時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
d0056067_19585768.jpg

ドイツのパン屋を巡る。
ところ変われば、パンが変わるだけじやなくパンのもつ価値観も変わり 、生活の一部として=いきる糧として存在し続けてきたパンは、日本とまったく違う存在を知らしめていた


それでもパン生地を前にした職人の気持ちには、言葉の壁はないようだ(笑)。
いつしか話は弾んでいた。
# by zopf-rie | 2007-09-09 19:58
夏休み
d0056067_5535560.jpg

フライトは12時間。途中オランダを経由したりで、結局移動にかかった時間は18時間。地球半周はやはり容易ではない…さすがにお尻が痛くなった(笑)。
ドイツ語の名前を掲げながら、初めてのドイツ入り、まさにはくをつける旅がスタートした(笑)。すべてが興味深く、日本を元気満々に飛び出した二人だった。

今回ドイツ旅行が叶ったのは、今年2月幕張で行われた産業ショーMOBACで、ドイツオーブンの会社ウエルカーに協力したのがきっかけ。すっかり社長に気に入られた店長は、「ぜひドイツへ」と誘われたのが発端だ。もちろん社交辞令は承知だからね(笑)~もうひとつ決定打をくれたのは、何度かHPで紹介したことのある舟田詠子先生のアトリエからの誘いだった。
先生はパンを通してヨーロッパ文学を研究している著名人だが、年に数回行われる講演会を通し、沢山のパンの不思議をごく一般の方々にわかりやすく解き明かして下さっている。パン好きの隠れサイトではないけれど、知る人ぞ知るパンマニアの学識向上に貢献されている(笑)。時には600年前のパンを焼く協力をさせてもらったりお付き合いをさせて頂いてきたが、とてもフレンドリーで冒険家で何事にも積極的な彼女そのものに、私達はすっかり魅了されてしまっていて、一年の半分を暮らすと言うウイーンのアトリエにできたゲストルームからの誘いに、今回ノコノコと名乗りを上げてしまったと言うのが今回の決定打だった訳だった(笑)。
ともあれパンの勉強の為と☆念願のヨーロッパ入りを果たした私は大喜び~!。大好きなヨーロッパに「前世を探す旅」と勝手に目的を差し替えてみたりしつつ♪(笑)、ドイツウイーンオーブン社視察とウイーン旅行をまんまと企てるのに成功したのだった。

まーそんな暴走もいつもの事と付き合ってくれる店長、彼もまた研究心旺盛たから、ドイツを満喫する野心に燃えている様子(笑)。連日ビールを飲み捲り~ドイツを食べ尽くす勢いだ。あはは~。
私は大きく開け空に流れる雲や崩れかけた古城のレンガ、家々の窓に飾らた草花ひとつひとつに歓喜の声をあげては、いつものようにぶつくさ思いに浸っている。
あまりブツブツ小言ばかり言っている私だから、少しは見聞が変わるかもしれないが、いい気分転換は間違いなく、どちらかといえば、また小言に磨きをかけかねない(笑)。
しばし休息のふたり。
# by zopf-rie | 2007-09-07 05:53
テスト
d0056067_1425299.jpg

携帯電話からも投稿できるようにしてみました。本当にできるかしら?
# by zopf-rie | 2007-09-02 14:25
パン屋に成れる性分
d0056067_14183675.jpg
「私はパン屋に成れるでしょうか?」
そんな質問を受ける。
いったい私たちに、どこまでそれに答える資格があり、義務があり、義理があり、役目があるのだろうか。私は実はひっそりとそんな事を思ってしまう。
でもそんな時、ZOPF店長は良くこんな風に聞き返す。
「忙しくなって来た時、例えば急に店にドヤドヤッとお客さんがいっぱい来た時、どうなるタイプ?。やべ〜〜この忙しい時に〜参っちゃうな〜とか思ってげーーーってなっちゃう?。よっしゃ〜〜来た来た頑張るぜ〜〜とか嬉しくなっちゃう?(笑)色々思う所あるでしょ?内心どういうタイプだと自分を思う訳?」
大概の人が見繕って「もちろん、頑張らなきゃいけない場面でしょう」なんて答えてみせる。
ふふふ、そんな優等生な答えはいらないさ〜。ふたりそっと顔を見合わせて笑ってしまう。商売って理性じゃないんだよね。そもそも「しなきゃいけない」なんて言葉を使ってるところから大きく間違っていると私たちは思ってしまう(笑)
正解は?
そうだね、、簡単に表現するなら「嬉しくなっちゃうタイプ」すなわち盛り上がれるタイプかな?(意味分かるかな〜)))
まー何事にもポジティヴなタイプと言いますかね。でもね、「そうしなきゃいけないとか」「頑張ってそうする」とか頭で考えて納得するのではダメなのよ。無理して頑張っちゃうタイプも実は不向き。これは理性でないと思うの。
感情! カッコつければ感性だなっ。
忙しさに合わせてどんどんどんどん自分がハイになって行くっていうか〜、元気になっちゃう様な〜。私は一種「ランニングハイ」に近い現象じゃないかと、分析しているが(笑)。自然に笑っているタイプね。
「この仕事が心底好きかどうか」とか「どれくらい本気か」とか、『これ』を表現しようとすると、こんな言葉になって分かりにくくなっちゃうから、「嬉しくなっちゃうタイプ」=やっぱり「楽しいタイプ」じゃないかな?
これでいいと思う。
とにかく日々、すべてが楽しいだと思う。

だからね=「なぜパン屋になろうかと思ったかと言いますと、サラリーマンが嫌い嫌で=」とか、前の仕事や今までの環境に否定的な人や、始終愚痴をこぼすタイプの人は、向かないと思うし成れないと思う。たぶんこれからも何か上手く行かないとすぐに否定的になるし、ネガティヴでダメになってしまう可能性が強いから。だってね〜パン屋なんて大変な事が多いんだから〜〜〜ホントだよ!嘘つきません!!
早起きも辛いし(私はこれが1番)、仕事はきついし(店長がいじめる)、上手く行かない事ばっかりだし(順風満帆で来る訳ない)。
店を出したから/持ったからってそうそう儲からないし、上手く行く事なんてパン屋は本当に少ないんだよ。知らないのかな。。。
「ZOPFは有名ですごい店です!」なんて評価して、まるで私たちを成功者のように尊敬してくれるけれど、そんな偉いもんじゃないないって=つくづく思っているんですよね、これ本当に。
自分の事だから良く分かるって事で〜、私は馬鹿者だと思ってます(大笑)。
雑草を食べて暮していた時もあったし 笑)。小さな息子を保育園に預けて、看護婦してた時もあった。苦労して苦労して〜今がある訳で、本当にそんな辛い毎日を、あなたは腐らないでやって行けるか?ってこっちが聞きたい。
「どうなのさ?」ってね。
今、ふたりで振り返ってみて、そんな辛かった事もしんどかった事も、なんだか楽しかったのよ。いや=楽しいと言うか、別に<なんてことなかった>のね。いつでもゲタゲタ笑ってやってきた。確かにその時は苦労したけど、苦じゃなかったのかな、今はそうは感じないんだよね。アホなのかも(笑)。
そこにはいつも家族がいて、笑い飛ばしてくれたからなのかな。(←カッコ付け過ぎ)))

とにかく、夢がつかめるかどうかを、人に聞くのは変だよ。
保証された道しか進まないなんて、卑怯だし、気持ちがこもってないよ。パン屋なんて、一心不乱にやってみなきゃ出来ないよ。私達はそうだった。
そしてそれを目指すなら、がむしゃらにやってみようぜ。
アホになって。

今日もZOPF店長は暇を見つけては、拾って来たバイクを直したり、息子にバイクの乗り方を教えたりしている。。。何気ない日常の中で、楽しさを育む。
私は偉い人だな〜とつくづく思う。
そんな事が、今頃分かる馬鹿だから良かったんだと、私は自分を振り返る。。。
# by zopf-rie | 2007-08-25 15:32
本当に笑われるのは、あざけ笑う者
春に入社したスタッフの息切れが聞こえ出す7月、そろそろ顔色が変わる頃。
緊張も溶け素顔を現す者もいれば、一向に思うようにならない毎日に焦りを浮かべる者もいる。「人生とは思い通りにいかないもの」、またそんな説教を言いたくなる(笑)。
美味しそうに焼けた肉は、こっちを見て笑っている。
d0056067_10273656.jpg

このところカフェのスタッフにしつこく質問をしている事がある。
「今日のおすすめについて教えて?」
「今日のスイーツは何?」
たったこれだけの事。なのに返答が流弁に返って来ない。
「えっと〜○○です(料理の名前を言うだけ)」「オリーブオイルで焼いたものです(作り方を説明するだけ)」
「はっ!?」私は呆れる。
いつも毒舌の私だから、口籠ってしまうのもしれないけれど、思わず私が「よし食べたい!」っと切り返したくなるほどの受け答えを、心底してもらいたいものだと思うのだ。
昨日は、いささか切れて=こんな話しで説教をしてしまった。
「もっと楽しませる話術や元気を出しなさいよ」そんな小言が続いた。

家に戻り夜になり、その時のスタッフの様子が釈然としないので、思い出して居た。。「なぜ私の小言を面白く無さそうに聞くのだろう?」と、そして自分の失敗を笑っているのだろうと。
 (説教なんぞ面白い訳ないけれど〜あなたの失敗は大きな問題なんだよ〜)
でもこんな時の説教こそ、これぞ「売れる店/繁盛する店の秘けつ話」だよ?!(笑)。真意とは伝わらないものである。
その時、ふと私は悟った。
(ぎゃははは〜〜ホントにホントに、急に視界が開けた!まさに悟りが開けたの!)
接客ってやっぱり心なんだな〜って。
心のない奴には無理なんだってね。
「この料理何?」と聞かれても、レシピしか答えない奴には、その真意が伝わっていないんじゃ無く、そもそも伝わる心を持ち合わせて無いんだよね。
残念だけど、相手を思いやる心が無いのさ。
私の小言がうるさいと感じるのであれば、もうそれも終わりだし〜。チャンスを生かすきっかけすら、その笑いの下に流してしまうんだ。
悲しい結末だったけれどね。

「自分はパンを習いに来たのに、何でお客様のご機嫌を取らなければいけないんだ?」そんな不満が見える。よく「パン職人になりたいので、販売はしたくありません」と言う子がいるけれど、パン屋なんてそんなもんじゃ無い。「自分は接客は苦手なんで」なんて決めつけは、逃げているだけで、簡単に言えば「やる気ありません」ってだけだと思う。
この「やる気」って〜のは、非常に重要だよね!
口に出して「やる気あります!」って言うのは簡単で、言えばやる気があるみたいに感じる。自分もその気になる。でもそれって感じるだけ。
「やる気」って思う事じゃないし、言って回る事でもない、行動だから!

説教をうるさいと思う人間は伸びない。
素直な者ほど成長する。
それは、沢山のスタッフを見て来た私にはハッキリ言える事。
「ホントの自分はいつもこうじゃない」「いつもは上手にやっています」「今度は出来ます」「ハイハイ解りました」「今日はたまたまだったんです」etc.
そんな言い訳をしているようじゃ〜先は無い。

そしてもうひとついい事を教えよう〜(笑
美味しいパンを作るには、パンの心をつかめないといけないのさっ。
人の心もつかめない者に、モノを言わないパンの心がつかめるだろうか?
接客が上手い者は、美味しいパンを焼くよ〜。これホント。
思いやる気持。深く考える心。自分を振り返る謙虚な気持。。。あなたに欠けているのはどれだろうね?

ため息が聞こえる7月。本当にため息をついているのは、私の方さっ。

がむしゃらに頑張ってみろよ=へとへとになるほどやってみなって〜?

とことん付き合うから。
# by zopf-rie | 2007-07-08 11:21
夏のシュトーレン?
d0056067_82813100.jpg
このパンは、ZOPF店長のまだ未発表の新作。
良質のクリームチーズを贅沢にたっぷり練り込み、チーズの良さを全体に引き出したもの。シュトレンに似たパンで、試作を食べた女の子が「夏のシュトレン」と思わず口にした。いつものシュトレンが伝統的な味を守っているのに比べたら、かなり店長の技や主張が込められている。確かに贅沢感はシュトレンそのものだ。

シュトレンとは、ここ数年でかなり知れて来た、クリスマス菓子である。
宗教的思惑の強い菓子でもあるが、日本ではクリスマスケーキと同じ扱いだ。
なぜ、クリスマスにもみの木を飾り、ケーキを食べ、プレゼントをもらうのか、その本当の意味はすでにどうでもよいと言う訳なんだろう〜
私もこの場で、年寄り臭くそれをどうのこうのと説教するつもりも無いけれど、「シュトレン」はやっぱりあの時期に食べてこそだろう?っと思うから、なぜ今時分にこんなまがい物を誕生させたんだ?と内心半信半疑で試作を口にした。
。。。。。。
悔しいけれど美味しかった。
あはははは〜 
理性や理屈では、押さえ切れない正直な感想だった。
これにはこれの魅力がいっぱいで、十分楽しませてくれる素質を兼ね備えていると実感した。公式発表が待ち遠しくなった(笑)
でも本当に名前は「夏のシュトレン」なの???
やっぱり年寄り臭いぶつくさの私は、このパンを見て思ってしまったのだ。

世の中が「なんでもいい!」とルーズになって行ったらどうなるんだろう?
給食費や保育料を払わない親が居たりしたけれど、障害者や弱者に優しい社会のように色んな問題や事柄を柔軟に受け止めるようになったのは、素晴らしい進歩だったけれど、そこに秩序や分別があってこそで、ただ無差別に無作為に「なんでもあり」と言うのは、全く意味が違ってしまうと思うんだ。
(パンからなんと難しい話しに発展していますが〜だはは)

最近、色んなパン屋が現れて、色んなパンを見る事がある〜。
「クロワッサン」と名前の付いているけれど〜形は確かに三角形のパン生地をクルクルと巻いたものだけど〜重たい分厚いクッキー生地のパンだったり。
「バゲット」と言いながら、開けてみると目がぎっしり詰まったパンだったり。
批判している訳じゃ無いけれど=でもね*それは「クロワッサン」じゃないし「バゲット」でもないですよ!
自信を持って自分なりの名前を付けてあげればいいのにって思うけれど、その違いをどこまで認識して理解しているか心配になるんだ。
う〜ん解るかな。。??
違うパンを作っている自分をどこまで理解している?って事なんだ。本筋を実は見失っていない?ちょっとカッコのイイ(外見の整った)パンが作れる、作れたって事で、なんだか一人前のパン屋になっちゃった気がして、過信してないだろうか?って事なんだ。
例えばリーンなパンほど難しくって、納得のいく「美味しいパン」が出来上がるには、それこそ長い長い月日がかかる。やってもやっても上手くいかなかったり。。そんなジレンマの鉾先を、形の斬新さや組み合わせの目新しさに頼って、自分は一人前のパン職人になっちゃった気になっちゃった気になる〜うみたいな。
老婆心な私の心配なんですがね、最近そんな気持を募らせている。
これまた大きなお世話だけどね〜〜(大笑)
一時前「天然酵母のパン」とか「こだわりパン」とか、「粉が違う」「酵母が違う」「うちはこんなにこだわっている」って話しばかりが横行した時代があった。
最近は独自な路線で個性を表現しているお店に注目が集まっていると言うけれど、本当に独自の路線を表現し切れているだろうか?それほど我の強い店主がいるのか?ってつまらなくもあるんだ。
シュトレンを1年中販売してみたり、夏のシュトレンなんて名前を付けたら、「シュトレン」って名前にあやかりたいだけじゃない?ってずるさを感じちゃう訳なんだよ。私はね。。(ごめんなさい。)
何もそこまで潔癖に考える事ないのかも知れないけれど、でも考えない事が最近多すぎるからさ〜厳しく考えてみたいのかもしれないけれど。。

お客様の希望に合うパンを焼く事は、確かに求められている事だろうけれど、顔色を伺うパンや受けを狙うパンを追うのは違うと思う。こだわりを語り、斬新さを売る、独自の路線を訴えながら、どこでもやっていない事ばかりを探し追い続けるのは違うと思う。
今日もZ店長は工場でパンを作っている。
本当によく働く人だ。ほとんど寝る時間以外は、仕事をしている。
(あ〜と、もちろん遊ぶ日はとことん遊ぶ人ですが〜笑)
常に追究を忘れないし、自分を見失わない。そして丁寧にいつもと変わり無いパンを、作り続ける。当たり前のようにね。
18才の店長を知る私は、いまもその変わらない姿に安心する。
そんなパンを美味しいと確信する。
# by zopf-rie | 2007-07-08 09:53
静かに花に魅せられて取り戻す心
d0056067_805018.jpg

久しぶりの投稿で、ログインのパスワードも思い出せないんじゃないかと焦りました。。。すみません。お久しぶりです。
正直、、心に余裕が持てなかったんですね。ごめんなさい。
ブログってやっぱり日記みたいな要素があって、義務感とかじゃなく、自分に向かい合いたい時にしか、私には書けないみたいです。
実はちょっと体調を崩しまして、ついに病院で精密検査をする事態になってしまいました。一時は不治の病かとかなり仰天しまして、何も手に付かない時間を数日過ごしましたが、以外と自分の図太さを知ったと言いますか〜、結果はまだ出ていないのに、開き直れたとでも言いますか〜すっかり今は仕事をこなせるようになりました。
「そこねてみて知る健康のありがたさ」ではありませんがね、本当にすべての事が、元気の上に存在するんだな〜っと思います。

「元気でいること」これって素晴らしいです!
# by zopf-rie | 2007-07-08 08:18
指導者としての威厳と暴君
2月に行なわれたMOBACで、ZOPFのデニッシュをじーっと見つめる女性がいた。なんとなくカンで同じ立場(パン屋の嫁)の女性と感じ、声をかけた。「デニッシュお持ちになりますか?」ハッとしたようだったが「はい」と言われるので、いつものように紙袋にさっと入れて渡した。すると「この渡し方だとクレームがきませんか?」と質問が帰って来た。「大丈夫ですよ。でも箱に入れて欲しいと言う方(お客様)には箱に入れますよ。」と答えると、少し不機嫌な顔をして「違うんです、スタッフがです」と少し荒立てた声で言い返して来た。どうやら、パートスタッフがデニッシュを包装する時に、例え1つでもケーキを入れるような立派な箱にデニッシュを入れてしまい、困っているのだと言う。「それでは割が合わないから(儲けが出ないから)止めて欲しい」と言っても、指示に従ってくれないというのだ。。。。賑わったMOBACの会場での立ち話にしては、結構立ち入った話しでもあったが、とても切羽詰まった様子が感じ取れて、とても彼女を苦しめている問題なんだろうと思えた。
私は次の瞬間、わざと強い口調で「言う事を聞かせなければいけないですよ。怒ってでも怒鳴ってでも。びしっと言ってやらなければいけません!」と言い切って見せた。それまで目を合わせず下を向き加減の女性は、かなりぎょっとしたらしく、一瞬私の方を見上げ凝視すると、「さすが〜怖いんですね。。」とそんな言葉を残し去って行ってしまった。
むろん私は凹んだ。
でも。。。彼女の心には何かが響いただろうと納得させた。それから数カ月が経った。なぜか、あの女性の事が忘れられないでいる。もっと話す時間があったなら、もっと彼女の気持をくむ事も出来たし、穏やかに励ます事も出来たと思えてならない。
そして、指導者とは、ある時は暴君に見える事もあるだろうけれど、ある程度仕方ない事だととても話し伝えたい。沢山のスタッフを取りまとめ、動かして行かなければならない立場は想像以上に大変だから、ZOPFがここまでやってくるのも、そりゃ〜大変だった。人に言えない苦労なんか、山ほどある(笑)。
いつも優しいZ店長だって、時にスタッフに厳しい言葉を吐く事もある。以前ある店主が「Z店長はどうやって怒るんですか?」と聞いた事があった。「殴る?」「怒鳴?」って尋ねられ、店長は困ってしまったが〜大人がこんな質問をするとは、やっぱり切羽詰まった問題があるんだと、パン屋の経営には思うところがあります。
「パン屋をやる」ことは難しい。腕の問題の他に、経営能力や指導力も問われるからね。。。スタッフとのコミュニケーションを上手に取れとか、リーダーシップを発揮しろとかよく耳にするけれど、具体的にどうすることなの?と聞かれたら、答えはすぐにでますか?
「文句を言わず、従えばいいんだ」これは暴君?でもここがZ店長の店なら、店長に従うのが当たり前、本当はそれに尽きるのだけれど、まだ、経験の浅い者には理解し切れないところがあるんだろうね〜。意味を取り違えていると私は思うけれどね(笑)。
さらに「「違う」と思うのなら、それは自分の店でやってくれ」そんな事も言う時がある。どうだろう?さらにこの言い分は暴君だろうか?、パン屋と言う世界なら至極当然だと思えないだろうか。これが自分の店を守り、自分らしい店を造って行く事だと私は思う。店主の在り方を教えているんだと私は垣間見る。
特徴のある独特のお店を作り出すには、ある意味ワンマンに引っ張って行く必要がある。もちろん理屈も理由もなく、黙って着いて来いと言う訳ではない。「自分はこうしたいのはこうだから」自分の意見をきちんと伝える事は大前提で、きちんとした指標を示し、毅然とした態度で望むことが非常に重要なんだと思う。まさに揺るぎない姿勢を持って当らなければ、真に人は着いて来ないものだ。
ZOPFができたての頃、私はよく店長と喧嘩したものだった。工場とフロアの境目で、意見がぶつかり合うのがしばしばだった。そりゃ〜激しい喧嘩だった。どれほど店長を傲慢な奴と思ったかしれないが(笑)、店長の傲慢にはいつも目的があって、理由がちゃんとあった。指標を示す事、これが指導者としての大きな役割だと思った。

「(スタッフを)怒ったら辞めちゃいますもの。。」そんな事も漏したその女性は、今もスタッフの顔色を見ながら暮らしているのだろうか。スタッフが憧れ、そうありたいと願う指導者に変わらなければ、スタッフは留まらない。そんな事を補足したら、またぎょっとされてしまうかもしれないが、もう1度会えるものならと思っている。
d0056067_1544750.jpg

# by zopf-rie | 2007-05-13 16:23
土佐小夏
今日、カウンターに座ったお客様から、お土産でレモン色の丸い柑橘系の果物を頂いた。「小夏」と呼ばれている関東では珍しい柑橘類で、高知がメッカの特産らしい。ご実家から送っていたものを、お裾分けして下さった。
d0056067_13335255.jpg
さっそく興味津々のカフェスタッフと切り分けてみる。とても爽やかなレモンに似た香が辺を広がり、味もとてもレモンに似ている、爽やかな味だ。でも酸っぱくなくって、甘いの〜。食べた事のない味だ!美味しい〜〜〜(笑)
あれこれ調べてみると、200年も昔、宮崎のある農家の家で偶然見つかったとされる。どうやらルーツには、ゆずが関係しているようだが、詳細は不明だそうだ(笑)。つるつるの皮の下にある、白い部分(通常ならほろ苦い部分)が、美味しくいただけるのが特徴で(食べ方は:皮をリンゴのように剥いたら、適当な大きさにカットして頂く)、通常柑橘類はこの白い部分にも栄養分があるのだが、苦味があるから取り分けてしまうので、この小夏はその点がとても有効で「最も効率良くかつ美味しく機能性成分を摂取出来る柑橘類」と言う訳だそうだ〜

初夏の特産=「小夏」(日向夏)、ちょっと果物屋さんの店頭を探してみたくなりませんか?見つかるかもしれません。そして機能性食品に注目が集まる昨今、ちょっと皆を出し抜いて、美味しさを独り占めしちゃった〜とにやけてみるのも面白いかも♪(笑)
おすすめします〜〜

重いのに沢山持って来て下り、本当に嬉しいです。
そのお心使いが、素敵だと思うんです。
この場に代えてですが、お礼申し上げます。ありがとうございます。そしてご馳走様です〜。
# by zopf-rie | 2007-05-13 14:17
一瞬でも魅せられてしまって!
d0056067_946219.jpg
新築のお祝にと、お花を頂いた。なんとも愛らしい〜
色あせず3〜4年持つように特種加工された、正真正銘の本物のお花なんですって!パリで人気のお花屋さん、クロード・カンコー氏が独自に考え出した芸術性あふれるもので、大変人気だそうだ。「 Preserved Flowers 」まさに保存された花々と言う。
よく花の本の表紙を飾っており存在は知っていたが、手にしてまじまじと眺めるのは初めてです。Shopではまるでチョコレートやケーキをチョイスするように、ショーケースに並べられていると聞きます。きゃーーー!止めどもなく買ってしまいそうです(笑)

昨日もR'ZOPFに飾るお花を探しに、いつものお花屋さんに出かけましたが、母の日の時期でもあって、とても沢山の花が溢れていました。沢山の花の中から、気分や願いに込めたお花を選ぶのはとても楽しいものです。昨日はもちろん母の日ですから、カーネーションを加えたアレンジ花にしました。
目の前であっと言う間に思いの通りの、花を活けてくれるは、ワクワクしてとても嬉しくなります(笑)。まるで作ってくれている、お兄さんに惚れてしまった感じです(大笑)))
出来上がったお花を見て、「沢山の人に愛でてもらいたいね〜(眺めてもらいたい)」と花に話しかけてしまいました。
こんな私って危ない☆?
うふふふ〜〜いいじゃないですか〜〜ZOPFに来た一瞬だけでも、魅せられてしまったら〜。パンに酔うようにね!その瞬間がたまらないんですから!!(笑))
# by zopf-rie | 2007-05-12 10:29
将来が変わる瞬間
d0056067_1034439.jpg
ZOPFで働き始めて1番長い中堅どころのパン職人スタッフが、先日とあるパン店に出掛けた。かなり有名なパン職人で、最近地元に戻りパン店をオープンしたようだ。そのZOPFのスタッフも同じ地方出身であり、将来は地元でパン店を開くのが夢だから、その店に、一層の期待を持って出掛けていた。

店は東京を思わせるような、小洒落た造り。東京と違いスペースを広く使える点を強調し、優雅に素晴らしい造りだったと言う。お金かかってそう〜って感じね(笑)。
ところが、肝心の主役のパンが、どうも飾り物のように鎮座していて、並んだパンの量も淋しい限りだったと言う。。数も種類も少なく、お客さんの入も静かだったと言う。
「ZOPFを見ているからいけないのかな〜?」スタッフは苦笑いする。
自慢する訳では無いが(笑)1日に300種類6000個を店に並べる個人店はそうそう無いだろうから、そう感じるもの仕方ないかもしれない。ましてZOPFは「店をどうにか広くしたら?」と怒られるほど狭すぎるから。。。
でも、その時「選ぶ楽しみって言うのかな〜ワクワク感がなくって、買い物が淋しかったんですよ」そんな感想が聞こえた。とても淋しそうで、がっかりしている。

有名店となれば、おすすめのパン=代表するパンが必ずと言ってイイほどあるものだから、それさえ購入できれば満足じゃ無いのか?と思うが、やっぱり人間は欲深い(笑)。せっかく来たからには、もっと掘り出し物のパンにも出会いたいし、自分だけ先取りのパンも見つけたい(発見したい)、さらには目の玉がぐりぐりするほどビックリするパンもあって欲しいし、職人を震えさせる職人技も見たい、、などなど欲望は渦のように巡るのだろう。。。ま〜頑張って飛行機に乗って行ったと言う思いもあるのだろうが(大笑)))。
将来の夢を馳せていたスタッフの消沈ぶりは、大きかった。
そして「実家に戻り、自分と嫁と出来る範囲の店を小さくてもイイからやればいいと思考えていたけれど、それじゃあ自分の描くパン屋ではないと解った。所詮職人1人でできる仕事は悲しいけれど限界がある。それを仕方ないと言うのはこっちの都合で、お客さんの希望はそこはかとなく広いものなんだ。満足させる為に課せられた自分の役割の重さを痛感した。ZOPFで働きながら、正直「こんな店を持つ事は自分では出来ない」そう当たり前にあきらめて肯定していたけれど、それではいけないと分かったんだ」そう話して、やっと元気な顔を覗かせた。

店長は穏やかに笑っていた。

私達はスタッフに何をしてあげられるだろう、いつもそう思ってきたけれど、彼の成長ぶりがとても嬉しかった。「時が来ないと分からないもんなんだよ〜」おごる事のないい店長はさりげなくつぶやく。あらま〜っと悔しい顔をして笑い返す。

気がついた彼と気がつかなかった彼、たった1日で彼の将来は、大きく変ったのだと思う。ちょっと鳥肌が立つ話(笑)。
# by zopf-rie | 2007-03-20 12:28
懲りない性分は夢を見る
d0056067_973429.jpg
何やら怪し気な蜂蜜を、買ってしまった。
250gで¥9700もする代物だ〜
(でも半額で買った)=だからもっと怪しい(笑)

なんでも、『Bio Active 25+』と掲げられ、ちょっと前から騒がれている『アクティヴマヌカ』成分が超〜MAXな優れものらしい〜!(笑
このアクティヴマヌカって言う成分は、殺菌効果に優れ、口腔内のトラブルを押さえたり、胃癌の機縁菌とされる「ピロリ菌」を殺すと科学的に証明されているらしい。
そんなこんなで、免疫力を高め、すなわち身体にイイ!と言う訳だ。
もちろん、納豆効果のように飛びついたのは言うまでも無い。分かっちゃいるけど、まだやらせって聞かされて無い分、夢と期待はあるもの〜!
人間は懲りない動物だから。
うっ?私だけかしら〜? ぶははははは

毎朝ティースプーン1杯ずつ、Z店長となめている。

そして青汁を飲み、サプリを20粒ぐらい手のひらに抱え、夜には養命酒を飲んで寝る、、そんな日が近く来るんだろうか?。。そんな妄想をしてふたりで笑う。
# by zopf-rie | 2007-03-20 09:25
忙しいからこそ花をいける
d0056067_8241919.jpg
久しぶりに花のリースを作った。
近所に元気な花屋を見つけて、嬉しくって買い込んでしまったのだ(笑)。
ちょっと身なりのむさ苦しい冴えなそうなお兄さんと、厳しそうで嫌味をぼそぼそとこぼしそうなおばさんがいつも店先に立っていて、入りにくい印象で実は中まで足を運んだ事がなかったのだ。毒舌家をうたう私だが、実は人見知りで新店開拓が苦手で、いつも同じ店にばかり通ってしまう。それこそ勇気を出してその花屋に入った。その店を気にし始めて2年経っているのだから〜私もかなりの偏屈かもしれない。そんな事を反省しながら、溢れんばかりの花の中から選んだ花を、楽しくいけた。

花はいい。
最近は花を見ていると、「こっち向きにいけて欲しい」って語りかけてくれている気がする。な〜んて言ったらちょっと気持悪いかな?(笑)でもまさにそんな境地。
落ち着きたい時に、しっとり花をいけるのがいい。

飾られた花を見ていつも決まってスタッフが、「お花っていいな〜って思うけど、自分じゃ全然出来ないし」と言う。そして「どうしたらできるようになるんですか?」と聞く。「まずは花を好きになる事」そう答えておくのもお決まりになった。

花を上手にいけるには、やっぱり訓練が必要だと思う。
だけど、そのまえに花が好きで、花を飾りたいと言う気持がある事が大切だと思う。もちろんこんな事は花に限らない。絵でも手紙でもそう。仕事ではなく(義務ではない)趣味の様な事は、気持がないと始まらないと思う。そうじゃない?
でも、こう言い切ってしまったらせっかく「お花っていいな〜」っと思った気持が救われないだろう〜(笑)。私だって花を愛でる人が増えて欲しいと思う。
じゃあ〜気持ってどこで作られて、どうやって育つのだろう?私はスタッフの顔を見ながらいつも思う。
私の母がいつも玄関先にいけていた花を見て育ったからだったの?それは今となっても解らない。でもいつか「そう言えばいつもZOPFには花が飾られていたっけ〜」そんな事を思い出してくれて、きっかけになったらいいな〜そう思う。

感性は無理強制はできない。
でも育てる事はできる。心に止まったのなら、どんどんチャレンジして、自分を磨いて欲しいと思う。
楽しくいけた花が、ご機嫌に仕上がった!
今回のリースの出来映えはとてもいい〜一層嬉しいね!!
# by zopf-rie | 2007-03-04 09:56
毒にも意味がある
店長と私、お会いしてお話をさせて頂いた方も少なく無いと思いますが、、結構な「毒舌家」です。ご存知でした?(笑)
確かに店長は穏やかな人柄ですが、煮え切らないような回りくどい話し方は好みませんし、何より質問に答える時に「そんな〜別に〜」なんて、ハッキリしない答えは、相手に失礼だと思うので、単刀直入分りやすく答えようと努力しています。
関西風なら「儲ってますか〜?」って聞かれたら、「ええ具合ですよ〜」っと答えた方がお互い気持がスッとしませんか? 私はそう思います。
とくに、パン屋はなかなか休みが取れませんから、休日を返上してわざわざZOPFまで来てくれているパン職人に、私達がかしこまってしまったら淋しいじゃありませんか。酒を酌み交わして〜なんて時間(ホントは欲しくても)なかなか持てないから、それが痛いぐらい分かるから、私達はいつも初めての人でも親しく話す事を心掛けます。

私達の毒舌も私達なりの愛情表現と(自分で言うのも変ですがね)、そう思うポリシーがあります。建て前や誤摩化しは私達は好みません。
誰もが「本当のところ」って言う本音が聞きたいし、出来たら腹を割って話したいと願っていると思うからです。
ほら、親友と夜通し語り明かすなんて経験はありませんか?「本当は毎日辛いんじゃ無いの?」なんて本音の話し。まさに他の誰にも話せなかった話し、聞いてもらえるだけで胸のつかえがすっと消えて無くなります。他の誰かには聞かれたく無いオフレコ話しをする時もあります、こんなぶっちゃけ話しが、明日への元気に繋がって行ったりしますからね。
さらに、ZOPFで修行中のスタッフには、厳しい言葉がガンガンとかかります。毒の吐きまくりです(笑)。パンに対する姿勢や、それこそ日常の生活態度まで、その毒は続きます。パン職人は結構悩みが多いものですから、それでヒントが得られたり、解決に導けたらと思うことしきりです。少しでも色んな話しをして元気になれたら本当にイイ〜いつもいつも思います。

毒舌は悪口と違います!(笑)
それが分からないお子ちゃまには、そもそもこんな私達の話しは通じないのでしょうが、「大人の事情」だの「言い訳」だの私達は、みみちいことは考えません。
めざすは「元気なパン屋」だけです!

d0056067_16461516.jpg

# by zopf-rie | 2007-02-11 16:47
理解すべきところは、別にある。
ZOPFに見学に来る人も増えたが、このところ研修のお申し込みが大変多い。
さらに講習会などをする機会が増え、つい先週も神戸芦屋で大きな講習会を開いた。受講者が大変多く、スタッフも連れたくさんのパンを焼いた。
ZOPF店長は大勢の前に立っても、マイクを付けても、いつも通りにこやかだ。
つくづくこのように包み隠さず、見栄を張る訳でも無く、いつでもどこでも「素」で居られる人は、素晴らしいと思った。

講習会では、休み時間に個人的な質問や悩みごとの相談を多く受ける。本当に些細な質問だから「大勢の前では言えない」と言うが、「値段の付け方は?」「スタッフの怒り方は?」「売れ残ったパンの処分は?」「お客様とトラブルになった時は?」などなど、みんな同じような事で悩んでいるのだった。
直接パンの製造に関わる質問でない事も多いが、小さなパン屋ではパン作り以外にする事は多いから、切り離せない問題なんだと思う。
「悩みは尽きない」みんなそう口を揃える。
そして誰もが1人の人間だからね、悩みごとがあってどこかがスッキリしなければ、パンも元気に焼けないのだ。ホントに共通している。
d0056067_13571053.jpg

そんな受講者の方々に、色々お話しをさせて頂くが、結果報告などして下さる方を見て思う事があった。やっぱり前向きで「やってみよう!」と思う人、とりあえずでも動いてみる人は、進歩するのだ〜。大きく差が開く瞬間だと思う。

「どうしたら、300種類のパンが焼けるんですか?」こんな質問があがる。
当たり前のように「少しずつ増やしていくんだよ〜」店長はあっさり答えると、質問者はオイオイって顔をしながら「そんな〜だって大変でしょう〜きっとコツがあるのですよ〜そこをなんとか教えて下さいよ〜」そんな泣言を言ってくる。店長は困ってしまう。だって「いっぱいパンがあったら楽しい」それが店長のコツだからだ。私には解る。そもそも「大変」だなんて微塵も思ってやしないし〜、どうしたらいいのだろう〜と暗く悩む事も無い。

その時、手際も製法もすべてが、職人の心意気の上にあると私は思った。どんなに優れたレシピを知っていても、表現するのはその職人次第なんだ。職人がやらなければ、未来は開かない。この質問をした職人だって200ぐらいのレシピは持っているはずなんだ。でもやらないんだよ〜地道にやってみようとしなきゃ、始まらないんだ。やってみなきゃ〜

「歌って踊れるパン職人」私はZOPF店長に次の夢を見る。
# by zopf-rie | 2007-02-11 15:10
誰か私と寝てくれませんか?
今年の千葉は、どうやら温暖化の影響で、雪が降らずに終ってしまいそうなんですって。。。
ちょっと残念です。d0056067_1242087.jpg 
気分だけでもと、雪だるまの写真を〜(笑)
可愛いでしょう〜 ふわふわなんですよ〜〜

年頭のご挨拶も無いまま、2月になってしいましたね。いつもお越し頂いている皆様、本当にすみません。
どうもこのブログはプライベートとの認識が強くて、抱えている仕事が全て終らないと、順番が回って来ないのです(>_<)。
不器用でダメですね。。。
実はお正月の休みから、『ZOPFメニュー本』を本格的に書き始めたんです。(現在冊子は底をついてしまいましたので、第4版となります)
さらにグレードアップした大作に(?)なりつつありますが、そこに初夏にオープンを控えている、3つ目のZOPFの話しも含めたりと〜もう欲張ってしまって、先が進みません。
ついに店長から「別所に強制収容=!!一気に書き上げてしまいなさい=!!」っとお達しが出たほどで、ならば温泉宿を予約しようと電話器を持ったのですが、、、なんと1人でお泊まりした事がないんですよ=私==
「(T_T)恐くて泊れない〜〜」っと泣いたら、完全に店長には呆れ返られてしまいました。。。とほほほ

でも、皆さん
旅館やホテルに泊まると金縛りになったり、変なモノ見たりしません?
小学生の心霊話じゃないけれど、私結構〜ダメなんですよね。。
先日もビジネスホテルだったんですが、口をふさがれて(夢なのかも知れないけれど)
苦しんでもがいていたところを店長に揺り起こされました。
もちろん、店長は「また金縛り?」って笑ってやがるんですがね☆

あ〜〜〜温泉に入って癒されながら〜仕事に精を出すなんちゃ〜文豪みたいでかっこいいな〜〜。さぞいいモノが書けるだろうな〜
しかし、寝れなかったらモトモコモ無いしいな。。とほほほほ

誰か〜私と一緒に〜寝てくれませんかね=!?

これじゃ〜危ないメールのタイトルだね(爆笑〜!
# by zopf-rie | 2007-02-11 13:12
甘える事
d0056067_16271112.jpg
出棺の時、私が父へ伝えた言葉は、「ごめんなさい」でした。
いつも素直じゃなくて、優しい言葉も親孝行もしてなかった私には、そんな後悔の念が強かったのかも知れません。
「なぜ死はあるのでしょうか?」などとセンチな事は言いませんが、「死」は辛いものですね。「ごめんなさい」っと言っても、もう返事は聞こえないのですから、、、。

親孝行とは、なんなのでしょう?
店長は「何かをしたとかじゃなくて、心配かけない人間になることじゃないか」っと言ってくれました。
その点ではいつも「りえの事はぜんぜん心配してないよ」っと言われ続け、18才で家を出てからは、ほとんど疎遠なまでの生活をして来ました私はいい娘だったのでしょうか?お金をせびったこともないですし(笑)〜 何かを甘えて買ってもらった事も、あまりありませんでした。
でも、そんな両親が結婚が決まった時に、結婚式を挙げさせてあげる代わりに、結婚までの半年間 家で一緒に暮らそうと持ちかけたのを思い出します。
アパートを引き払い実家に戻ると、部屋が薄いピンク色にきれいにリホームされていたのに驚きました。あと半年しか暮らさないのに、家具まで揃っていたのですからビックリです。「バカじゃない〜?」などと言って笑って過ごしてしまいました。。今思えば感謝の気持も伝えるべきだったのに。。反省しています。。

慌ただしい葬儀を終えて、やっといつもの様な毎日が戻って来た11月になって、急に私の背中が痛みだし、夜も眠れないほどになりました。
始めて体験する痛みに これはただ事ではないと焦り、病院をあちこちと回って、やっと原因をつかみました。仕事のやり過ぎですって(笑)要するに運動不足に年なんですわ〜。長時間のパソコンをやめ、適度な運動を心掛けると、数日でだいぶ痛みは軽減しました。今後は治療と言うより健康的な生活を送らないといけなくなりました。
その痛みの中、あまり痛いので冗談でですが、「父にたたられたのかな?」っと思わず母に言ってしまいました。むろん母には大怒られ呆れられました。
そして痛みの原因が分かってからは、「いつもお父さんは、仕事もいいけど健康に気を付けなさいって言っていたでしょう?それを守らないから、あなたはそうなったのよ=」って反撃されてしまいました。
もしそれが本当なら、いつも厳しかった父らしい容赦ない「説教」だな〜と思いました。まさに身に染みる痛みでしたから〜(笑)

瞬間湯沸かし器の様な性格は父譲り
そのくせくよくよと悩むのは、気の弱さが同居しているから、そこは母譲り
それが嫌いだったけど、やっぱり両親は大好きです。

もっと甘えておけば良かった、そんな事を今思っています。


「かえりみて悔いのない日を送ろうと思う」
父が長い闘病生活のなかで、壁に書き留めていた言葉でした。
# by zopf-rie | 2006-11-11 19:15
いつもそこにあるほくろ
d0056067_14365891.jpg
先日、ふと長男の右まぶたの上にほくろを見つけた。
「あれれ?ほくろ??」っと口走ってしまったら、「生まれつきでしょう」と呆れ顔の長男。「面目ない。。。」っと小さくなった私 これでも一応母親。。。(笑
ボサーっとしている訳では無いが、色んな事が大河のごとく、、いや土石流のごとく私を押し流して行く。本人の気付かないところで、もしかしたら何かが起こっているかも知れないと、急に恐くなる。。
先日とあるブログで「最近のZOPFがおかしい」とあったのを見つけた。パンの袋の詰め方や声がかけが以前と変わったとの指摘だ。内容からスタッフに注意を促す必要を感じ今後の対策を取ったが、以来 頭のすみから その事が離れなかった。

どんな仕事も大変なもので、パン屋の仕事も同じだ。さらに接客となれば一層難しい。
店の仕事に不慣れな者が接客にあたってしまうことも避けられず、迷惑をかけられたお客様には、結局お詫びするしか無くなってしまう。むろん言訳は出来ない、いつなん時であれ それがZOPFであるのだから、店を開けている以上、パーフェクトで無ければいけないのである。至極当然で何の反論もない。
ブログは「こうやって1流の(普通のと言う意味合いの)パン屋へと変わっていくのか」と悲しい終わり方をしていたが、もちろん私はそんなつもりは微塵も無く、私達が託したZOPFへの夢は消えていない。

確かにZOPFは大きくなった。
スタッフが増え大所帯になった。
だから色々な事が、細やかなに伝わりにくくなってしまったのも否めない。スタッフの入れ替えがある度に、私が教えたもろもろが、店長が伝えたかったそこここが、1から出直しになってしまう事もいつものごとくだ。そんな繰り返しでは、質の向上が計れない、いや今にグンと味が落ちてしまうなんて恐ろしい事もあるやもしれない。
世の中が利己主義に傾きつつあるから、チームで仕事をする職種の足並みを揃えるのは難しい。年齢層もバラつけば、それぞれの育った環境も異なる。パン屋は肉体労働だから、体力的にへこたれる者も多く、女の子には特に過酷だ。すぐに弱音や不満を訴える者も少なくないし、同調を求めて騒ぐも者もいる。
「なんだって凸凹の奴らばかりなんだ!」さすがの店長も時折怒っているが、こんな凸凹のスタッフと共に、やって行るのが現実なんだ。
人が育つには時間がかかる、だから「そこを理解して大目に見て欲しい」そう言いたくもなる。自分も含め見れば見るほど未熟だから、許しを乞いたい時も正直ある。
口をすっぱくして、スタッフに注意を始終言って聞かせる。「こうしなさない」「ああしなさい」。。それでも育つまで時間がかかるから、ぐっと見守るけれども、、、、
でもね、、でもさ、、
やっぱり「仕事」である以上 未完成では許されないんだよね。
「未熟だから許して欲しい」と主張していけないのが、この仕事なんだ。
それに、もし凸凹をならして(平にして)「誰でも出来る」「誰でも作れる」に甘んじたら、まさにZOPFは終りだよね。秀(ひい)でていたからこそZOPFなのに。
未熟な者にそろえたら、そんなの恐ろしい。。。

私達はスタッフの未熟さなんか十分理解している。
でもみんないい子ばかりなのも知っている。
それとこれは話が別なんだよね。
いい子だから〜なんて『情』に流され、仕事に求めるものを我慢したら、その子の為にもならないし、当然仕事の質は上がらない。

ついて来れない者は落ちて行くしかない。去る者は追わない。
学びが遅い者は、人の何倍も努力して下さい。それを偉いとも思わない。
私達の志を低くして、ZOPFを変えてしまったら、本末転倒 もともこもないのだから。
私達が目差したZOPFを守り、ZOPFを貫くことで、本当のものが受け継がれて行くのだから。
そしてそれがお客様の真に望む事だと、もっと私達は知るべきなんだ。修行は辛いさ仕事も辛いさ、だからってそれがなんだって言うんだ?パンは自己満足で作るものではない、ましてや努力の量で誤摩化すものでもない。美味しく食して頂く為に作る、それがパン屋のパンなのだから。

私はこのブログに感謝する。
自分に気付かせてくれたからではない。人は結果で事を計る。そこにどんな理由があろうと、結果が全てを創造する。
だからこそ、もっと一瞬一瞬を大切にしていかなければならない。
いつでもパーフェクトであるのが、最低水準としなければ!

私のぶつくさも絵空ごとにならない様に、肝にすえた。
# by zopf-rie | 2006-10-29 14:57
豚もおだてりゃ木にのぼる
d0056067_12502181.jpg
先日、ある方からこんな話を聞かされた。
ある有名なパン職人達が「なぜZOPFのパンはあんなに人気なんだろう?」と話し合っていたそうだ。もちろんお酒を飲みながらの会話のひつとだったらしいのだが、、。

「あんな場所で、なぜなんだろうね〜?」
「あのパンの販売スタイルがいいのかな〜?」
「店が狭いのがイイとか?」

などなど、色々協議はすすめられたらしい。

そこまで、その話を聞かされたZOPF店長は、
「なんだよ失礼だな〜パンが美味しいからって言ってくれなかったのかよ〜」
そんなヤジを笑いながら言っていたが、そのパン職人達の話を観望していたその方も、同じ様な事を思いつつも、きっとそこには他ならぬパン職人としての意地もあるのだろうからと大目にみつつ、ちょっと鉾先を変えて「あそこは奥さんが元気だから〜」と言ってみたそうだ。
すると、
「あ〜〜〜(納得するように)」
と、どなたも口を揃えたらしい。

今度は私が
「それもまた失礼だわ〜〜〜」
ヤジを飛ばした。
すると付け加えるかのごとく「だってですね、どの方の奥様も大人しいし〜エレガントだし奥ゆかしいんですよ。。」と言い、皆も納得した様子だったと言う。。
「もう、それ以上言わんでいいわ=」
私は完璧に頭に来た! こう言う考え方が、私は大嫌いだからだ。

まず私はこう言いたい!!
  諸君!=そのパン職人達に申し上げる〜
  自分の非力さを間違ってくれてはいかん
  ZOPF店長のパンは、旨いのだ
  私が居ようが居まいがだ
  ZOPFが元気なのは、ZOPF店長が元気だからだ
  すべてはZOPF店長を中心に回っているんだよ
  あなたの奥様を奥ゆかしいまま元気にする事だって
  きっとZOPF店長ならできるさっ
  解るか===その意味が==!!    ってね。

 
ZOPFを立ち上げる時のエピソードとして、PANDAYAにコラムを載せているけれど、私はあの有名な藤森氏の姿に触発されて、パン業界に飛び込んだと言っても過言でない。
しかしパン屋の基本は、店長の両親である先代とばーちゃんが教えてくれたと思っている。どんな日もひたすらに仕事をする懸命な姿だ。
仕事は辛い、でも辛い仕事も2人だと半分になるし、喜びは2倍になる。
ZOPF店長はよくこんな事を言う、「仕事を1人で頑張っても1人分しかできないけれど2人だと3人分も4人分も出来ちゃう事があるんだよ〜」
これは、仕事の量的な話だけを言っているのではない。
(ポジティブな私は褒め言葉と理解している)

元気なパン屋には共通点がある。
良く働く事、そして店主には良きパートナーが居ることだ。
もちろん、パートナーはご夫婦でない事もあるし、1人とも限らない、沢山のいいスタッフに囲まれている事もある。
でも誰もがのびのびと仕事をしているのだ。環境がいいとも言える!
店主の人望もまた、その人の実力であると私は思うのだ。

なぜなら、なによりZOPF店長は愚痴をこぼさない。
「パンが売れないのは、立地が悪いからだ〜」とか
「この地域の人達は、パンを食べないんだ〜」なんて、決して言った事がない。
私はこの頃、沢山のパン職人さん達にもお会いする機会が多くなったので、実感する事しきりなんだ。

  「イイ奥さんが欲しい」なんて事も、ZOPF店長は言わないのであ〜る。
  解ったかぁぁ〜〜〜!


たぶんだけどね(ぎゃははは〜
# by zopf-rie | 2006-09-18 13:31
パン屋の世界
d0056067_9434546.jpg
夏を締めくくる様に、渋谷のヴィロンで関東と関西のパン屋さんが集まる『交流会』が開かれた。とても著明な方々が集結されて、お酒を楽しみながら歓談のひとときを過した。
「今日は無礼講〜」と声がかかり、始めは固い名刺交換の場面も、しだいに周囲は和やかな笑い声につつまれた。終盤にはバゲットを持って踊る人も現れてと、かなり(居酒屋的な笑)楽しいひとときとなった。
ミーハーな私は、もう〜落ち着く事は出来ず、どっちを見てもキャーキャーだ(>_<)))けれどもZ店長は、いつものごとく〜その落ち着きようと円満さで広い店内を渡り歩く〜やっぱりたいしたものだ☆すぐに誰ととも話を弾ませている。やっぱりこれは天性だわ〜〜笑

すると、後ろから見覚えのない若いパン職人が、ぎこちなく声をかけて下さった。
「つつつツオップさん、いつもお店に行かせて頂いていっいいいますぅ」紅潮して差し出した名刺が揺れていた。
「本当〜?それはありがとう〜」店長はすまなそうに笑う。
いつしか自分が、憧れの存在に変わっていた事を感じる瞬間だった。
不思議である。。。
その同じ空気の中に、私の憧れるパン屋さんも、もちろん笑っていた。
6年の時が流れていた、、
こうやってつながって行くんだな〜 素晴らしい事だと思った。
# by zopf-rie | 2006-09-02 11:21