時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
夏期休暇
年の暮れじゃないかと思うほどの忙しさでした。

d0056067_21594655.jpg


前半戦の終了です。

しばし お休みしますね!
 
  ご勘弁でお願いします。w
by zopf-rie | 2011-08-30 22:03
もう直き夏が終わる! ハズダ
d0056067_1774867.jpg

 ヒマワリが咲きました!
種を蒔いて育てたんです。
1株にいくつもの花をつけるタイプだったので、思いのほかにぎやかに咲いてくれましった。
とても嬉しいです♪

でも。。ひまわりはセシウムを吸収すると小耳に挟みました。
なので、この種を取って来年に繋いであげられないのが寂しと思いました。
d0056067_17115444.jpg

今日は夏休みに行く旅行のしおりを作りました。
(私が作ったのは、右の小さな冊子にした手書きのものです。事前に用意する物などが書きました。その下の写真の入った本格的なしおりは、マネジャーが作ってくれました。「気分を味わう為に」とか言っちゃって〜ドイツ語がいっぱい入ってるカッコいいのですw)
この夏休み(8/31〜9/7)、スタッフと息子達も一緒に X'mas菓子として有名なシュトレーンの発祥の地、ドイツのドレスデンへ行こうと計画しています。
ちょっとした修学旅行気分です。(あ、、私は引率の先生気分ですよ。。)

さ〜どんな出来事が待っているやら。
きっと毎度のことながら〜とんでもない事も起こるでしょう。珍騒動ありです。
ただただ、雨女の私は、雨が降らない事だけを祈っておりますが。。

古いお城に作られたホテルにも泊まる予定なんですよ!
メルヘンでしょう〜 ♪ お姫様気分だわ〜♪
でも〜でも〜〜
なーんでもゴーストが良く出るんだそうです。(ひょえ〜っ!!!)
旅行会社の人が「出ますけどいいですか?」ってあっさり了解を求めてきたそうです。
ヽ(*`Д´)ノ そ,,そんなーーー?!  恐いっしょ=っ
まっでもー
ドイツ語ぜんぜん分んないから大丈夫かも?!♪
  ich komme aus japan
  Alles Gute!
(日本から来ました。お元気で!)って寝言でも言えるように練習しときます。
by zopf-rie | 2011-08-16 17:41
団らん
本当にまー
暑い日が続きますね。。。
それでなくても引き蘢りの私は、筋力すら落ちてしまいそうな1日を過ごしてます。(爆)

d0056067_855983.jpg


昨晩はマネージャーがやってきて、いつものことですが〜夕飯まで居座っていました。(笑)
Z店長は格好の酒友達がやってきたとばかりに、「呑もうよ〜」などと誘って、早々に宴会の夕べを始めてしまいました。
そんな気楽な様子に次第に息子達も加わり、ダイニングのテーブルはワイノワイのと盛り上がって行きました。
別段、共通の話題もないだろう中年の宴会でも、目を輝かせて話をしている息子達を見て、男同士と言うのは何か〜年上に対する憧れのような感覚が強いのかなぁと思えます。
「追いつけ追い越せ」そんな思いが見えるのです。
まっZ店長の話は、多岐多彩その上面白おかしいので、誰でも興味津々というところがあるようですが。
そこにマネージャーと私のお馬鹿な茶々が加わり、一気に話題はバカ話に炎上。もうずーっと笑いっぱなしでお腹が痛くって仕方ない夜でした。

d0056067_9402756.jpg

そう
よく聞かれるのですが、息子はどちらもパン屋を継ぐ予定はないです。

大学4年の長男も先日就職先が決まりましたし、次男もなんとか進学しそうです。

Z店長も私も格段それに対して残念な思いはありません。

Zopfを誕生させて間もなくの頃から、私達はそんなに長くZopfをやって行く気はなかったからなのです。
あ!決してZopfを愛していない訳ではないですよ〜
ましてやパン屋を真面目にやってない訳じゃないです!
そうじゃなく、Zopfを懸命にやってきて楽しかった分、それを誰かに任せるのはやめようと思ったんです。それは子供じゃなくても弟子に継がせるって事も同じで、それぞれの人生を楽しんで歩んで欲しいと願うからこそ、変に執着するのはやめようと思ったんです。
ですから、Zopfで修行をしているスタッフ達にも「自分らしく自分の店を作っていくのが、パン屋の1番の楽しいところよ〜」と言っています。

とにかく、2人でZopfを引っ張って行くのがしんどくなったら辞めようと言っています。
いつまで駆けっていられるか分りませんけど。それまでは、グイグイとスタッフを引っ張って、今を駆け抜けていたいです。それでヨレっとしてきたら潔く隠居して、でもZ店長はそれこそ死ぬまでパンを焼いているでしょうから、小さなパン屋をやるだろうと思います。(自宅にパン工房を作っておいたのもそんな訳です。)
そこで、Bって名を変えて(B級のBだそうです)細々パン屋をやっていけたらと思います。笑
「きっとクープ(パンに入れる切り込み)を入れる手がよれよれして、それが「味」の見たことないパンが出来るぞ〜」などとZ店長は今からB級パン屋に意欲的です。
そして年甲斐も無くまた馬鹿みたいに大量のパンを焼くかもしれません。私はそれを曲がった腰を伸ばしながら、せっせ せっせと棚に並べたり、痛んだ膝を縮めながら箱に詰めたりするのでしょう、、、、。
ああああ、、、
我が暮らし一行に楽にならずですわ。。
そしてその様子をまた、息子達は興味津々に眺めるのかもしれませんね。
そんなことを傍らでひっそり思って呑んだ夕べでした。
by zopf-rie | 2011-08-14 10:35
夏でも
食べもの関係の仕事ちゅーのは、もりもり食べてないといけないって言うか、食べなきゃ始まらないってところがあって、ただでなくても食べ物に囲まれている環境に居るのに、あちこちと探してでも色々食べ続けて行くことが求められているな〜とつくづく思うわけです。
d0056067_11391718.jpg

そんな毎日の中で、太らないようにして居るのは「並々ならない努力をしているさ〜」っと声を大きくして言いし(笑)、ちょっとぐらい太ったって「大目に見てよ」と叫びたい!日々が葛藤であり、そのストレスに耐える毎日なのですから!!
と、このところ太った私はいい訳がましいのだが。。でへへへ
でも最近は(加齢とともに) どうしても脂っこいものが苦手になっていくし、私のようにもともと食べ物の好き嫌いが多いと、好きなものだけ食べて暮らしていたい気持が強くなって、美味しいものがどうのこうのと言う前に、好みが優先しがちです。なのですっかり味の判断を鈍らせているように思えてなりません。
その点 ZOPF店長は、まったく食材に好き嫌いが無く、今だに背脂たっぷりのラーメンが無性に食べたくなるぐらいの食欲おう盛な胃袋を持っているので、まさに職人向き!羨ましい限りです。

d0056067_14525491.jpg

今日も今日とて
トマトでスイーツを作ったり、妙な乳製品でパンを仕込んだりしています。


またスタッフ達が、試作品をあれこれと沢山デスクに運んで来るので、その評価をしたりアドバイスをするのも結構忙しく、時にはお腹いっぱいのタイミングもあって 正直 辛いな〜っと思うこともあるのですが(笑)、それでもZ店長は、いつなんどきでも平常心(平常胃袋?)で味を判断できるのですから、これがまさに「食べ物関係の仕事が出来る」基本を兼ね備えていると思えます。

まっ だからってメタボは許しませんけどね!
ぎゃははは(爆)

d0056067_1783968.jpg

昨日は、息子が旅行から帰ってきました。
急に出掛けしまい心配させておきながら、1週間も海を楽しんだようで真っ黒に日焼けしていました。
ちょっと腹が立って
「あんたが居ないと、家が汚れないし静かだし良かったわ〜」っと嫌味を言ってやりました。
ご機嫌の息子は、とくに反抗もせず笑いながら通り過ぎていきましたが、朝起きるとデスクに波乗りモッコリがころんと置いてありました。

くーーーーーっ また丸め込まれてしまうゼ。。。
by zopf-rie | 2011-08-10 17:25
良い日
昨日は、今年の目標だった「ある事」が達成できた!

なんと、ぐずる店長を引きずって〜
 『人間ドック』の予約をしてきたのだぁー
   あ☆,,,,,, まだー 予約段階ですけどね。。。
ここまで辿り着くのは〜大仕事だったんですよ〜〜〜っ
予約出来たら90%は達成したも同然です!
大人ですからね、まさか予約を蹴ることはさすがにできないでしょう!!!
 うわっはははははは
やーやーやーーー 大仕事を終えた感じだわー♪ ♪

「すこし痩せたらw」とか
「まだ健康になってないからw」とか
訳の分からないへ理屈をタレ、ひらりひらりと逃げ回っていた店長でしたが、、、
あんなにメタボなくせに心配じゃないんでしょうかね〜?
こっちがヒヤヒヤですよー
保険も2つも掛けましたし! もう怖いものは無し〜(爆)

「殿〜っ」「殿〜っ」
「いざ出陣でございますぅーっ」
d0056067_8255251.jpg

by zopf-rie | 2011-08-04 08:28
またぶつくさ
取材ラッシュが続いているけれど、この10年で、取材の様子もすっかり様変わりしたなと思う。

d0056067_11235734.jpg

いきなりFAXが送られてきて「取材お願いします。」と書かれて内容が続いている。
まっ このくらいは許容範囲。トオモオウ
見ると取材日程が決められていて、数日後と近々。
注意書きに「もう期限まで時間がありませんので、この日で何卒お願いします。」と書いてある。コチラノツゴウハキキイレラレナイ。
で、
取材内容は?っと読みすすめると「下記のアンケートに答えて下さい。」と書き込み用紙が4〜5枚添付されている。ケッコウナリョウデアル。
「店名は?」「店主の名前は?」「店の特徴は?」「経歴は?」「おすすめを6点」「人気のBest10」「パンの説明と値段をあげて下さい」など、すべてこちらで書き込む方式。トクニナニガシュザイシタイトイウイトハナイコトモオオイ。
さらに、
「店内、外観の写真をデーターで送って下さい」
「おすすめパンは、指定日時に宅配して下さい」とある。
そしてそして、ラスト
「この取材に関して編集協力費などは発生致しません」
「無償商品提供と記載データーのお願いのみでございます」
と、わざわざボーダーラインまで引かれて記載されている。

ようするに、ほとんどパン屋側にやらせる取材であり、「ギャラなしパン代も払わず」なのだ。
たぶん「受けるも受けざるも選択は自由」と言いたいし、受けたからには頑張れなのであろう。
数歩譲って〜店の特徴やおすすめのパンをパン屋なりに書き込めるって所に利点を感じたとしよう。でも実際こういうのって結構手強い(ZOPFはパンの種類が多いので絞り込むのが大変だし、どこをどんな風にしたらいいのか悩む。特に取材の目的とかが解らないと考え込んでしまいかねない。下手すると記入に2時間ぐらいかかってしまうもしばしば。さらに「100字以内にまとめろ」なんて書かれてあったなら〜テストみたいで。。
(T_T)これライターの仕事だろう〜?!と泣きたくなる。。

理由を聞けば、「不景気で」とか「人材が居なくって」とか、それぞれに言い分はあるようです。でもさ不景気はお互い様だし、パン屋だって苦しいよ。
何より私が言いたいのは、私が費やした2時間は無かった事に出来ても、取材に使ったパンの代金を一切払わないは、ないだろう?!
パン屋はパンを作ってそれを売って商売をしている。であるパン屋のパンを使っておきながらパン代を払わないのは、私にとってみれば意味不明。なかでも何度も何度もパンを割って沸き立つ湯気のシーンを撮影したりさせておきながら、そのパンを食べる訳でもなく〜ただ割っただけで〜ゴミ箱にポイポイ捨てられていくのを平気で受け止められようか!?
「宣伝ですから。宣伝料と思ったら、こんなもんじゃ〜すみませんよ!」と言うけれど、それは軽い脅し??
ますます意味が分からない。別にこちらからお呼びした訳でもなかったはずなのに。。。コレショウジキナカンソウ
またまた数歩譲って
取材して頂けるのですから感謝を致しましょう。確かに宣伝効果もあるでしょうし、ハクもつきましょう。
ならばお互い仕事として在るのですから、お互いの為に費やした費用や時間に代価を支払うは道理ではないでしょうか?呈示し合えばいいのではないでしょうか?一方的でなく。
私はパン代は、きちんと請求し支払って頂きたい。
「売るほどパンがあるくせにセコイな〜」と思う人もいるのだろう。1個や2個あげたところでどって事ないだろう〜?ってね。確かに幸いZOPFは1日に6000個以上も焼き出すので、1〜2個消えたところで解らないかもしれないね。だけれどさ〜この1個を作る為にどんだけ早起きをして頑張っているか〜苦労して頑張って作り上げているのに〜って思い忘れきれないでしょう。
それにちょっと儲かっている店なら出来るけれど、それが出来にくい辛い店だってあるって現実だってあるでしょう。だったら尚のこと、他のパン屋の為にもそんな前例を作っていっちゃいけないんだと思うんですよ。

とまぁ
いつものようにぶつくさ言わせてもらいますけれど
結局のところ〜どんな仕事であれ人と人との関わりであって、一生懸命ぶりや真摯な姿勢でそれは浄化されていく。特に恩情に弱い私など本当のところ、割り続けたカレーパンを集めて「持ち帰ります」っと言ってくれただけで嬉しくなって、たぶん揚げたてのカレーパンを持たせて帰す事ぐらいし兼ねない。そんなもんでもある。
ほんの数百円のパン代であっても「払う」という姿勢が大事なんじゃないかという事だけなんですよ。
by zopf-rie | 2011-08-03 12:47