時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2019年 01月 29日 ( 1 )
サバサンド100個
d0056067_07032680.jpg

先日、サバサンド100個のご注文を頂いた。
スタッフは通常のお仕事があって、皆んな大忙しだったので〜
私がサンドを作ることに!
 ヾ(=^▽^=)ノ わ〜〜い
なぜだか とっても楽しい〜〜〜(笑)

ルンルンと頑張ったら、1時間足らずで出来ちゃって。
 (●`ε´●) 
なんだか物足りなさも.... 
「な〜んだもっとゆっくり作れば良かったー」と言ったらデブ様に怒られそうだけどね。
あははは

こういう..なんて表現していいのか分からないけどー
仕事の「慣れ」みたな? のを体感するのも、また新鮮だな〜っと思ったりした。
そんなアホなことを思いながら、すぐ近くのスーパーに立ち寄ったところ...とある光景が目に入った。
若い男の店員さんに「納豆はどこにある?」とお爺さんが尋ねた。
するとその店員、返事を全くせず、すっごく嫌そうな顔をして振り向くとスタスタと歩き出した。その様子にお爺さんも、どうしていいのか解らず困惑顔。でも仕方なく付いて行った....
(確かに、その方向は納豆の売っている方だ)
ま〜なんとひどい接客だろう。いうまでもない。しかし、私が衝撃的だったのは、その若い店員は、たぶん正社員になって間もなく1年と思われる新人で、私は一昨年の夏、バイトで明るく元気に働いていた姿を知っている。そう...バイトでの働きっぷりが見染められ〜そのままそのスーパーに採用されたようだった。
それはもう優秀な好青年で、雇ったそのスーパーでは「なんと素晴らしい青年が入ってくれた」と大喜びだったに違いない。( 毎度ながら、一部妄想ですw)

しかし、『朱に交われば赤くなる』
あんなに輝いていた青年は1年も待たずして、こうもなるものかと実に嘆かわしく。
おばちゃんは、首根っこ掴んで
「お前はそんな子じゃなかったはずよーー」と言いたいぐらいだった。

これも仕事の慣れですよね。。。 (。-_-。)
そう悪い方へのね。
毎度毎度「あれはどこ?」「これは何?」とお客様に聞かれ、「少しは探してみたらどうだ?!」「書いてあるんだから読めよー」なんて 思いたくもなるんでしょうね....
分かる
分かるよー
だけどさ〜〜〜、って話ですよ。

なんかね、仕事って面白くするのも〜
つまんなくするのも〜〜
実は自分次第なんじゃないかと思います。

サバサンドが上手に出来上がって
「私ってやれば出来る子〜」なんて騒いだりして(笑)
その上、まだ注文も入ってやしないのに次回への攻略法まで考えてみたりしてさ。
なんかワクワクして。馬鹿だな〜〜って笑って、それが楽しい。

スタスタと元の持ち場に戻ってきて、品出しを始めた青年をちらっと見ながら、その仕事っぷりは丁寧で以前と変わりないようだからこそ、そこもまた残念で。
あ... 直 辞めちゃうかな...? そんな気がふとした。
 (⌒-⌒; )  
彼の爽やかな声がこだまして
「お客様、こちらです。どうぞ〜〜」
ってテキパキと働いて居たら、魚や肉の鮮度までよく見えてさ(笑)
お客様も元気もらって。増える気もする。
スーパー1の人気者に成る、なんてことも以外と容易いようにも思うんだけどね。
またそんな妄想をして後にした。 


 

by zopf-rie | 2019-01-29 07:46