時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2018年 05月 12日 ( 1 )
Ruheplaz Zopf
10数年...隠してきたことがあります。
もうそろそろ時効じゃないかと思うので
今日は暴露しちゃいます!(笑)

d0056067_08041437.jpg

実はZOPFのカフェ、お化けが住んでいます。

時には〜鼻歌を歌い
時には〜〜ペンダントライトを揺さぶってみたり
怪奇現象も起こします。

でも 怖いお化けではないんです。
賑やかなのが好きなお化けなの、だから店が繁盛するのカモ?!(笑)
な〜んて思う、むしろ座敷童子的な 存在なのです。

d0056067_08041926.jpg

つい先日はパウダールーム前エリアのライトが同時に2個つかない珍事が起きました。
2個同時なんて??まさか大元の電気系統の故障かしらと電気屋さんまで呼んでみてもらう事態になりました。
ところが、ただの電球切れ。すごい偶然と電気屋さんも苦笑いでした。
でも私はすぐにピンときました。お化けさんからの〜サインだとね(笑)

というのも、その朝、ずーっとワードローブの上に置いておいた、↑このカゴを捨ててしまったんです。これもアンティーク品で、それこそカフェをオープンした時に飾りとして揃えた言わば思い出の品でした。
ところが そんなことを知らないスタッフは荷物入れが不足した時に使っていたようで〜、もうそれはひどい壊れようで、見兼ねたスタッフが(私に許可もなく)ぽいーっとベランダに捨ててしまったようなのです。「マジか…」と私も思いましたが、もうボロボロで...やむなくあきらめたのでした。
翌日、私は捨ててあったカゴを拾い上げました。
とりあえず大きなビニール袋に入れました。すると店長が「薪釜で焼こうか」と言ってくれました。
同じこと思っていました。

d0056067_08041410.jpg

お化けはカフェを造った時、アンティーク家具を揃え始めた頃から「人影を見た」とか「変な音がする」なんて報告が相次ぐようになり、何か居るって感じるようになりました。
オープン当初というわけ、もう15年も前です。

初めの頃は、そりゃ〜快く思えませんでした。
特に決定打になったのは、ある晩 独り残務をしていた店長が逃げ帰るという珍事が起きた時でした。
なんと誰も居ないカフェからコーヒーを入れる音がしたというのです。
「あ〜誰かが(俺のために)コーヒーをいれてくれているのか〜」と最初はほっこりしたそうです。
でもしばらくしてコーヒーが運ばれて来ないのを不思議に思って気がついたんだそうです、そうだった最後の1人も帰りますって言われていたんだったーとね。でも確かにコーヒーを入れる音を聞いたので、全身ぞ〜〜っとなったのだと言いました。
それまで全くお化けなんて信じもしなかったし、気にしていなかった太っ腹の店長もびびったわけです。
それから「お祓いをしたほうがいいのか?」っと心配になり、そっち系がお強いという方にみて頂きました。。。
すると、ワードロープの中に女性と子供が居るねと、されっと 教えてくれました。
 ( ̄〜 ̄;) ミエルンカイ?!
その上「友好的なお化けですよ〜」っと、にこやかに。
 (。-_-。) シュルイガアルノネ...

そして、さらに さらっと されっと
「あまりに現象が続く時は、ワインとお菓子なんかをお供えして「静かにしてね」って頼んだらいいですよ〜」というのです。
 ( ̄▽ ̄) ニホンゴツウジルノ?
当初は半信半疑でした。
でも、頼むと、確かに現象はピタリと収まるのです。

そう昨年の春も夕方になるとペンダントライトが左右に揺れる現象が続いたことがありました。
それを見てスタッフが怖がり泣くので、いつものようにお供えしました。すると翌日から揺れなくなって。でまた揺れないライトを見て「揺れないのも怖い〜〜」とスタッフが泣くという騒動になりました(笑)))

d0056067_08041470.jpg

不思議です。
もうそれ以上、言いようがないんです。

不思議といえば〜きっと誰もが R’ZOPFに来て不思議と思うことが 
こんな立地も悪いカフェがなぜ混雑しているんだ?
だと思います。
よく取材も受けますけれど….やってる私にも
  σ(^_^;)? 理由が明確に解りません。
雰囲気なの? 料理なの? 人気のパン屋の上だからなの?? 
もっともらしく話をしても、理由は全て後付けであり、狙って今がある訳ではありません。
逆にこうなったら〜『座敷童子のお陰なの!』って言い切ったほうがスッキリするぐらいです(笑)

暴露話は、さらにもう1つあります。

カフェの名前である「時を忘れる空間」を示す『Ruheplaz』とは、ドイツ語で、ドイツでは墓場の隣にある公園によくつけられている名称なんです。ご存じだったでしょうか?(笑)
まさに時間が関係なくなった者たちが集う空間、な訳ですww
うひょ  ( ̄▽ ̄)ゞ でへへへ
冗談で店長と「墓場カフェ」なんて呼び合っいた時もありましたが〜
まさにお化けが住むにふさわしい場所なわけです。

d0056067_08041456.jpg

「気持ち悪い〜〜」「怖い〜〜」って思う方もいらっしゃるかと思います。
私だって「カフェに寝泊まりしなさい」なんて言われたら〜
ちょいと 考えちゃいます... (⌒-⌒; )  カンベン〜(爆)。
でも
神社にお参りに行ったり、それこそパワースポットに出掛けるような感覚で、カフェで時を忘れてみるのは気分悪くないんです。
営業時間外の静まり返ったフロアを一回りするのは、私の好きな時間です。
ほんの一回りでも、心の中を覗かれているような気がして。迷いや誤魔化しを偽りなく整理しようと思えます。

そう….こんな話もありました。

アンティーク店のオーナーに「アンティーク家具を扱っていると、お化け騒動って茶飯事なの?」と聞いてみた事があります。
すると「ぜ〜〜んぜん、だって私、そっち方面 感じないしー」とアッケラカンに言い放ちました。
でもでも「それにね〜苦情がきたら、うちの母親が霊能者なんで祓ってもらっているよー」ですって!
えええええ〜〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ  
「やっぱあるんじゃーん!」と突っ込みました(笑)
まるで、セット販売のような、できすぎた話と大笑いになりました。
「(お化けが)嫌なら(母親を)行かせようか〜?」っと言ってくれましたけれど、私は共存できているし(笑)、お客様に何か悪さをするわけではないので、大丈夫vと言いました。
だって マジに座敷童子だったら...
 ヘ(≧▽≦ヘ)♪ もったいないですモン(大笑)

カウンターに座っていると足元から鼻歌は聞こえてくるかもしれません。

ま〜そんな体験しにくるというのも、もう1つのお楽しみにするのもいいカモ?!wしれません。
 いかがでしょ〜(笑))))

さてさて〜〜〜
スタッフがたった今、いつも揺れるペンダントライトが時々消えてしまう〜っと報告していました。
急に具合が悪くなったみたいです.....
きっと、私がこんなブログを書いているからだと思います。

このブログ、アップしてすぐに消えたら〜
それは、そ う い う こと なので、ご了承ください。(笑)


by zopf-rie | 2018-05-12 09:39