時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2019年 03月 16日 ( 1 )
ブレッツエルの塩
d0056067_05574770.jpg

ブレッツェルの塩
多くてしょっぱいと感じたことありませんか?

パン教室で、塩を振っていたら生徒さん達に
「多い〜」「かけすぎ〜〜」と言われることがあります。
するとZ店長は笑いながら
「(塩を)取って食べればいいじゃ〜ん」と言ってのけたのです。
すると 目からウロコの生徒さん方
( ̄□ ̄;)!!  ( ̄□ ̄;)!!  ( ̄□ ̄;)!!  
思いもよらなかったという顔をしました。

それでも
「掛け過ぎはもったいないし...美味しい分量はパン職人が決めてくれるべき」
と言いだす人もいて、すると
「人の美味しいにも幅はあるしね、俺のように しょっぱいの好きな人もいれば〜「身体に悪い」と嫌がる人もいるでしょ?」とさらに店長節。
ちょうどドイツ人講師とその話になり、店長が「そうだよね?」と聞くと、ドイツ人講師も笑いながらうなずき「シュトレンの周りの砂糖も外して食べる人は多いし(カフェに入れてしまうらしいが)、ブレッツエルは塩だけつまんで(パンは食べずに)ビールを飲むよ」と言いました。

「自分の好きなように自由に食べたらいいのさ〜」
柔軟で余裕綽々な店長が、少し悔しいぐらいのドヤ顔でさらに笑います。

その時私は思いました。
自由に美味しいを感じられるタイプと、自分では決められなくて、例えば多くの人が「美味しい」と言っているものなら、これはおいしんだろうと安心していられる人もいるんだと。どちらが悪いとかはないけれど...
私のように頭が硬いタイプは、人生を損しているのかもしれません。
そして、Z店長は私の数倍、美味しいを楽しんでいるのは確かだと思うのでした。



by zopf-rie | 2019-03-16 06:44