時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2013年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
復活を祝う日
「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」なので、今日は『イースター』だそうです。
昨年ザルツブルグで購入した、素晴らしく美しいイースターエックを店内に飾ってみました!

d0056067_16273036.jpg


今年は4月の前日に当たって、本当に明日から何かが変わりそうな〜
復活しそうな気がして来ます。

どうします?!  笑
by zopf-rie | 2013-03-31 16:35
今日の店長
「最近Z店長、メディアの露出が多くて心配です私。。タレントになっちゃわないで欲しいんです。」
そんな声を頂きました。
 Σ( ̄□ ̄;)  へっ!?
「ないないなーい!」かなり力強く否定しましたが、、、きっと「パンを作っていて欲しい」というお客様のお気持ちの表れだと思いました。
なので、本日の店長です!

d0056067_11222472.jpg


私が世界1美味しいと思っている「バターロール」を成形しています。(笑)
その早さに、いまだ追いつける者は居ません。
それに、なんと言っても出来上がりの巻加減がピカ1なんです!w
by zopf-rie | 2013-03-30 11:46
コツコツと育てる
もうすぐL'ZOPFは、花々が満開になっていい季節ですが、ボーッとしてられないのがガーデナーです!(笑)
昨日は、チューリップの後を託す、ひまわりの種を蒔きました。
小ぶりなチョコレート色のひまわり。
「うまくいくかな〜」頑張ってみようーっと

d0056067_873513.jpg


春は引っ越しの季節でもありますね。
引っ越し屋さんでアルバイトをする次男坊は「過労死しそう」っと言いながら、連日引っ越し業務に大忙しです。そんな次男坊から身をつまされるような人間模様や、もちろん笑っちゃう失敗談などを聞かされて、例えバイトであっても社会勉強だな〜っと見守っている訳ですが、先日は こんな事がありました。
1日の仕事を終えて戻って来た次男坊、ちょっとつまんなそうな顔をしながら私にビニール袋を渡して来ました。そしてぶっきらぼうに「今日のご祝儀」と言い放つのです。
そう引っ越し屋さんに「ご祝儀」を渡す習慣があるのをご存知ですか?私も息子に聞いて知ったのですが、まあ 3〜4割だそうですがね「お食事代/飲み物代」と言って¥500〜¥2000程度を、引っ越し主さんがスタッフに下さるそうです。チップのようなものですね。時には2万円なんて破格なご祝儀を渡す方も居て、年若い者達ですからね〜結構これで志気が上がるようで(もちろん、そんな事で不公平をしてはいけないのは理解して居るのですがね)現実 人情というか気持はルン♪っとなるのは確かなようです(笑)。
で、袋を覗くと手作りの揚げせんべいが一杯入っていました。そう、今日の祝儀がおせんべいだったとご不満だったという訳でしょう。
まったくもーしょうもない馬鹿息子です (/_\;)、親の顔が見たいと思いました。。w

生まれてこの方ずーっと反抗期が続いているようなヤンチャな次男坊ですからね、頭ごなしに諭しても無理なのはよく分っています。なので...
私「うわ〜美味しそうな揚げせんべい。手作りじゃない?」思いっきり明るく言ってやりました。
息子「そう、そこん家のバーちゃんがくれた」 テンションどん底。
私「作るの手間だし、大変なんだよー。すっごく面倒なの。でも上手に作ってるね〜丁寧に出来てるー、わ〜美味しい!!」
すると息子、ソファーから起き上がって食べにやって来ました。
息子「あああ、旨いわ」やや上向きに..
私「そうだよ、本物の餅じゃないと作れないから〜固くなってからの餅は切り揃えるも大変だし。揚げるんだって時間かかるし。やー醤油の掛け方、絶妙だね!?大概片寄っちゃうもんよ。まんべんなく味が行き渡ってるね〜。きっとあなた達にあげようとおばあちゃん頑張ったんじゃない?1番の得意料理なのかもよ〜」
すると、やっと息子は顔をにやけさせました。
でもそれを見せまいとしてか、またソファーに行ってしまいTVを見始めてしまいました。
私は袋をテーブルの上に置き、それ以上は何も言いませんでした。
後でリビングに行くと、おせんべいの袋と息子は居ませんでした。自分の部屋に持って上がったのでしょう。
 へへへ (`ー´ゞ-☆ 母勝利の瞬間です!
馬鹿な子ほど可愛いとはよく言ったもんです。
我が息子達はマジに可愛い←超親バカ(爆)。

翌朝、息子は元気に飛び出して行きましたトサ。
by zopf-rie | 2013-03-30 09:34
ジューンベリー
今朝は「ジューンベリー」の華が咲き始めました。
花びらが細いし、桜のように沢山花数をつける樹ではないので清楚ですね。
というか貧相?かしらw
でも夏にはしっかり実をつけて〜野鳥達に大人気になるんです!(笑)
日差しが出て来たら満開かな♪

d0056067_8365698.jpg


4月を前に、Zopfのルーキー達が全員入社しました。

面接をしたのは昨年の夏だったので、見間違うほどサイズを変えて来て者も居て(太っちゃったの!)「詐欺だろう?!」などと口走ってしまいました(大笑)。
早速「缶切りを使った事がない?!」とか「電話の受け答えが悪い」などなど、騒動を巻き起こし〜先輩スタッフの手を焼かせてますがー
ちょっと緊張して迎える春ってのも、良いように思います。

頑張れー新人諸君!
by zopf-rie | 2013-03-29 08:59
爛漫 間近!
d0056067_10121130.jpg


早咲きのチューリップが、今か今かと色付いているけれど、イマイチ寒くて開くことができない。
そんな可哀想〜な状態だけど、私はちょっと嬉しい。
ドMだからかしら?(爆)))

d0056067_10121129.jpg


園庭の小道脇もムスカリが顔を出し、冬を越えたビオラがやっと勢い付いてきた。
 σ(^_^;)
あー写真が悪くて、イマイチですね。。。。orz
by zopf-rie | 2013-03-28 10:12
取材
今日は久しぶりに柴田書店さんの取材でした。
「今なぜに、再び?」って愚問だったかな?聞いちゃいました。

d0056067_162651100.jpg


だってね、最近の取材、内容が以前と重なるものが多い。
ほらTVも映画もそうだけど、リメイクとか手堅いものを押しているように思えるの。冒険しないと言うかさ。なーんだろう?
私も結構 保守派の方だけど(笑)、繰り返しは無いと思うんだよね。
話が深く、進化してくれればいいけれど、「知ってるよ」って思われるだけって....困るよね。

ZOPFをオープンして13年
だからこそ納得してもらえる話ってあるようです。
上手くまとまるといいな〜。
by zopf-rie | 2013-03-27 16:44
花見散歩
出社前に花見をして来た!

d0056067_911391.jpg


意気込んで出たのでカメラを忘れ。。。。携帯で☆
あまり奇麗な写りじゃなくって〜申し訳ない!

小川をはさみ、水面に垂れ下がるように咲く桜。
やっぱ日本の桜はこれか〜?!(笑)
by zopf-rie | 2013-03-26 09:08
全クリ!
d0056067_20352272.jpg

全部レアなめこで記念撮影w

息子が「遊び方まちがってる」と呆れてる。
by zopf-rie | 2013-03-21 20:32
卒業式は次ぎのステップへの舞台
桜が咲くと年が明けたような感覚を覚えます。
特に昨日は、卒業を迎える者が2名おり、閉店後に全スタッフが集まっての卒業式になりました。
親しんだスタッフを見送るのは、いつであっても寂しいものですね。

卒業後の進路は色々です。
Zopfの場合 独立開業に向けて動く者が多いですが、必ずしもではありません。でもどの道に進もうと、前向きに 元気に! 堂々とこの卒業を迎える事が、私は1番だと思っています。

d0056067_11544114.jpg


数年前、突然辞めたいと私の元に駆け込んで来た者がおりました。
聞けば彼氏の急な海外出張へ付いて行きたいと言うのです。時期は秋。やっと暑い夏が終って繁忙の時期を迎える頃でした。ほんの数日前まで熱心に仕事について語り合ったばかりだったので、私も驚いて「せめて年末が終るまで待てないかな?」と口走ってしまいました。すると恋敵でも見るように「嫌です!」と泣いてしまったのです。ヤレヤレと思い 諭そうかとも考えましたが、30才を過ぎた女の子だったこともあり、嫁に行くのも時期相応かと母心が動き 即OKをしました。
その後の現場はシフトが乱れ、後始末に大変な思いをしたのは言うまでもありません。残されたスタッフは、とても大変だったでしょう。
でも誰も不平不満を言いませんでした。
それには、実はこんな裏話があったからでした。

辞める際に「辞める理由を一切他のスタッフに言わないで欲しい」私は頼みました。
彼女も理解し、消えるように辞めて行きました。
そう卒業式はありません。
以来どうなったかを知る者も居ませんし、私も何も言わず、今日まで この件を黙り通しました。

人は欲張りだし不安になりやすいものです。いい伴侶にも巡り会いたいし〜もっと自分に合う仕事があるんじゃなかろうか?こんな人生でいいのか?疑問を持ってしまうんですよね。その時に、愛に走った彼女を羨ましく、残された自分を惨めに感じてもらいたくなかった。
未来に不安を感じさせてはいけない、私はそう思ったのです。パン屋の修業時代は辛く厳しい事が多いものだから。
そして「急に辞める」という、社会人としてやってはいけない事を、美談にして欲しくなかった。人に迷惑をかけても良い理由など絶対に無いという、モラルを守りたかったんです。

価値観も意識も多様化して「何でも良かれ」な時代になって来ました。確かに自由に生きる人には、それでもいいでしょう。
でもパン屋でやって行くには、『普通の感覚』のバランスが如何に大切かを、私はパン屋で生きて来て切実に感じています。失ってはダメなのです。
以前にも話した、履歴書にアヒル口の写真を貼った者のように、『普通の感覚』が解らない者には、残念ながら務まらないものなのです。

卒業の日まで、きちんと勤め上げた2人を私は素晴らしいと思いました。
もちろん祝福に集まったスタッフも同様に、敬意の念を抱いたでしょう。
だからこそ、次ぎのステップを踏み込めるんです。さらに大きく育って行ってくれるでしょう。

卒業おめでとう!
昨日は「あばよ」しか言いませんでしたが(笑)また会う日を楽しみにしています。

      写真は市川/ル・ポワゾン
by zopf-rie | 2013-03-21 12:00
賑やかに
d0056067_180949.jpg

L'Zopfの庭が、だいぶ賑やかになってきましたよ!
新入りルピナスさんも、いい感じです!(*^^*)
by zopf-rie | 2013-03-20 17:55