時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
取材のプロ
最近取材がめじろ押し(笑)
昨日は地域のTV局が、ロケに来て下さった!
美しい〜女子アナに店長はデレデレだ〜〜(大笑))

d0056067_1628529.jpg


プロデューサーはもちろん、カメラマンに 音声さん、付き人のように身の回りの細々した事をかたずけて行く人と、それぞれが役割分担をしていて的確にどんどんと進めて行く様は見事だった!

本番に強いZOPF店長も、負けじと『NG』も出さず食い付いていた。
なんでもひょうひょうとこなす人だ。

そのロケ隊が去って間もなくして、今度は飛び込みの取材が入った。
なんと韓国の菓子パン雑誌の編集員だった。目星を立てて来日して取材を進めていたらしいが、「どうもZOPFと言う変なパン屋があるらしい」と聞き付けたんだと言う。
あははは
どんな噂だ〜〜(笑)

流暢な日本語で、取材は順調に進んだ。でもいつもと違う印象は、食い入るようなその真剣な眼差しだった。とても素直に、率直にこちらの胸に飛び込んで来る感じを受けた。
目線も合わせず、ぱっぱっと用件だけすませて帰って行く取材陣の多い日本とは、やっぱりちがうものだな〜っと思いつつも、新鮮で楽しい取材になっていた。
「ぺ・ヨンジュンも見るかも知れないから、大変光栄です!」っと思わず答えた私に、「国に帰ったら、写真集を探して送りましょう〜」っと笑って答えて下さった。
ちょっと照れ笑いしながら、日本人をあさましい民族だと思わないでね(>_<)って小さくつぶやいた。ごめんなさ〜い。
by zopf-rie | 2005-10-08 17:15
<< 元気が伝播する〜〜 季節には季節の >>