々が送れるようになりました。
今思えば、なんともくだらない日々を送ってしまった事か。
たいした勇気でもなかっただろうに、どうして「えいっ!」って出来なかったのか情けない話です。
あっまた つまらない話でーす。笑〜

d0056067_83750.jpg


実は歯医者に行けず悩んでいたって話なんです。
なんだーそんなここかよ〜!って、アホらしいのですが、いやいやホントに、真面目に、かなり悩んでいたのでした。。

さかのぼる事5〜6年前、上の奥歯に虫歯が見つかりました。すると「抜きましょう」と言われたのです。そんなに重症なのかと諦め、そう医師に言われてしまえばゴネる訳にもいきませんし即承諾したのですが、医師が「全部を抜くのではなく、足の1本を抜きましょう」っと持ちかけてきたのです。それも大変にこやかに。
なんでも歯には足とよばれる根っこの部分があって、前歯だと1本ですが、奥にいくにしたがって2本足そして3本足になるそうです。で、抜きたい歯は3本足で、虫歯で病んでいるのは実は1本の部分だけだと言うのです。なので、厳密に言えば足1本だけを抜けば治療は終わるので、良い部分まで抜く必要もないし、その方が私自身の体に良いと言うのです。年を取ると歯の1本1本がどれほど大事だったか分かるなどと言いますしね、まあ、それがいいだろうと 別に気にもせずOKをしました。
ところが☆
歯を3等分してなおかつ足の1本だけを抜くと言うのは、大手術だったのです!
格闘すること3時間。そりゃ〜大変なもんでした。
それでも、抜けてしまえば〜楽になると信じて疑ってなかったののですが、、、、
手術を終えてから、なんと上手いように歯を抜く事ができず、歯茎を切り取ったというのです。(どうりで手術が長い訳です)抜いたんじゃなくって、切り開いて摘出したんでした!
よって術後、ろくなものは食べられないし、とにかく痛いし、苦しみました。
あまりの苦痛の日々に、医師も「ごめんね」とか言う始末で。。。(T_T)キキタクナイカラ。。。。
それでも、時が経てば良くなるだろうと思っていたのですが、、、なななんと、切り取られた歯茎は、修復に3〜4年かかると言いだし、通院の日々が待っていました。
これって、虫歯を治すのに、3年かかるってこと?! 
激怒し落胆したのは言うまでもありません。「嘘つきー」って泣いてやろうと思いましたよ。。
そんな訳で、信頼が持てなくなり、通院は1年で勝手にやめてしまったのです。
以来歯医者嫌いは拍車をかけ、異常なほど歯を磨くし、常にキシリトールガムを噛んでいる、そんな防御策でその後を過ごしました。「絶対虫歯にならない!」と誓った訳です。

ところが、2年ほど前、歯茎が痛み大出血したり、口の中が腫れてしまったりとトラブルが発生し始めました。
これは恐ろしい歯槽膿漏の症状なんじゃないか?っと仰天。私の深く長い悩みが始まったのです。。
とにかく医者には行きたくないのですから。そうなると恐怖そのもの。妄想が妄想を呼び、歯が抜け落ちる夢まで見てはうなされるようになりました。。
次第にどんよりと、人生そのものにまで陰を落としはじめたのです。。。
と、まさに大袈裟な話だったんですよ=w
で、つい先日やっと決意が固まり、歯医者に飛び込んだのです。
きっかけは、イケメンの先生で、すごく治療が優しいと評判の歯医者さんが近所に出来たからです。
 うひ☆

そしたら、どうでしょう〜〜〜〜〜〜
先生もイケメンで優しかったけど*、歯槽膿漏なんてなってなくって元気そのもの! 虫歯も1本もない事が判明したのです!!
ひゃーっほーーーー!!!!
そして大出血の原因は?と聞くと、どうやら私は歯を磨き過ぎているらしく、口腔内が傷ついていると言うのです。だっはははは〜
それに長いこと気になっていた歯茎も完全に修復し元に戻っているそうで、それを知らず歯間ブラシまで突っ込んで歯磨きをしていたのが原因だというのです!
「もう穴は無いのでブラシは入りませんよ〜」っと呆れられました。。
ぎゃっはははははは〜〜〜〜〜

以来、気分はスッキリ☆
お口の中もスッキリ☆
あんなに人生暗くなるほど悩んでたのが嘘のよう〜〜〜〜♪♪
『案ずるより産むが易し』ちゃ〜〜〜こう言う事ですね〜
本当にマヌケなお話でした。ww

皆さんにも なんか勇気がでなくって、出来てない事ありませんか?
ただきっかけが無くってやれてない事とかです。w
ぜひこのゴールデンウイークに! いや この陽気がいい頃に!(笑)
実行してみてはいかがでしょう! 

尚、イケメン好きが功を奏したっと言う話ではなく、小心者では人生は切り開けないと悟ったというお話ですのでお間違いなく。笑
by zopf-rie | 2011-05-01 10:27