時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
パンまつり 開催
あちこちから情報が〜
d0056067_16123329.jpg


順調にイベントも行われているようですね〜〜〜
よかった
よかった〜

d0056067_16133334.jpg

頑張れ〜っ
by zopf-rie | 2011-09-23 16:14
お祭り速報ー!
速報がやってきましたー!
これは、たった今です!!
なんだ〜なんだ〜〜〜?
まるで、宇宙ステーションでパンを作っているみたい?!(笑)))
d0056067_856213.jpg

今日、9/23は
『全日本パンフェスティバル第2回日本全国ご当地パン祭り』が東京国際フォーラムにて開催予定です!

我がZopfの店長もそしてスタッフも参加させて頂いています。
今朝は大変早く、トラックに器材や材料を山ほど乗せてスタッフと出発しました。
器材を運び入れ、少し落ち着いたのでしょう、様子を写メールで送って来てくれたと言う訳です。

これは、たぶんイベントのブースですね。今回Zopf店長は、
 “焼き立てパンは素晴らしい"ー有名シェフの競演ー
 (人気ベーカリー「ツオップ」(千葉・松戸)オーナーシェフの伊原靖友氏、「VIRON」(渋谷区道玄坂)エグゼクティブシェフの牛尾則明氏による実演)
を依頼されています。

他にも会場内では楽しいイベント(企画)があるようですよ〜
開場は午前11時。(終了は夕方の5時半頃?まで)
ぜひお出掛け下さい!
by zopf-rie | 2011-09-23 09:10
嵐の夜
昨晩は本当にすごい嵐でした。
皆様 ご無事でしょうか?

「無事?」だなんて大袈裟な言葉が、普通に使われる今日この頃、、、
どうなっちゃんですかね〜日本は。。
落ち着く気配がありません。

d0056067_11175937.jpg


昨日は自宅が停電になってしまい、数時間でしたが大変不便な思いを強いられました。
私はお風呂に入っていた最中だったので〜(> o <)☆仰天!
大慌てで浴槽から飛び出そうとして、桶に足を突っ込んでしまい 転倒しそうになるなど(恥ずかしい〜〜っ)かなりうろたえてしまいました。
と言うのも〜お風呂に入る前から胸騒ぎがしたんです。「停電でもしたらどうしよう。。」っとかなりビビっていたもので〜、それを知っていた息子達は「さすが、ピンポイントの人だ!」と言いながら、もちろん父親譲りにゲラゲラ笑いながら、懐中電灯を持って来てくれました。。情けない母でございました。。。。

あらためて電気が止まると どうしていいのやら〜依存しきっている自分たちを思い知りますね。
幸い家族が全員揃っていましたので、ちょっとサバイバル気分と前向きに考え、その時間を楽しむぐらいの気持で協力して夕飯にしましたが。。
そう!店長が計画停電の際に購入したランタン(電灯)がとても役立ったのです!!
やっとそれらしい出番となりました。まっ良かったのやらですがね。。

夕食の最中、いつもはTVの音が鳴り響き無言になっても気がつかないものですが、昨日はふと会話が途絶えると、雨音と駆け抜ける風の音だけがして(遠くの方まで聞こえるようでね〜)自分たちだけが取り残されているようで とても怖くなりました。不思議な感覚でした。
そんなんで食後も灯りに集まって1つの部屋に居たのですが、かと言って何もする事も無く〜寝るには早い時間ですし、お互い見合わせているばかり。。そこで「トランプでもする?!」そんな突拍子もない事を言ってみました。
息子達は「うっそー!?」っと笑ってましたが、時間つぶしにオバさんの相手でもしてやろうか〜そんな顔つきをして、まんざらでもない様子になった時、停電は急に直りました。
あっけなく。
一瞬にしてそれまでリビングに集まっていた関係はお開きになりました。
そう、いつも通りに〜それぞれの部屋に戻って行きました。
それがいつもなんですが、なんだか、それはそれで寂しい感じもした嵐の夜になりました。
by zopf-rie | 2011-09-22 14:30
ドイツでは
d0056067_12434020.jpg

ドレスデンは、今から500年前 宮廷都市として栄えた、エルベ川沿いの美しい町です。
戦争で何度か焼け落ちた事があったそうですが、長い年月をかけて再建されたフラウエン教会をはじめ、ドイツの東西統一後、修復に力が注がれ、現在はその栄華を垣間観ることが出来る姿を取り戻しています。
 それで☆
この町を歩くと「アウグスト強王」と呼ばれる大層力のあった王様が見えてきます。
あちこちに非常にゴージャスな銅像があったりもして、とにかく目立っています。
中でも緑の丸天井と呼ばれる博物館は、ヨーロッパで最も華麗で豪華な宝物殿と世界的名声を誇っているそうですが〜簡単に言うと宝をいっぱい持っているのを見せびらかしたいが為に作っただけのお城だそうで〜見終わるとあまりにすご過ぎてため息が出ちゃうのでした。
(そう、王様にしてやられた感じね)
またこの王様、絵画のコレクターで、天使が頬杖を付いて退屈している様な姿がとても有名な「システィーナのマドンナ」など、多くの絵画を持っていました。
d0056067_14293654.jpg

次男坊が案の定
「サイゼの絵じゃん!」と叫んでおりましたが。。。(オイオイオイ声がでかいから〜) 


で、色々と観て居て、私はふと思ったんです。
「この王様、どんだけ自分好きなの?」と。(笑〜)
だって普通は愛する家族の肖像画や妻の肖像画が並ぶだろうに〜自分ばっかりだし、宝物だって自分の物ばっかり。自分が欲しいと思った物ばかり、多額なお金をつぎ込んで買いあさったそうなんです。
「システィーナのマドンナ」も元々はある修道院の祭壇に掲げてあったものなのに、その村が全部買えてしまうほどのお金を与え(修道院の困窮につけ込んだとも言われているそうだが)買い取ったようです。
(日本で言えば仏像を奪い取られる様なものでしょうか?ふてい奴ですw)

私は思いました。「ここにも居たか〜ロクデナシめ〜」
(まぁかなりスケールに違いはありますがっ (爆)))
そう、あの有名な陶磁器のマイセンの発祥の基盤を作ったのもこの王様で、巨万の富を得る源になった訳ですが、錬金術師をその技術が他に漏れるのを恐れて城に幽閉したそうですよ。
お陰でその技師は、暗い城の中で病気になり〜また憂さを晴らす為に酒に走り〜30歳代なんて若さで死んじゃったんですって。(可哀想な話です!)
こんな横暴な王様では、きっと周囲は大変な思いをしたんじゃないか?
私は得意の妄想が止まらなくなりました。特に嫁の存在が全く見えないのが気がかりで仕方ありませんでした。
だって船に乗り川下りをすれば〜川沿いに愛人に建てた城があるほどなのに〜妻の指輪のひとつも残ってないのですから。。

すると 正妻は居たけれど〜もっと大きな国の王様になりたいが為に改宗をしたのに愛想を尽かし別居をされたそうです。でも女好きで愛人がとにかくいっぱい居たこの王様は寂しがりもせず〜放っとき、なんでも他に子供が380人も居たそうです。(ぎょえーーただのロクデナシにとどまらず、女ったらしだったのですー w)
だからきっと女物の宝石は、あげまくっていたから手元に残らなかったと言うのでしょう〜(これで納得じゃ〜〜)
中でもコーゼル夫人と呼ばれた愛人は、寵愛を受けて権勢を思うがままにしたそうですが、やがて33才の時に王の怒りを買って、その後49年も独り古城に幽閉されたそうなんですよ。(恐ろしいや〜)
しかし王様と知り合った時、結婚していた彼女は離婚して王に尽くす替わりに、正式な妻に迎える約束をしていたそうで、なのにまた王が愛人を作ってしまい決別したのだと言うのですから、女のとして許しておけない気持でいっぱいになりますよね?!(許せるかー?!)

d0056067_1443342.jpg

かくして、元気に町を歩きながら〜
かの昔
この地での今と変わらぬ男女間のオドロオドロしい想いに馳せてみました。

d0056067_14472238.jpg


我がZの王は、こんな彫り物のと戯れているばかりでありましたがね。。。
by zopf-rie | 2011-09-19 15:03
プチ・リニューアルで気持も新たに
ZOPFが変わっていたのをご存知でしょうか?
毎年恒例の夏の改装をしていたんでーす!
d0056067_931589.jpg


まずこれが外観です。
解りにくいと思いますがー、外壁を全部 塗り直しました。
その際に、なんと屋根をオレンジ色に、そして正面2階部分も白に塗り替えたのです。
一瞬メルヘンチックになっちゃかたと焦りましたが〜、軽々しい仕上がりでなかったので(>_<)ホッとしましたヨン(笑)。

そして、店内も改装しました!
 うひひひ
さて〜どこでしょう〜〜
 「ご来店お待ちしています〜」  きゃはは

オレンジ色の屋根は、決してドイツかぶれな訳ではありません。
遮熱効果のある塗料にしてみたんです。これもエコ。猛暑対策です。
効果あるといいな〜〜
by zopf-rie | 2011-09-12 10:06
夏休み終了〜
d0056067_1164760.jpg

夏休みを頂き、ありがとうございました!
スタッフ全員元気に戻りました!!

d0056067_1182551.jpg

ドイツ
修学旅行組も
無事に帰国



山ほど食べて〜
ビールも飲んで〜〜
ドレスデンの町を満喫してきました。
いや〜〜楽しかった〜

まずは無事に後半戦をスタートさせましたお知らせまで。
さ〜元気にお仕事頑張らなくっちゃ〜(>o<)w うひw w 
by zopf-rie | 2011-09-10 11:18