時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
癒しの千葉/房総
房総へ「花摘み」に行ってきました〜!
楽しかった〜
大好きなお花も山のように買って来ました!!
キャーーーっ 贅沢〜ぅ

d0056067_13382771.jpg


d0056067_13414138.jpg

そして昼食は、
やっぱり地の魚だろうと
ふらっと寿司屋さんに入ってみました。

あ〜写真ではよく伝わらないのが残念です。
非常に太くて大きなお寿司だったんですよ!
どっか盛りもりもりですww
1人前分が食べ切れない程でした。

でも〜思ったんです。
昔、お寿司は1人前で十分お腹いっぱいになったよな〜って。
最近はホントに小ぶりで、シャリも少し。
お洒落で、数は沢山食べれて楽しいのかも知れないけれど。。
たまに息子なんか「いくつ喰っても腹がいっぱいにならない」とか言いますからね。。
こわいですよね〜(笑)
久しぶりにお寿司でお腹がはち切れそう〜になり、なんだか昔を思い出しました。
さすが我が千葉県、ノスタルジックに楽しめました〜(爆)
by zopf-rie | 2012-03-31 14:10
にぎやかな1日
昨日は、ZOPFスタッフ向けのお菓子レッスンを開きました!

d0056067_8494416.jpg


d0056067_8514257.jpg

その横で、、、
来月被災地で行われる「パン作り」の打ち合わせと称され、パンラボの池田さんが店長からパン作りのレクチャーを受けていました。
かなり怪しい手つき。。
パン作りは初めてだそうです。
ww

面白かった〜(笑)


この間にも、店長は取材が入っているしー

私は 段取りで 頭の中(@_@)ぐるぐるしてましたが〜

まー
どこもにぎやかに楽しく過ぎて行きまして、何だか春って調子がいいぜ♪って感じです(笑)

d0056067_8562530.jpg


 「黒い森のケーキ」
by zopf-rie | 2012-03-29 09:02
時代をつくろうぜ!
姪っ子の卒業のお祝いを、お裾分け頂いた。笑
なかなか、粋な瓦せんべいであ〜る♪
d0056067_15362339.jpg


ここ2日、持病の定期受診で病院通いしてました。
なんでこうも混雑していて待たされるんでしょうね。予約時間なんてあって無いようなもの。ほんの5〜6分の診察の為に前後合わせて3時間は軽く待たされました☆
待っている間に違う病気をもらってしまいそうで恐いし、ボサーッと待っているのも苦手で、ついつい患者さんの観察だの看護師やドクター、医療器械や器具などを凝視してしまう私。>カナリアヤシイカモシレナイww
最近、よく目につくのは、医療従事者の服装(身なり)。
例えば靴などは、流行のクロックスが多くなり(医療用専用と言うのがあるそうだ。飲食店用と言うのもあるw)、白衣もおのおの好きな形や色を選んでいる。ナースキャップも今は廃止され、帽子の線や色で「婦長」「総婦長」と区分けした時代も無くなったよう。
なかなか自由な感じであ〜る。

それこそ私が看護学校に入学した30年前はガチガチの頃だった。堅苦しくて、ホント嫌だったのを思い出す。
反発心旺盛な私は、いつもマークされっぱなしだったな〜(笑)。
茶髪にドレットヘアー、即☆総婦長室に呼び出されたっけ
青いペギュテアも婦長が目を丸くして飛び上がた。
注射針でピアスを開けた時も、延々と説教をされたっけなー
当時は化粧すら許されない感じだったからね〜
「医療の現場に色気は必要じゃない!」って婦長は怒ったけれど、身なりを振り乱して頑張ったって楽しくないでしょ?!特に若者はね。
だからこそ 「トータルに頑張れる自分」が1番カッコ良いと思って、勉強も死に物狂いで頑張ったものだった。そうそうあのメダリストのジョイナー選手がオリンピックに現れた時すごく注目されたようにね。何かを頑張るが故に、何かを忘れたようなのって嫌だったんだよね〜

自由な服装で生き生きと仕事をする医療従事者を見ると、あの頃の反逆的な看護婦姿が今を作ったんじゃないかと〜勝手に思い、ニヤリとする。
ケケケケ。くだらない年寄りの話だと聞き流していいでーす。

でも ドレットヘアーの看護婦は、なかなかでしょ?! 
だから、今この道に入って、パン屋って地味じゃん!?
 1日中工場でパン作っているからね。日焼けも出来なくって青白くて、それこそ粉まみれで〜どこか薄汚かったりする。
私はそんなスタッフを見るのが大嫌い!!「 陰気くさーい」
確かに修業時代で、遊びより仕事をしろよとは言いたい時もあるけれど。
ヒゲもピアスも茶髪も全て解禁〜♪
社内恋愛も自由〜♪ 
ばっちり決めて〜色気でお客様を魅了するぐらいになってくれ!っと思っている。
楽しいパン屋の時代を作ろう! 笑
by zopf-rie | 2012-03-22 17:16
門出
小栗旬が結婚しましたね。「ハートブレイク」ってこぼしたら、店長に
「お前が小栗旬を好きだったなんて〜初耳だぞー」って大笑いされた☆
(`へ´*)ノ  いいんです!
女には、結婚していてい欲しくない人とか、彼女が居て欲しくない人とか、あるんです!
ぎゃははは〜
でもでもー
先日、Zopfのスタッフがバレンタインデー入籍をしたんですよ♪
なんとも、晴れ晴れしい嬉しい門出ででした〜
スタッフみんなの祝福されて、心から応援したい気持でいっぱいになりますよね。

d0056067_8234729.jpg


そして昨日は、、、、長男が家を出て行きました。
2tトラックを借りて来て、次男坊に手伝いをさせて、さっさと出て行ってしまいました。
もちろん、勘当した訳でもないし、夜には夕飯を食べに帰って来たぐらい近所に引っ越しただけですが。
いざこの日がやって来たら、 こんなにも淋しいものとは思ってもいなかった orz、
と言うのが紛れもない正直な気持でした。
私がさめざめしていると 、いつも通りあのロクデナシがー
「18才で家を出た娘が〜何を言うか〜〜」っと高らかに笑い一喝されてしまいましたがっ☆
(●`ε´●) ぷー

春です。
Zopfにも新人が3名入りました。忙しくなります。
by zopf-rie | 2012-03-19 09:10
住処
「いつもどこに居るんですか?」っと私は尋ねられる事が多いです。
そうですね、あまり店先には出ないからですね。
以前は販売で13時間もレジを打っていた日もありました。
カフェが出来てからは〜闇の住人となり、スナックのママ的に〜まんざらでもなかったんですが(爆)、あれよあれよと増えた(若い?!)スタッフにその座を奪われ、今では年寄りになった私は、すっかりZopfの奥に身を潜める日々となりました。
全くもって魑魅魍魎のような存在になりつつありますよ〜(笑)
Zopfの2階の端っこに、小さな事務所があるんですよ。雑然とした狭い部屋なんですがね。そこで日々事務仕事に就いておるわけです。

部屋には壁一面の本棚やMyトイレも備え、パソコンやコピー機などなど、狭いながらもかなりの充実度です(笑)。まあ1日の大半をここで過ごすのですから〜全てに手が届くって感じです。
で、そこには神棚までありましてね。元旦に焚いて頂くお祈願のお札(ふだ)と、先日All Aboutから頂戴しました名誉あるベストパンの殿堂入り賞状が掲げてあります。w
みつけた店長が「こんなところに飾ったのか〜?!」と言いましたが、私はここ以上に良い場所が見つからなかったのでした。

d0056067_927481.jpg


実はこの神棚は、先代がこの地にパン屋を建てた時から大切に守って来たものです。
以前は1階の工場の釜の脇、販売との境にありました。
お店にお越しのお客様からは見えないけれど、工場からお客様の方を見た時、お客様の頭上に見える位置に掲げてありました。
小坂樹も絶やす事なく飾り、毎日必ずお水を取り替えるのは、信心深い先代の仕事でした。
たまに店長が先代の留守の日に、水を換えるなんて事があっても、それは先代に厳しく「必ずやってくれよ」っと言われたからで、家族中の誰もがそれは侵してはいけない先代の領域だとして来た訳です。

ところが昨年の大震災を期に、先代は工場で1人で作業をするのが恐いと言い出し、それまではスタッフが帰った工場で夜中に1名していた仕事をやめてしまったのです。
そして、毎日世話がみれなくなった神棚を「ママの部屋に」と言い出したのです。
私は驚きました。
人に頼ったり甘えたりする先代ではなかったですし、嫁ですしねww。1人息子を飛び越えて私に声がかかるとは、思いもよらなかったからです。
調子のいい店長は「おおお、ぴったりな世話人が居た居た〜」と笑いましたが、本当の意味での世代交代=代替わりがなされた瞬間だったのだと思いました。

今日も私の背後には、先代の志とZopfの責任が、調子良くふわりと乗せられ〜でも何だか監視されているかのように仕事をしています。

毎日水を替え、手を合わせる。
欠かしておりません!(笑))))
by zopf-rie | 2012-03-18 11:58
L'ZOPFの庭で
昨日はL'ZOPFでパン教室でした。
沢山パンを作る「特別特訓」授業でしたので、皆さんが一生懸命にパンを作る傍らで、ちょっと時間に余裕をみつけ〜私は庭仕事をしちゃいました!(笑)
パン店に行ってしまうと、日中にL'ZOPFに戻り 庭仕事をするようなことは、なかなか出来ないので、こことばかりに頑張っちゃいました!

d0056067_8513695.jpg

だってね
もうすっかり春なんですよ=

これはお隣の樹ですがっ(笑)
1番に春を知らせてくれる紅梅です。

d0056067_8575791.jpg

そして我が家の花壇も♪

チューリップの芽が

うひゃうひゃ〜〜


d0056067_8592079.jpg

とっ
( ̄ロ ̄;) 
ところが=☆

花壇の中央から不釣り合いの草が、ごっそりと生えているじゃ〜あーりませんか?!

解りますか、これ

あのロクデナシ店長が勝手に蒔いた小麦ですよ=
 ι(`ロ´)ノ マタヤリヤガッタナーっ

時々、国内産の小麦の玄麦が、発芽防止剤とかかかってないかとか、鮮度がいいか?とか、見極める為に?(ま〜元気がいいか)ぐらいの判断だと思うのですがね、庭に蒔いて発芽するかを観ているようなんですよ。。
「もっと端っこでやってよ!!」
いつもケンカになるんですが、ホントに油断もスキもあったもんじゃない!
アチコチに群生してます。
Ψ(`∀´#)  バッサリ根っこから切ってやりました☆
ほーほほほほ

d0056067_9142277.jpg


やっとクリスマスローズも咲き始め
にぎやかな春はもう少しのようです〜
by zopf-rie | 2012-03-17 09:20
レッスン
実は、私ね、四十の手習いを始めたんですよ!!
(五十だろう〜?って声が横から聞こえて来ましたがΣ( ̄□ ̄)!
まだまだ四十でございますよ〜ん。お間違いなく=ホホホっ☆)
で、何を?って
本当に今更なんですが〜お菓子作りです!!

中学生の頃は、お菓子作りが好きだったんですよ。ところが高校1年生で店長と付き合い出してから、何を喰わしても「こんな不味いの喰えるかー」とか文句ばかり言うので、お菓子作りはすっかりやめちゃったんですよね〜
パン屋の息子でしたから(ケーキもやっていた)、家庭科の授業で女子高生が作って来るお菓子など喜んでくれる訳がなかった訳です。σ(^_^;)

ですから、30年ぶりですぜ!   ぎゃはははー

d0056067_1711925.jpg


講師の先生をお招きしました。
どうです、お奇麗でしょ?
この出で立ち☆きらり〜ん
これを見ただけでも、気分がムンムンに上がります! up↑ up↑ up↑

d0056067_1731789.jpg

まずはベーシックな、焼き菓子から。

『りんごのお菓子』


d0056067_1732550.jpg


そして
可愛らしい焼き形で

『日向夏のケーキ』

手前が私の作品です!!笑



心配した店長と息子が何度も覗き込んでいましたがっ
私は頑張りますよ〜っ
まさに決意新たです! 笑

本当のところは、
スタッフのスイーツの基礎力アップをしたくて講習をお願いしました!
この私が出来るようになれば〜相当の不器用でも習得した事になるだろうと言う店長の見立です。
ヽ(*`Д´)ノ  失礼ですがっ☆
さすが、いいとこを突いています! 笑

でも〜過保護の店長は「お前だけ自動ホイッパーを使ってもいいからね」っとか言ってました。ww
へたれな私を良くご存知です♪

ドイツ菓子を中心に、家庭的なお菓子を探求したいと思っています。
もちろん訓練を重ねたら、カフェでスイーツとして登場するカモ?!
スタッフもやる気満々! 頑張りまーす。
(あっ、私の作ったものは控えさせて頂きますのでご安心下さい)爆〜
by zopf-rie | 2012-03-15 18:04
バカンス?!
パソコンも持ち込まず。
電話もしない。
誰とも会う約束もしない。
数日を馴染みのホテルで、ひとり過ごしました。

d0056067_1436187.jpg


「寂しくないのか〜?!」っと店長は言いましたが、
買い物したり〜
カフェでゆっくりお茶したり〜
美味しいものを頂いたり〜
もちろん呑んだっくれたり〜
そのくせ乙女チックに手紙を書いてみたり〜
お世話になった方々のお顔を思い浮かべては、お礼の品を贈ったり〜

ずーっとやりたかったけどなかなか出来なかった事を山のようにしてました。あと4〜5日あってもいいぐらいです。w笑w〜

『馬鹿んす』
うひゃひゃひゃひゃ〜〜〜
by zopf-rie | 2012-03-10 14:41
留守します!
処理しきれないストレスを感じて、店を抜け出した。
「お花のボールを作る!」っと理由を言い残したけれど、本当はまったくの後付け。この場を立ち去りたかっただけだった。
でも、こんな時 店長なら、あのボロいアンティーク車に乗って何百キロも走り、ふらっと立ち寄った温泉で汗でも流すように〜スッキリとさせてしまうだろうから。
たまには私もそれを真似て車に乗って、びゅんびゅん走ってみたさ。

d0056067_12112286.jpg


悩んでしまうよ。
パン屋の仕事って難しくって、どうしても落ちこぼれてしまう者が出てしまうの。可哀想なことだけどね〜
仕事についてこれなくなる者が出てしまったりするのさ。
もちろん訓練期間を設けたりサポートしたりするけれど、次第に他のスタッフと同じ事が、同じ様に出来なくなって来てしまうのね。
まるでふるいにかけられるような感じ。

これが職人の世界で、人生なのかもしれないけれど、そんな時「あなたはこの道に向いていない」と言う責任や義務が私にあるのだろうか?言うべきなのか、言わざるべきなのか? 迷いが生じ、どう向き合っていったらいいのか考え込んでしまう。

だってさ当然、言われた者は頭に来るでしょう。
自分はパン屋に成りたくって頑張っているんだし「一生懸命なんだからいいじゃないか」ってね。

じゃ〜どうしたらいいんだろうね。
学校のように全員で足並み揃えて行くのが、正しいのかね。
でもさ、これは仕事だし、そんな甘い事言ってたら〜出来ない者に引っ張られレベルは下がる。
パンの味が落ちるって事にもなるし、そうなればパン屋の存続すら危うくなる。
それでも、仕方ないとあきらめるのが、人として正しいのか?
ZOPFを守るのは、傲慢なのかな?
非情になるべきか?良心的にいくべきか?

いやいや出来ない者に「出来ていない」と言うのは、最良のアドバイスだ。
好き好んで言ってやしない、心を鬼にして「あなたのココが悪いと思う」「こうした方がいいと思う」と言い続けるのは、見て見ぬふりが出来ないからこそなのに。
でも、そんな親のような先生のような厳しい期待は、当事者には伝わらないのが常々。
あの金八先生が「裏切られても裏切られても愛してやるのが教育者です」と言ったけれど、、
いかんいかん、そもそもヽ(*`Д´)ノ私は学校の先生でも母ちゃんでもない!

甘やかして
怒って
誉めて
むち打って

大人にして
パンを教えて
商売を教えて
人生を解いて

なのに、恨まれでもしたら〜それこそ割が合わんですよ。

しかし、いまや「修行させる」だの「教えてやる」だの、そう言う時代じゃないんだそうな。
マニュアルだって時代遅れだと聞く。
出来る者は自ずと出来て、頭角を現わすから大丈夫。大きなお世話だそうだ。
それにいずれパン屋に成ってからも、ふるわれて行くんだろうから結果は同じ。だって事。
それこそ「修行させてやっただとか」「育ててあげた」だとか、自己満足付き合わされるのも迷惑と言うらしい。。なんとも寒々しいばかり。

だったら私も、非情になって
ビシバシと切り分けて切り捨てて行くべきなのか。
あ〜〜〜〜
あっさり 決断が出来たら、どんなにスッキリする事だろう。
相変わらず断捨離出来ない私は、こうやって、もんもんと自問自答を繰り返し、感情と理性に折り合いを探していくのだ。。。。
あー
100キロ 200キロ走ったぐらいじゃ〜決断できないわ。
逆にどーっと疲れちゃったしー

やっぱり私には私のストレス発散法が向いてますね。
そのようです。www

明日から4日間、我が第2のふるさとへ行ってきます。
三昧です 三昧 ♪ ♪
by zopf-rie | 2012-03-05 16:25
雑談
「ノロウイルス」の名前が、野呂さんに迷惑を広げていると、ヤフーニュースになっていましたね。
どんな事が発端でいじめが始まるか解らないから〜まさかと思うけれど切実な訴えなんだと思います。
ド ラえもんに出て来るジャイアンの妹のジャイ子も、ジャイアンが「たけし」と普通の名前なのに、ジャイ子です。ジャイアンは、ジャイ子のあんちゃん=お兄さ んだからジャイアンだそうですから、メイン登場人物なのに命名が逆?って思いますよね。実はこれは作者が同じ名前の女の子がいじめられたら可哀想だから と、絶対に無い名前をつけたんですって!!
私はこの話しを聞いて、感動しちゃった〜
本当か嘘か、それこそ都市伝説か?!その出どころは確かめてませんがね。(笑)

d0056067_11352839.jpg


そうそう、卒業式の笑っちゃうエピソードが2つ。

Z店長は、前々から決まっていた外部講習会があって、参加出来なかったのですが〜
次男坊が答辞を読むと聞いて〜よっぽど行きたいと思ったんでしょう、撮影を懇願。私が撮って来ると言うと、以前TVでお世話になったハイビジョンカメラを保有する某制作会社にお願いしようと言い出したの!
w(°O°)w  マジかい?! 驚いた〜☆
私も相当の親バカですが〜さすが店長はケタが違うと思いました(爆)

式には、参加しない父兄も居る中、店長を除く家族全員で行きました。
じいちゃんにばあちゃん、私に兄ちゃんでござります。←家族全員してバカったれでーすww
式の最中ハンカチを握りしめていた伊原家一同でしたが、斜め後ろの席のお母さんが式の間中爆睡をしていて、すごいいびきを放ったんです。
しーんと静まると、ゴーゴーと響き渡り、時おり ごごごごっぐぐぐっっと引き付ける始末。。。
( ̄ロ ̄;)気分が削がれるなんちゅーもんじゃーーぁ ありません。
周囲はクスクスと笑っておりましたが、終盤に差し掛かると〜しらけた雰囲気が広がり出しました。。
 (_´Д`)ノ~~ 勘弁してくれ〜〜
さすがに最後の「卒業生答辞」の場面になったときは、近くの方が起こしてましたが、、、、
やっぱりせっかくの卒業式です、盛上がりたいですよね!
大人として恥ずかしかったです。。やれやれ

(写真:L'ZOPF講習会風景より)
by zopf-rie | 2012-03-05 12:09