時には優しく、時には厳しく 日々思ったことを綴っています
by zopf-rie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2018年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
◆ 求人 ◆
d0056067_07010085.jpg

ブルーベリーの収穫が始まり、いつもお世話になっている近所の
『小川農園』からもブルーベリーが届き始めました!
見事な大粒で、美味しい〜〜〜〜
2年前に農園を案内していただいた時、ご主人が「すごい種類と本数があるんだよ」と話しておられました。(いろいろ集めて研究するのが趣味のご様子でした。笑)
残念ながら正確な数は忘れてしまいましたがw、その種類の多さにビックリし、むしろブルーベリーにそんなに種類が豊富にあるのか!と認識を新たにしたほどでした。

d0056067_07010239.jpg

今日は珍しく ◆ 求人 ◆ など作ってみました。
そして珍しく張り出す予定です。

というのも、パン業界も来春就職に向けた就活が始まりました。
今年も70校を越える専門学校へ募集要項を送りましたが、ここ数年 このパターンが続いており「一般からの募集はしない主義ですか?」と尋ねられてしまったんです。
 (。-_-。) ア...
全くそんなつもりはなかったのですが...、
そうして振り返ると、もうここ数年 飛び込みの入社希望者が来ることもなかったのです。以前は、年間で4〜5名はやっってくるものでした。それは、こういう求人票を張り出したりすることもなかったからのようです。
礼儀正しい若者が増えたということか?と思いつつ、求人の張り紙などなくても飛び込んでくるようなチャレンジャーな者が減ったのかもしれないと思ったりしました。
なぜなら歴代の卒業生たちは、突然ZOPFにやってきて「このくらいの店、自分でもやれると思うので、この店を選びました!」と言って見せたり(笑)、バイト採用にもかかわらず「製造をやりたい」とダダをごねて困らせたりと、実に業の強い問題児が多かったと思い出されます(笑)。
以来、「ZOPFはキャラ取りだから」
(キャラが秀でた者を敢えて採用しているということ)
と言っていましたが、ふと振り返ったら最近は優等生タイプが多いように思えてきました。
まあ、それもそれで良いわけですが、でも ちょっと寂しい気もしてきます(笑)

決して「変な人でも募集」なわけではありませんがw 
ぜひ どうぞ!
どんなキャラでも受けて立ちます(笑)))))


by zopf-rie | 2018-06-29 07:45
高嶺の花
d0056067_06234979.jpg

無器用なスタッフを見てZ店長が
「アイツ....指の骨 足らないんじゃないか?」などと言うけれど
(申し訳ない!w)
まさにそれを体感しているのが私だ。
「右手を上、そして左足を右に傾け〜下に引き下げる〜〜」
ヨガの先生がポーズの指導をするけれど、私の身体は思うようには動かないのだ。
指示通りに動かす『筋肉が無い』って、感じなのさ!!!
始終、先生の指示がわからなくって先生を見上げるんだけどね、先生は美しいポーズをとって、まさに地に足を張り、空に伸び上がっている。
のに、のに、のに、.... 私ときたらイメージはつかめても不格好極まりない。
( TДT) ああああ
何かもう、生物として異なっている感すらあるわ..
「先生、おっしゃる事は解ってます。それに添いたい気持ちも満々です、しかし今はお応え出来そうにありません(泣」そう思いながら頑張っていると、先生が眉間に入ったシワを伸ばしにやってきてくれる。きっと眉をハの字にして食いしばった顔をしてるんだろう(笑)

頑張りすぎないで、頑張るよ 
まさに それ 



by zopf-rie | 2018-06-28 07:24
新入り
d0056067_07042413.jpg

イギリス雑貨

ゴテゴテのがらがら(笑)

お値段ですか?
それはデブ様の前では言えません(爆)





by zopf-rie | 2018-06-27 07:25
次のX'dayは、7/14 or 7/21
d0056067_09290607.jpg

TVのロケ
ガシガシ 続いています。
これは蜂蜜入り自家製ソーセージを作っているところですw

予定放映日 X’day は、 7/14 か 7/21
というのも、7/14にオールスター戦があるそーで
雨天で中止になった時は、オンエアとなるとのこと。
『ごはんジャパン』テレビ朝日 18:30〜
お見逃しなく! (笑)



by zopf-rie | 2018-06-26 09:36
ファースト・オーダー ストームトルーパー
d0056067_06510954.jpg

あんなに愛してたアニーだったけど
さよならしました。
3年間楽しかった

でも...
次にやってきたのは
ストームトルーパーのような 奴でした(笑)

最近ヨガを始めました。
とはいえ今年の初めにジムに入会したばかりだったのに。
結局10回未満で脱会。
「ほらな〜どうせ続かないと思ったんだよ〜」
「あ〜会費がもったいない〜」 と
 (●`ε´●) デブ様のイイネタになってしまっただけですww
どうも〜マシーンで筋肉を鍛えるのは、「頑張って!」って言ってくれるイケメンのトレーナーさんがいないと続かないタイプだったようです(爆)
まっ、カフェにばかり通ってしまったオチもありました。これは増田のせいにしておきましょう(爆))))

だからって、ヨガを「絶対続けるもん!」などと言ったりもしませんヨww
v( ̄Д ̄)v  
もう人生の半分も終えた自分に、そんな無理を課す必要はないと思うし
それでなくても毎日仕事を頑張っているだから、息抜きに始めるヨガにまで無理することないと思う訳でw これは、ゆるゆるの所信表明っス♪
お気楽に行きたいし生きたいw
 
それに私が通い始めたヨガスクールは非常にゆるいタイプ。体育会系ではない(爆)
先生もとても優しいww

体も硬いし筋力なんて全くないから〜 何のポーズをとっても全身がプルプルしちゃう落ちこぼれの私でも
ヽ(;▽;)ノ 
先生は呼吸のように囁く
「ヨガは誰かと競争するものではありません。気持ちの良い姿勢で、気持ち良くすごしましょう。」
ああああ (T^T)  
癒される...
ちょっと宗教のように?(笑)入り込んで見るのもイイのかもしれない。


by zopf-rie | 2018-06-26 09:15
bun bun bun
d0056067_07315244.jpg

このところ、ずーーっと 『亭主元気でなんちゃら』日和です。
今朝はロケ現場から、こんな写真が送られてきましたーー!!!!!

きゃ〜〜〜っ


by zopf-rie | 2018-06-17 07:33
さくらんぼ 🍒 
d0056067_06235090.jpg
今年もやってきました〜〜〜
さくらんぼ の季節です!!!

今年も山形/寒河江の果樹園から直送の
『佐藤錦』が到着しましたー!!!

デニッシュペストリーにして、ご提供でーす!!!

なんと さくらんぼって、収穫時期が3週間にも満たないのだそうです。
なので 旬は1ヶ月 
初夏のお楽しみですね〜

ぜひこの限定期間に!!!





by zopf-rie | 2018-06-15 08:10
サンタさんに告ぐ
d0056067_06234929.jpg

昨日は異次元空間へ行ってきましたーー!

『スイーツビュッフェ』に誘われて行ったのですが〜(笑)
d0056067_06235064.jpg
1つ で十分でした〜〜ww


by zopf-rie | 2018-06-15 07:52
アフタヌーンティー
d0056067_06234957.jpg
ZOPFのカフェで、まだやり残したこと

『 アフタヌーンティー 』
 
イギリス発祥の喫茶習慣で、紅茶とともに軽食や菓子を楽しむものです〜
最近ではホテルのラウンジの目玉的な位置付けで、とても力を入れているように思います。
というのも、上の写真であれば、お茶がついて¥6000!
そりゃ〜 力 入れますよねー!?(笑))
もちろん最上階の見晴らしのいいラウンジであれば〜その場所代のようなものも加算はされているでしょうけれど。それにしても、高額が望める1メニューです。

しかしキッチンの裏事情を知る私としては、この1メニューを作るのに、いったいどのくらいのスタッフがキッチンでバタバタしているかが目に浮かびます。
当然、ケーキはケーキだけを、サンドはサンドだけを作る者がいて、毎日決まった数量を効率よく作ってはいるのでしょうが、その人件費/手間たるや〜凄いわけです。
ある意味、手間代であると思いますよねー
d0056067_06580788.jpg
最近では、アフタヌーンティーの定番と言われた「きゅうりのサンドとスコーン」から進化して、お惣菜系重視のセットや、スイーツだけのセットもあって、『どちらをチョイス?』なんて言われたら、もうもう「決められなーい!」「どっちも食べたーい!」と、そりゃ〜盛り上がるなんてもんじゃないのです(笑)

だからね、より萌えるアフタヌーンティーを考えれば考えるほど...
スタッフの手間は多くなって、現実を離れていく。
で、ZOPFスタッフに言えなくなってしまうんだよねw

それでなくてもZOPFカフェの『ゆっくり朝食』(モーニングのフルコース)だけでも、お祭りの騒ぎですからね。午後まで こんな手間のかかるメニューを取り入れたら、スタッフは泣くと思われます(笑)。

でも〜〜〜
やりたいな〜〜〜
やりたーーい !!! 

ふつふつ  ふつふつ



by zopf-rie | 2018-06-15 07:25
老婆
d0056067_07285939.jpg

先日もまた、妙な出来事に当たってしまった。。。
 (。-_-。) ワタシハアタリヤ

洗車に出していた車を取りに行こうと店の近所をテクテク歩いていた。
すると、どこからか「….待ちなさいよ」と小さな声が聞こえた。
振り向くと老婆がフェンス越しに立ってて、すごい形相で私をガン見をしていた。
「ん?!」と思ったけれど...知らない老婆だったので呼び止められる覚えもない。素知らぬ顔で通り過ぎてみた。
でもなんとなく気になって振り向いてみたら、なんと老婆が真後ろにいるじゃないか!?
 Σ( ̄□ ̄;) 
それは小走りで駈け寄らなければ縮められない距離だった。
そして、やはり誰かの名前を呼んでいる。
どうも「サトシ」?とか男性の名前のようだ。
「サトシ...待ちなさいよ」と、つぶやいている 
  ( ̄□ ̄;)!! ぎょっと した
すごい怖い顔をして怒っているのだもの。

!(◎_◎;) 
老婆度言えど、叩かれでもしたら嫌だし、それでこちらが防御しただけなのに、そのまま倒れて骨が折れたとか、打ち所が悪くて、死んじゃったーなんて真っ平御免だ。
怖い 怖すぎる
(毎度のことながら、妄想族の私の頭の中は一杯になった!)

そうなれば〜逃げるしかない。
こちらも小走りになって逃げた
(それでも、まだ失礼がない程度に、何かを思い出したのように先を急いで見せた)
で、角を曲がってみた。

で、振り向くと
老婆も角を曲がって来たー
 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ !!!

もう、今度は走った。
50すぎのオバさんは走った。
で、割と交通量のある通りを渡ってみた。

で、振り向くと
老婆も通りを渡ってくるじゃないかーー!?!
それも左右を確認する様子もなく、一目散に渡ってくる。
  ((((゜д゜;)))) でえええ
これはもう勘違いじゃない! ←確信
「...待ちなさいよ」と繰り返してもいるようで口元が動くのが見える。

もう、ダッシュ!!  猛ダッシュ!
オバさんだってダッシュはできる。いや、できたw 
そのまま、ENEOSのスタンドまで逃げ込んだ。 
振り向くと遠くに老婆が見えたけれど、私を見失ったのだろう逆方向に向きを換え変え去っていく。
ヽ(;▽;)ノ 怖かったー
スタンドの若い兄さんに抱きつきそうな勢いだった。だろう。。w

洗車したての車に乗って「もう車でしか移動しない」と妙な誓いを立てていたけれど、つい先日も新幹線で人が刺されてお亡くなりになったように(本当に痛ましい)、どこで何があるかわからない世の中になったもんだと思うばかり。
店長に報告したら「すぐに警察に行きなさい」と。さすが常識人。
一応 近所の警察署へお話をしにも行ったけれど(お巡りさんには「怖い思いをしましたね〜」と慰められた。ほっ)
近所の情報通のおばさんが言うには、半年ぐらい前に遠くから引っ越してきたらしく、近所に息子さんが住んではいるものの一人暮らしだったようで、寂しいのか近所をよく徘徊していたようだった。いつも「どこで買い物をしたらいいの?」と同じことを聞いて歩いていたとかで、次第にボケて行っていたねと。
なんだか寂しい。
あれ以来、老婆は見ない。
今は息子さんと楽しく暮らしているといいなあと思いながら、家の脇を車で通り過ぎている。


by zopf-rie | 2018-06-13 07:36