時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2018年 06月 11日 ( 1 )
節目
d0056067_07164672.jpg

おはようございます!
今日は私、お誕生日です ww

昨晩、 (●`ε´●) まったく関係ない という顔をしている
デブ様がいらっしゃいましたので、キレてみました。
すると
「四捨五入したら〜60歳だろう〜?嬉しくもないだろう〜」と
これまたいけシャーシャーと申しますので
o(`ω´ )o 
もっとキレてやろうと思いました、
ところが  ( ̄〜 ̄;) ん..?
『54のどこを四捨五入したら、60になるんだ?』と
細かいことが気に障ってしまい..
「1の位なら四捨五入したら50だし、十の位なら100だし」
などと ブツブツ言っているうちに 奴は眠ってました トサ
  orz ....

d0056067_07164501.jpg
今日は自宅の隣の空きスペースに家を建てた次男が引っ越してきます。

孫もできて(誕生は10月予定)本当に全てが順風満帆というのは、このことだと思います。
あとは夫婦仲良く、自分達の人生を楽しく歩んでくれたら、それ以上は何に求めることはないと思っています。

パン屋に成って、1番苦労をかけたのは実は息子達だったと私は思って来ています。
私は自分が選んだ旦那ですから〜ハチャメチャな奴でも、それに付き合って行くしかありません。
でも息子達は親を選べない。1人で起きて1人で学校に行く、そんな日もあったでしょう。寂しい運動会も何度となくありました。
とりわけ寂しがり屋の次男坊の反抗期はひどくって、そりゃ〜大変でしたけれど、どんなに私が怒っても「クソババア」などとは呼ばれた事はなかったし、「今日はパパがいなくて寂しいからご飯を一緒に食べよう」と言えば、どこからともなく爆音響くバイクで帰ってきてくれて(笑)。家族仲が気持ち悪いぐらい(←これは同年代のスタッフが言います)良かったのは本当に救いでした。
ありきたりだけど、本当に家族がいたから頑張れたし頑張ったと思います。

2人ともすっかり大人になって。長男のとこにも子供ができて(こちらは11月誕生予定)。年内には2人の孫を前にして正真正銘の爺と婆になります。
 まだ..ちょっと複雑  (/_\;) デスケド..

楽しく頑張りま〜すw    








by zopf-rie | 2018-06-11 08:58